冬によく身につけるマフラー。使っていると汗などで徐々に黒ずんできたり、ニオイが気になったりするので、洗ってキレイな状態にしたいと思いますよね。でも、「マフラーって洗濯できるの?」「やっぱりクリーニングじゃなきゃダメ?」とどうしていいのか迷うこともあると思います。

今回は、そんなマフラーの洗濯方法についてまとめてご紹介します。

マフラーの洗濯はまず表示をチェック!

洗濯表示 水洗いの可否

マフラーが汚れたりすると「洗濯していいのかな…?」「やっぱりクリーニング?」と迷いますね。

そんなときは「洗濯表示を確認する」といいですよ。おうちで洗えるかどうかがわかります。

上のふたつのマークであればおうちでも問題なく洗えますよ。

ウールやカシミヤといったデリケートな素材のなかには「水洗い不可マーク」がついているものも。その場合はおうちで洗うと傷んだり縮んだりしてしまうので、クリーニングが必要です。

マフラーの洗濯に必要な道具

エマール おしゃれ着 中性洗剤

用意するもの
必須
『エマール』などの中性洗剤
洗濯ネット
あると便利
『レノア』などの洗濯用柔軟剤

マフラーの洗濯には、『エマール』や『アクロン』といった、いわゆる「おしゃれ着用洗剤」と呼ばれる洗剤を使って洗います。

よく静電気を帯びてしまうアイテムなので、柔軟剤を使って仕上げるのがおすすめ。静電気の発生をおさえる働きがあるので、ホコリを引き寄せたり、ビリビリするのを防げますよ。

マフラーの洗い方!洗濯機洗いのやり方は?

洗濯ネットに洋服を入れる

ここからはマフラーの洗い方を具体的にご紹介します。

洗濯表示に「手洗いマーク」がついていても、実はコース選択で「ドライコース」を選べば洗濯機でも洗えます。時間をかけずにサッと洗いたい人は、次の手順を試してみてください。

マフラーを洗濯ネットに入れる

フリンジと呼ばれるマフラーの先端についたふさふさが内側にくるようにたたみ、洗濯ネットに入れる。

弱水流コースで洗濯する

洗剤と柔軟剤をセットし、「ドライコース」や「手洗いコース」など、弱い水流で洗うモードを選んで洗う。

干す

風通しのいい場所で、寝かせるようにして乾かせば完了。

基本的には洗濯機任せで大丈夫。3ステップでキレイにできますよ。目立つ汚れがある場合、ネットに入れる前に洗剤を直接塗り込むか、次の手洗いをしてから洗濯機で洗うとキレイになります。

マフラーを手洗いで洗濯する方法は?

手洗い

デリケートな素材を使っていたり、大切なものだったりする場合には、少し手間ですが、手洗いでていねいに洗ってあげるのがおすすめ。

先ほどの道具にくわえて「洗面器」が必要です。洗面所のシンクに栓をし、洗面器代わりにするのでもOK。

洗浄液をつくる

洗面器に水を張り、水量に合わせて中性洗剤を入れる。

マフラーを洗濯ネットに入れる

フリンジが内側にくるようにたたみ、洗濯ネットに入れる。

つけおき洗いか押し洗いする

洗浄液にネットごと入れ、つけ置き洗いなら15分放置、押し洗いなら押したり浮かせたりを数分繰り返す。

脱水する

ネットのまま洗濯機に入れ、15秒ほど脱水して水をきる。

すすいで再度脱水する

洗面器にキレイな水を張り直し、洗剤をすすぐ。再度15秒ほど脱水にかける。

柔軟剤を含ませて脱水する

最後の仕上げに柔軟剤を混ぜた水にくぐらせ、再び洗濯機で脱水する。

干す

風通しのいい場所で、寝かせるようにして乾かせば完了。

マフラーを洗濯したあとの処置は?気をつけることはある?

アイロン 蒸気

洗濯し終わったあとは、干して乾かします。

基本は日陰で干します。ハンガー2本にまたがるようにM字にして乾燥させましょう。ニット素材のものは伸びやすいので平干しネットで干すと安心です。

もしシワなどがあればアイロンをかけても大丈夫。あて布をし、軽く押さえるようにスチームアイロンをかけます。フリンジは根元から先端に向かってかければOK。あらかじめ歯ブラシなどで毛並みをそろえておくとよりキレイに仕上がります。

覚えておきたい

エコなわざあり

水洗い不可のマフラーはクリーニングへ

クリーニング アイロン

水洗い不可のマフラーはクリーニングに出してキレイにしましょう。また、おうちでの洗濯に不安がある場合、高価で大切なマフラーの場合もクリーニングがおすすめです。

クリーニングはおうちでの水洗いと違って、特殊な「溶剤(油)」を使って洗います。水で洗うよりも生地への負担が少なく、縮みなどが起こりにくいため、洗い上がりがとってもキレイ。

自分で洗うのか、プロの手にお願いするのか、洗濯表示なども確認しながら判断してくださいね。

マフラーを洗濯して、蓄積した汚れをキレイに洗い流そう!

手袋 マフラー

マフラーは縮むイメージがあってなかなかおうちで洗濯できると思っていない人が多いかもしれません。

ただ、洗濯表示を確認すれば洗えるものもあります。やり方はシンプルなのでできるだけ焦らないですすめましょう。

シーズンに最低でも1回程度は洗うといいですよ。キレイに仕上げれば、また次回から気持ちよく使えますね。