冬場に欠かせないマフラーですが、季節終わりにはその汚れが気になりますよね。

キレイにするにはクリーニングに出すしかないのかな?と考えている人も多いと思います。

そこで今回は、マフラーのクリーニングについての疑問にお答えします。

クリーニングに出すべきマフラーって?

洗濯 クリーニング

マフラーはデリケートな繊維で作られていて水洗いできないものが多いので、汚れを落とすにはクリーニングに出すのが一般的です。

なかには水洗いできるものもありますが、正しく洗ってあげないと繊維が縮れたり、肌触りが悪くなったりしますよ。

次のようなマフラーはクリーニングに出したほうが安心です。

水洗いできないマフラー

洗濯表示 水洗い不可

洗濯表示に「水洗い不可」マークがあればおうちでは洗えません

クリーニング店のドライクリーニングでは、水を使わずに溶剤(油)で洗うので、生地を傷めずにキレイにできますよ。

風合いを保ちたいマフラー

カシミヤ マフラー ブランケット

水洗いできるマフラーでも、できるだけ肌触りを損ねたくないものはクリーニングがおすすめ。

高価なものやお気に入りのものはクリーニングのほうが生地を傷めずにすみます。

マフラーをクリーニングに出す頻度はどれくらい?

カレンダー 日付 頻度

クリーニングをクリーニングに出すのは、基本的にシーズン終わりに出せばOKです。

寒い季節が終わり、もう使うことがないと判断できたらクリーニングに出しましょう。長期保管する前にキレイにしておけば、次に使うときにシミや黄ばみができているなんてことがなくなりますよ。

ただ、シーズン中に臭いが気になったり、汚れが目立ったりするときはその都度クリーニングに出してあげてくださいね。

マフラーのクリーニングにかかる料金は?

お金 計算

マフラーのクリーニング料金は、500〜1000円くらいが相場です。

ただ、金額はお店によって違う上、素材よっても変わってきます。特に高級なカシミヤ素材の場合は、どのお店でもより丁寧に洗わなければならないので、普通のマフラーの倍以上の値段になると考えておいてください。

クリーニングから返ってきたマフラーを収納するには?

クローゼット

マフラーはたたんで収納しがちですが、たたむとシワがついてせっかくキレイになったマフラーがもったいない。

シワがつかないように次のシーズンまで保管するには、タオルを芯のようにしてマフラーを巻いてあげるといいですよ。

また、クローゼットに除湿剤や防虫剤を入れて保管してあげると、カビや虫食いを予防してキレイな状態で保管できますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

クリーニングせずにマフラーを水洗いするには?

洗濯機のボタン

洗濯表示を確認して水洗いができるとわかったら、おうちで洗うこともできます。

その場合は、マフラーを洗濯ネットに入れて、「ドライコース」か「手洗いコース」で洗いましょう。おうちで水洗いできるマフラーでも、できるだけやさしく洗ってあげるのが風合いを保つコツです。

詳しくは関連記事を参考にしてくださいね。

マフラーをクリーニングに出して、気持ちよくオシャレを楽しもう

コート マフラー 冬

マフラーはクリーニングに出した方が生地を傷める心配をせずにキレイにできますよ。

水洗いできないマフラーと風合いを保ちたいマフラーは必ずクリーニングに出すようにしましょう。

マフラーをキレイに仕上げて、お気に入りを身に着けておしゃれを楽しみましょう。