洗濯物の乾きが早い日と、なかなか乾かない日があって、「どうしてこんなに違うんだろう…」と疑問に思ったことがあるのではないでしょうか?実は、洗濯物の乾きやすさにはいろいろな理由があるんです。洗濯物が乾く時間をあるていど把握できれば、予定を組みやすくなりますね。

今回は洗濯物が乾く時間はどのように決まるのか、外干しと部屋干しでどれくらい差が出るのかなどをまとめてご紹介します。

洗濯物の乾く時間は外干しだとどれくらい?

家 はてな どこ


洗濯物を外干しするときに乾く時間はおおよそ次の通りです。どれも天気がよくカラッとした日を想定しています。

春:5時間前後
夏:2〜3時間
秋:5時間前後
冬:6時間

外干しは天候によって乾く時間が安定しないものの、晴れていればとても乾きが早く、また紫外線による殺菌効果が得られるのがメリットです。

洗濯物の乾く時間は室内干しでどれくらい?

洗濯物 室内干し


室内干しは、除湿機などの道具を使わずに比較した場合は、外干しのおおよそ倍の時間がかかるといわれています。

空間が区切られているので、天候に左右されず一定の環境をキープしやすいのが室内干しの特徴で、除湿機をそろえれば年中ある程度のスピードで乾かせるようになります。

また、花粉がつかない、強風やにわか雨の心配がないなどのメリットもあります。

目安となる時間を覚えておいて、天気や洋服の種類によって外干しと室内干しを使い分けるのがおすすめです。

洗濯物が乾く時間は何で決まっているの?

ギモン 疑問 はてな?


洗濯物が乾く時間は部屋干しか外干しか、天気のよし悪しなど、さまざまな要素で変わります。

ただ、一般的には「気温」「湿度」「風」の3つの要素が大きく関係しています。これらの3つが組み合わさって乾きやすいか乾きにくい環境かが変化します。

乾くまでの時間が短いほうが、菌がいなくなっていやなニオイを減らせるので、できるだけ乾きやすい環境を整えるようにしたいですね。

ちなみに、これらを用いて算出した「洗濯指数」という洗濯物の乾くスピードをはかる指標があります。これは綿100%のシャツが3時間でどれくらい乾くかを表す指標を指し、インターネットで調べられるので参考にしてみてくださいね。

洗濯物が乾く時間と「気温」「湿度」「風」の関係性は?

洗濯物 干す 晴れ かご 屋外


それぞれの要素がどのように洗濯物の乾きに影響するのかを細かく見てみましょう。

洗濯物と「温度」

温度は、夏場のように気温が高いほど乾きが早く、冬場のように気温が低い方が乾きにくいとシンプルな関係です。冬だと室外よりも室内のほうが温かいので乾きが早いこともあります。

洗濯物と「湿度」

湿度は高ければ高いほど空気中の水分が多いことを表すので、乾きが遅くなります。夏のスッと晴れた日に洗濯物が乾きやすいのは、カラっと湿度が低いためで、反対にジメジメとした湿度の高い梅雨時期は乾きが遅いです。

洗濯物と「風」

「気温」「湿度」と並んで洗濯物の乾きに関係するのが「風」。洗濯物を干すとまわりの空気中の湿度が高まり、それ以上洗濯物の水分が空気に逃げていかなくなるので、空気の循環が必要になるというわけです。

外干しでも室内干しでも、これらの3つの要素が乾きやすい環境になっているかを考えられると乾く時間を短縮できますよ。

洗濯物が乾く時間は服の素材によっても違う?

洋服 たたむ 棚 ラック


先ほどまでは洗濯物が乾く時間とその「環境」についての話をしましたが、洋服自体の素材によっても違います

ざっくり分けると、ポリエステルなどの化学的につくられた合成素材は乾きが早く、ウールなどの天然由来の素材は乾きが遅い特徴があります。

もちろん服の厚みによっても違うので、夏場はそもそも薄手の乾きやすい服が多く、冬は厚手で乾きにくい服がどうしても多くなってしまいます。

「乾きやすい服」と「乾きにくい服」、「薄手の服」と「厚手の服」など、交互にかけるだけでも乾きが早くなりますよ。

洗濯物の乾く時間を短くするコツは?

注意点 チェック


洗濯物をさらに早く乾かしたければ、次のような工夫をするのも手です。さまざまな方法で時短できるので、ぜひ取り入れてみてださいね。

洋服をいっぺんに洗わない

外干しであれば洋服をいっぺんに干してもかまいませんが、部屋干しだと洋服が密集しますし、空気中の湿度も急激に高まります。できるだけ少ない量で何回かに分けて洗濯すると乾きが早くなりますよ。

干し方を工夫する

「風」があたるように干し方を工夫して洋服の表面積を広げるのも乾燥をはやめるコツです。バスタオルとフェイスタオルを交互にかけて高さを変えたり、厚みのあるハンガーで空気の通り道をつくったりするといいですよ。

環境を整える

乾燥しやすい環境をつくるのも1つです。特に室内だと、エアコンの除湿を使ったり、除湿機を置いたりする方法が効果的。簡単にできるやり方では扇風機を使って空気を循環させると早く乾かせますよ。

洗濯物が乾く時間を早めるアイテムはある?

注意 ポイント 指


洗濯物の乾燥をはやめるには様々な便利アイテムが発売されています。工夫をこらしたアイテムが多いので、おうちの環境やインテリアなどとも合わせながらお気に入りを選んでみてください。

『平干し ネット』(Arnes)

服を広げて置ける平干し用のネットです。日光が面で当たるので乾きも早くなりますよ。使わないときはコンパクトにたためるので場所もとりません。

『速乾8の字ハンガー』(Eaoike)

ハンガーも乾燥に役立つ商品があります。この8の字ハンガーは肩の部分が広いので、洋服全体に風が通りやすく乾燥を早めてくれます。

『エアコンハンガー』(平安伸銅工業)

エアコンのすぐ下に取り付ければ、洗濯物を引っかけられるハンガーです。夏は除湿、冬は暖房で洋服をすぐに乾かせます。使わないときは折りたためるので場所をとりません。

『衣類乾燥除湿機』(パナソニック)

洋服の乾燥に便利な除湿機。乾燥が終わったら自動で運転が停止するのでムダな電気代もかかりません。冬場の結露対策にも便利で窓際のカビ予防になります。

洗濯物の乾く時間を把握して予定を組もう

洗濯 干す カゴ シャツ


洗濯以外にもバタバタとやることが多い人は、乾く時間がある程度わかっていると「◯◯と☓☓を終わらせて、そのあとに洗濯物を取り込めば…」と予定も組みやすいですよね。

乾きの早い「外干し」と乾かす環境が調節できる「室内干し」を組み合わせれば、時間にムダのない生活をおくれますよ。