布団を干す時間ってどれくらいがいいのか、よくわからないという人は多いと思います。

布団干しは、一定の時間を確保しないとあまり効果を発揮してくれません。

今回は、布団を干すうえでの「時間」にまつわる疑問を解消します。

そもそも布団を干すのにはどんな効果がある?

布団の手入れで干したほうがいいとはわかっていても、実際にどんな効果があるのかは知らないですよね。

まず、天日干しの効果をいくつか紹介します。

ふわふわになる

布団
布団は寝ている間にかいた汗をたくさん含んで湿っていて、使っている間にどんどん重くなります。

天日干しにすると布団のなかにたまった汗が蒸発して布団が軽くなってふわふわになるんですよ。

イヤな臭いが消える

布団を干す
寝ている間に出た汗や皮脂の汚れが布団について雑菌が繁殖すると、汗っぽいイヤな臭いが発生します。

天日干しをすると湿気が飛んで雑菌が繁殖しにくくなるだけでなく、殺菌効果のある紫外線の力で臭いを取り除いてくれます。

ダニの繁殖を抑える

カーペットに潜むダニ
湿気や皮脂の汚れが多いところで繁殖しやすいダニ。

天日干しでダニを死滅させることまではできませんが、湿気や雑菌をなくしてダニの繁殖を抑えることができます。

布団を干すのは何時間くらいがいい?

布団をベランダに干す
布団を干す時間は、日差しの強さで変わるので季節によって違います。

夏であれば片面1時間で、両面2時間あれば完了します。冬になると片面2時間ほど必要なので、両面では4時間かかることになります。

夏ならすぐに終わるものの、冬はある程度時間が必要になるので、取り込むタイミングに注意しましょう。干す時間を長くしすぎると布団が傷んでしまうので注意してくださいね。

布団を干す時間は布団の素材で変わる?

布団
実は布団の中綿の素材によって干す時間が変わります

中綿の素材は布団の洗濯表示を見ればわかるので事前にチェックしましょう。

布団干しにかかる時間を素材別で紹介します。片面に必要な時間なので、両面干すのにかかる時間は倍にして考えてくださいね。

羽毛布団

夏は0.5時間、冬は1時間が目安。

羊毛布団

夏は1時間、冬は2時間が目安。

合繊布団(ポリエステル布団)

夏は1.5時間、冬は3時間が目安。

綿布団

夏は2時間、冬は4時間が目安。

布団を干す時間帯や頻度の目安は?

布団を干す
1日のうち日が照っている時間帯が違うので、どのタイミングで布団を干すかはとっても重要です。

できれば、太陽の光が強い10〜14時に干すのがおすすめです。早朝・夜は、気温が低い上に湿度が高いので、布団が乾燥しにくくて天日干しの効果は小さくなります。

干す頻度は、1週間に1回がベストです。ただ、これも布団の汚れ具合によって違い、汗をよくかく夏で週に1回でいいですが、冬であれば2〜3週間に1回のペースでもかまいませんよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

布団を干す時間を短くしてくれるアイテムがある?

布団を干す
布団を干すのにはどうしても時間が必要ですが、その時間を少しでも短縮する方法があります。

それが、黒い布団干し袋で布団をつつむことです。

黒色は日光を吸収しやすいので、天日干しされた黒い布団干し袋の中の温度は60℃にまで上がり、布団干しの効果を高めることができます。30分ほどでダニ退治もできるので、効果的ですよ。

布団を干す時間を覚えて布団をいつでもふわふわに

清潔な布団
布団を干す時間によってその効果が変わってきます。きちんと効果を出しながら、生地を傷めることがないように、適切な時間を覚えておきましょう。

適切な時間で定期的に布団を干して、いつでも気持ちのいい布団で寝てくださいね。