急ぎで洗濯して乾かしたい!という場合に乾燥機を使うおうちも多いですよね。

ふだん乾燥機を使わずに乾かしている服を、はじめて乾燥機に入れるときは、傷みが起こらないかちょっと心配になることも…。

そこで今回は、乾燥機マークの読み方をくわしくご紹介します。

乾燥機のマークってどれ?

新洗濯表示 タンブル乾燥
「乾燥機にかけられるかどうか」を表すマークは、四角と丸の組み合わさった形が目印。全部で3種類しかないので、これを機に覚えてしまいましょう。

「・・」は高温乾燥対応

真ん中の「・」は、乾燥機の温度を示します。「・・」と横並びで2つついている場合は、「80℃までの高温の熱風で乾燥ができる」という意味です。ガス式の乾燥機やコインランドリーの大型の乾燥機にかけても傷まないことを表します。

「・」は低温乾燥対応

「・」が1つの場合は低温の乾燥機に対応し、「60℃までの高温の熱風で乾燥ができる」ことを表します。おうちの洗濯乾燥機などはほとんどが低温なので、「・」が1つでもあれば乾燥機を使える、と考えてOKです。

バツ印は乾燥機不可

バツ印がついたマークは高温に弱いデリケートな素材が使われています。「乾燥機の使用は禁止」です。乾燥機以外でも早く乾かす方法はあるので、別の方法を選びましょう。

「乾燥機禁止」マークの服を乾燥機で乾かすとどうなる?

綿100% 手洗い コットン 洗濯表示
急用などでバタバタしていると「一回だけなら乾燥機で乾かしてもいいかな…?」と思ってしまいますが、それは要注意。次のトラブルを起こす可能性が高いので、やめましょう。

型崩れする

熱に弱い素材にとって乾燥機のなかはかなり過酷な環境。熱い風が長時間当たり続けるのでシワがよったり、縮んだりと型崩れの原因になります。

毛羽立つ

乾燥機の風があたり続けると、生地の表面がカサカサになってしまいます。Tシャツなどの丈夫な服でもプリント部分がチリチリになってしまうので注意しましょう。

乾燥機マークの服を乾かすときのコツは?

乾燥機に対応した洋服を乾かすときは、基本の設定だけでも十分ですが、ひと工夫加えておくとさらに仕上がりがよくなります。乾きムラも起きにくくなりますよ。

洗濯時に柔軟剤を入れておく

柔軟剤とネット
乾燥機は熱風で急速に乾かすので、どうしても毛羽立ちやすくなります。生地がゴワゴワして肌ざわりが悪くなるので、洗濯のときから柔軟剤を加えておくのがおすすめ。

生地に空気をふくませる効果があるので、乾くまでの時間が少しだけ短くなる効果もありますよ。

ネットから出す

洗濯ネット
洗濯ネットに入れて洗った洋服は、乾燥にかける前にネットから出しましょう。入れたまま乾燥を開始すると生地の内側まで風があたらず、乾きムラができやすくなります

まんべんなく風を当ててあげれば、生乾きで再度干す手間を省けますね。

乾燥機禁止マークの服を早く乾かすには?

乾燥禁止マークの服でも、早く乾かす方法はあります。ひと晩あれば十分乾くので、急ぎのときは前日の夜に洗濯して次の方法で乾かせば大丈夫です。

風を当てる

扇風機
気温の高い夏や暖房を使う冬におすすめなのが、扇風機やサーキュレーターの風を当てて乾かす方法。乾いた風を当て続けると乾きが早くなります。

家電で除湿する

エアコンで洗濯物を乾かす 部屋干し
雨続きで乾きにくい時期は、エアコンや除湿機を使いましょう。お部屋のジメジメも効率よく取れる上、洗濯物も外干ししたかのようにカラッと乾かせますよ。

浴室乾燥する

浴室乾燥
できるだけ早く乾かしたいときは浴室の乾燥機能を使う方法があります。浴室乾燥は乾燥機よりも温度が低く、吊り干しができるので服への負担がほとんどないのが特徴です。3〜4時間ほどあれば乾かせますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

乾燥機のマークがない場合は?

コットン100% 綿 洗濯表示 コーデュロイ
古着やしばらく前に買った服などは、ご紹介した乾燥機のマークがついていない場合があります。これは、洗濯表示が2016年末から世界基準のマークに変更されたため。それ以前の表示には乾燥機のマークがないんです。

洗濯表示が変わる前の服でも、多くの場合マークの下に「タンブラー乾燥はお避けください」などと注意書きがあります。なので、乾燥機を避けた方がいいかは見分けられますよ。

注意書きがない服は乾燥機にかけても大丈夫ですが、大切にしたい服はできるだけ自然乾燥で乾かしましょう。

マークを見て乾燥機を上手に活用しよう

レース 洗濯物 洋服 ハンガー
洗濯にかかる手間をぐっと減らしてくれるのが魅力の乾燥機。こまめに活用して家事の手助けをしてもらっているおうちも多いですよね。

乾燥機は便利な家電ですが、洋服にとっては少し負担の多い乾かし方です。マークの読み方を覚えて、洋服にあわせた乾燥方法を選ぶことが大切ですよ。

マークで見分けながら、洋服を長持ちさせてくださいね。