レシピに出てくる「大さじ1」の表記。どれくらいの量をいれたらよいか、とっさに判断できますか?料理に慣れていないとすぐにはわかりませんよね。

今回は大さじ1がどれくらいの量になるのか、1杯あたり何ml(cc)なのか、その重さは何グラムになるのかなどを詳しく説明します。

大さじ1とは?1杯あたり何cc(ml)なの?

計量スプーン 大さじ 小さじ

大さじ1は、計量スプーンの大さじで計量したもの1杯分という意味ですね。レシピで「大さじ1」とあれば、大さじできっちり1杯分をはかって入れる必要があります。

大さじは1杯の体積は、15cc(ml)と決められています。どんなものでも1杯分きちんと入れれば、15cc(ml)になります。

ちなみに、cc(シーシー)とml(ミリリットル)は、どちらも体積を表す単位です。レシピによってmlを使うものもあればccを使うものもあって混乱するかもしれませんが、どちらも同じ体積を表して「1ml=1cc」と考えて問題ありません。

大さじ1は何グラムになるの?調味料で違う?

塩 大さじ すりきり

では、大さじ1杯あたりの重さは何グラムになるのでしょうか?

大さじはそもそも調味料の「体積(かさ)」をはかる道具なので、重さをはかることはできません。水であれば1cc(ml)=1gと体積と重さが同じなのですが、調味料によって15mlあたりの重さが違うからです。

ただ、あらかじめ調味料ごとで大さじ1杯あたりの重さを調べておけば、重さもはかることができて便利ですよ。

以下に、調味料ごとの大さじ1杯あたりの重さ(g)を一覧にしたので参考にしてください。

液体調味料の重さ

● 水 大さじ1=15g
● 酒 大さじ1=15g
● 酢 大さじ1=15g
● 醤油 大さじ1=18g
● みりん 大さじ1=18g
● 油 大さじ1=12g

粉末状調味料の重さ

● 上白糖 大さじ1=9g
● グラニュー糖 大さじ1=12g
● あら塩 大さじ1=15g
● 食塩 大さじ1=18g
● 小麦粉 大さじ1=9g
● 片栗粉 大さじ1=9g

ペースト上調味料の重さ

● 味噌 大さじ1=18g
● バター 大さじ1=12g
● マヨネーズ 大さじ1=14g
● ケチャップ 大さじ1=15g

メーカーや製法によって同じ調味料でも重さが違うことがあるので注意しましょう。

大さじ1を正しくはかれる?

大さじ1の量について説明してきましたが、そもそも大さじを正しくはかれていないと分量がズレてしまいます。

大さじは、酒や醤油などの液体をはかる場合と、砂糖や塩などの固体をはかる場合では、使い方が少し違うので注意しましょう。

念のため大さじの正しいはかり方をおさらいしておきましょう。

液体調味料をはかる

液体調味料 大さじ1

醤油、酒、みりんなどの調味料のほか、水・油・牛乳などの液体のものを大さじではかるときは「表面張力」がポイントです。

スプーンの縁いっぱいまで入れて表面張力で盛り上がった状態にして「大さじ1杯」とカウントします。ギリギリこぼれないくらいが目安です。

固体調味料をはかる(ペースト状調味料含む)

砂糖 大さじ すりきり

砂糖や塩、小麦粉や片栗粉などの粉末調味料はスプーンを「すりきり」した平らな状態ではかります。マヨネーズやケチャップなどのペースト状調味料も同じです。

正しくはかるときは、最初に大さじで調味料をすくい、ふんわりと山盛りの状態にします。そして、スプーンの柄やヘラなど平らな道具でスプーンのフチを滑らせながら余分な部分を払い落としましょう。

大さじの正しいはかり方で、大さじ1を計量してくださいね。