「アイラップ」ってご存知ですか?SNSで見かけて知っている人も多いのではないでしょうか。

ただ、なんとなく便利そうなのはわかっていても、実際のところどんな商品なのかはよく知らない…という人もいると思います。

そこで今回は、アイラップの使い方をコジカジ編集部が徹底解剖。アイラップの便利さに圧倒されました!

かゆいところに手が届く便利商品「アイラップ」の特徴やおすすめの使い方をくわしく説明するのでぜひ参考にしてくださいね。

アイラップってどんな商品?

アイラップ 全体
アイラップとは、「岩谷マテリアル(株)」が販売するラップのように使えるポリ袋のこと。

岩谷(イワタニ)…と聞いてピンとくる人も多いでしょう。そう、カセットコンロやカセットガスでおなじみの「岩谷産業(株)」のグループ会社が販売している商品なんです。

アイラップはどこで買える?

? ? 疑問
富山などの北陸地方での売上がほとんどを占めるため、ローカルアイテムだと勘違いする人もいるのですが、実は全国どこでも購入できる日用品。スーパーやホームセンター、ドラッグストアなどで購入できます。

どうしても見つからない場合は、アマゾンや楽天などの通販で購入が可能です。

アイラップの人気の秘密!その3つの特長

食品保存や調理に使えるアイラップですが、いったいどうして人気があるの?と疑問に思いますよね。普通のポリ袋とは違う、次の3つの特長があるんですよ。

冷凍・レンジ・耐熱ボイルOK

アイラップ 裏面正面
アイラップがすぐれている一番の特徴は「耐久性」。耐冷温度は-30℃で冷凍・冷蔵庫で使えます。耐熱温度は約120℃で、熱湯に入れたりレンジで温めたりが可能です。ここが普通のポリ袋とは違うポイント。

厚みはそれほど感じませんが、もみ込んでも破れないという丈夫さも人気のひとつ。

マチ付きで容量たっぷり

アイラップ マチ
横25cm×縦35cmと大きめサイズ。サイドにはマチがついているので、たっぷり入ります。いろいろな用途に使いやすいんですよ。

レトロで便利なパッケージデザイン

アイラップ サイド2
発売から40年が経つ昔ながらのパッケージデザインが目印です。

真横から見ると三角形の形をしていて、自立するからワンタッチで取り出しやすいのがポイント。

アイラップの便利な使い方

アイラップ ひっぱる
アイラップはラップとポリ袋があわさった特長をもっているので、調理のときに活用すると何かと便利。

実際にコジカジ編集部が調理中にアイラップを活用してみたので、次からその使い方をくわしく説明していきます。

使い方① ボウル代わりに

耐久性があるので、ボウル代わりに活用できます。使ったあとは捨てるだけなので洗い物もでません。

たとえば、ハンバーグや餃子のたねを混ぜたり、食材を入れてもみ込んだりと活用できます。

ハンバーグ

アイラップ ハンバーグ
アイラップ ハンバーグ
合挽き肉(350g)、玉ねぎ(1/2個)、食パン(1枚)、卵(1個)、牛乳(40cc)をアイラップで混ぜ、成形して焼く。

ハンバーグを焼いたあとのフライパンで、ケチャップ(2/3カップ)、中濃ソース(1/4カップ)、しょうゆ(大さじ1.5)、さとう(大さじ3)を混ぜて温めハンバーグにかけて完成。

浅漬け

アイラップ 浅漬け
アイラップ 浅漬け
きゅうりやなす、キャベツなどの浅漬け作りにも便利です。

カットしたキャベツ(1/4個)、塩昆布(適量)、ごま油(適量)をアイラップに入れ、もみ込み少し放置すればあっというまに浅漬けのできあがり。

使い方② 袋のまま湯煎できる

アイラップの耐熱温度は約120℃。袋の状態でお湯の入った鍋に入れられるので、簡単にボイルできます。

鶏肉などを入れて茹でれば簡単にサラダチキンを作れますよ。鍋に入れるとアイラップが食材に密着するので、味がしっかり染み込むといううれしい効果も。

サラダチキン

アイラップ サラダチキン
アイラップ サラダチキン
アイラップ サラダチキン
鶏むね肉の皮を取り除き、フォークで穴を数箇所あけ、ハーブ入りの塩をまんべんなく振りすり込む。アイラップに入れ、空気を抜いて上のほうで口を縛る。お湯を沸かし、鍋底に置いた耐熱皿の上に入れる。弱火にして3分経ったら火を止め、フタをして30分〜1時間放置して完成。

※塩をすり込んだあと、おく時間を長くすると味が染み込みやすくなる。

むね肉の甘辛煮

アイラップ むね肉の甘辛煮
アイラップ むね肉の甘辛煮
鶏むね肉の皮を取り除き、フォークで穴を数箇所あけ、アイラップへ入れる。しょうゆ(大さじ2)、さとう(大さじ1)、みりん(大さじ1)、酒(大さじ1)、チューブにんにく(少々)を入れてもみ込む。空気を抜いて上のほうで口を縛る。お湯を沸かし、鍋底に置いた耐熱皿の上に入れる。弱火にして3分経ったら火を止め、フタをして30分〜1時間放置して完成。

使い方③ 袋のままレンチンできる

耐熱性にすぐれているので、レンジでラップのように野菜に火を通したり、煮物を作ったりする場合にも使えます。

ただし、口を縛らず開けておくことと、耐熱皿にのせるのを忘れないように。

とうもろこし

アイラップ とうもろこし
アイラップ とうもろこし
アイラップ とうもろこし
とうもろこしの皮を2〜3枚残してかるく水洗いする。アイラップに入れ、耐熱皿にのせる。600Wの電子レンジで5分温めて完成。

甘みも水分もたっぷり感じられました。

たまごサラダ

アイラップ たまごサラダ
アイラップ たまごサラダ
アイラップ たまごサラダ
アイラップ たまごサラダ
サンドイッチの具材に使いたいけど、卵を茹でるのに時間がかかって困るというときには、アイラップを使って簡易版のたまごサラダを作りましょう。

アイラップに卵を割り入れる。お箸で卵黄に穴を開ける。耐熱皿に置き、600Wのレンジで1分温め状態を確認し、お好みの状態まで微調整しながら卵を温める。マヨネーズ(適量)、塩(適量)、こしょう(適量)を加え、スプーンなどで混ぜて完成。

※温め直後は熱いので、やけどに注意しながら、直接アイラップに手を触れず耐熱皿の上で作業する。

さば味噌煮缶と大根の煮物

アイラップ さば味噌缶と大根の煮物
アイラップ さば味噌缶と大根の煮物
アイラップ さば味噌缶と大根の煮物
さば味噌煮缶(1缶)と1cm幅にいちょう切りにした大根(1/5本くらい)をアイラップへ入れる。さば味噌煮缶の1/4くらいまで水を入れ、缶に残った煮汁ごとアイラップへ入れる。口を縛らず、煮汁が大根に行き渡るようボウル型の耐熱皿に置き、600Wのレンジで4分温める。10分程度放置して完成。

使い方④ 食品の保存に

アイラップ 小ねぎ
ラップのように、野菜や果物を入れて空気を遮断します。

たとえば、購入直後に小ねぎ(万能ねぎ)を小口切りにしておけば、都度切る手間が省けます。冷凍もできるので、薬味が足りないときにサッと使えて便利ですよ。

使い方⑤ 冷凍できる

アイラップ 野菜 冷凍
耐冷温度は−30℃。冷凍庫に入れても大丈夫です。

野菜炒め用の野菜を1食分ずつに取り分けて冷凍しておけば、おかずが一品足りないときなどにサッと使えて便利です。

使い方⑥ 災害時にも使える

アイラップは災害時に役立つ防災グッズとしても注目され始めています。炊飯や飲みもの入れなどに使えます。

炊飯

アイラップ 炊飯
アイラップ 炊飯
アイラップ 炊飯
アイラップ 炊飯
お米(1カップ)、水(1.5カップ)をアイラップに入れる。空気を抜いて上のほうで口を縛る。お湯を沸騰させ、鍋底に置いた耐熱皿に入れる。コトコト状態に火加減し、30分加熱して完成。

※加熱前に30分程度お米を水に浸しておくとよりおいしく炊ける。

覚えておきたい

エコなわざあり

アイラップはお出かけ時の小物入れにも使える!

小さいお子さんのいる家庭では、離乳食、おやつ、おもちゃ、着替えやタオル、オムツ替えセットなど、たくさんのものを持ってお出かけしますよね。

薄くて丈夫なアイラップを数枚忍ばせておけば、ゴミが出たときや着替え終わった服を入れられるので、重宝すること間違いなしです。

アイラップを使うときに気をつけることは?

アイラップ 注意
耐久性があるアイラップですが、使用時に気をつけたいポイントがあります。安全に使うために、必ず守ってくださいね。

● アイラップ使用時の注意点
1. 油性の高い食品の加熱は避ける
2. 加熱時に密封しない
3. 120℃以上で使わない
4. 火やオーブンなどの高熱器具では使用不可
5. レンジで使うときは耐熱皿にのせる

アイラップ 底面 注意
あわせてアイラップを保管するときに気をつけたいポイントもあります。中身のアイラップどおしがくっつく恐れがあるため、ガスコンロのそば、オーブンレンジ、オーブントースターの上に保管しないということも覚えておきましょう。

アイラップから生まれた便利なシリーズにも注目

通常のアイラップ以外にもいくつかシリーズ商品がでているので、用途に合わせてそろえておくと便利ですよ。

『アイラップ マチ付きミニタイプ』

アイラップミニ

出典:imcjpn.co.jp

横15cm×縦25cmと通常のアイラップの約1/2のサイズ。少量の食材を保存したり、調理するのに便利です。

『アイラップ 100枚入り エンボスタイプ』

アイラップ 100枚入り エンボスタイプ

出典:imcjpn.co.jp/product/a/001_001.html

表面がエンボス加工(デコボコ)されたアイラップ。取り出しやすく、開きやすい作りになっています。

『おにぎりぽっけ』

おにぎりぽっけ

出典:imcjpn.co.jp/product/a/001_004.html

にぎってそのまま包めるシートタイプのアイラップ。素手で握らずにすむので食中毒などを回避できるうえ、ラップを切って広げて…という手間もかかりません。

アイラップ!使わない手はありません

アイラップ 引き出す様子
清潔、耐冷耐熱、耐久性◎といいことづくしのアイラップを理解していただけたでしょうか。

なかなか入手できないという人もいるかもしれませんが、出会ったときにはぜひ購入してみてください。一度は使う価値のある商品ですよ。普段時間をかけて調理していた工程を、アイラップで手軽にしてみてくださいね。