毎日何気なく使っている包丁。でも、正しい持ち方があるってご存知ですか?

今回は、包丁の基本的な持ち方・握り方を5通りご紹介します。正しいもち方で使うと、普段の料理もスムーズにできるようになりますよ。

包丁の握り方はおおよそ5種類!

包丁とまな板
包丁の持ち方は、おおよそ次の5通りといわれています。

① 握り型
② 押さえ型
③ 指差し型
④ 皮引き(逆包丁)型
⑤ ペンシル型

このうち日常的に使う①〜③の3種類を覚えておけば十分です。なので、ここでは基本の3種類と応用2種類にわけて、順番に特徴と持ち方をご紹介していきます。

【包丁の持ち方①】オーソドックスな「握り型」

● 握り型イメージ
包丁の持ち方(握り型④)
「握り型」はもっともポピュラーな包丁の持ち方で、名前の通り、手全体でグッと握ったような形が特徴です。野菜を切るときはこの握りがおすすめ。

包丁の持ち方(握り型①)
人差し指と親指のあいだに柄がくるように持ちます。あとはそのまま指を閉じるように、ギュッと握るだけ。

包丁の持ち方(握り型②)
柄の付け根部分を握るとグラつきが減って、しっかり食材をカットできます。

魚のたたきなどを作るときは、柄の下の方を持つと手首のスナップがきいて使いやすくなります。

【包丁の持ち方②】固いものを切るときは「押さえ型」

● 押さえ型イメージ
包丁の持ち方(押さえ型③)
肉類などの繊維の固い食材を切るときに向いているのが「押さえ型」。包丁を指と指で挟み込んでいるので、ブレずに力をいれやすい持ち方です。

包丁の持ち方(押さえ型①)
人差し指に包丁の腹を乗せて握ります。

包丁の持ち方(押さえ型②)
人差し指と親指で包丁を挟み込むように持ちましょう。

【包丁の持ち方③】「指差し型」は繊細な調理におすすめ

● 指差し型
包丁の持ち方(指差し型③)
「指差し型」は人差し指をつきだした持ち方。板前さんがよく使っている握り方ですが、その理由は繊細なコントロールが効くため、魚などの柔らかい食材を切るのに適しているからです。

包丁の持ち方(指差し型①)
刃を上に向け、包丁の峰を人差し指に乗せます。残りの指で柄を握り込めば完成。

包丁の持ち方(指差し型②)
人差し指の力加減、支え加減で包丁をコントロールします。

{:width=>300, :height=>250}}" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true"> {:width=>300, :height=>250}}" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">

【応用編】少しむずかしい包丁の持ち方

ふだんの調理では紹介した3つの握り方を覚えておけばOK。残り2種類はあまり使う機会がないので、こんな持ち方もあるんだ、くらいに覚えておくといいですよ。

皮引き(逆包丁)型

包丁の持ち方(逆包丁型②)
押さえ型の握り方で、包丁だけを反転させたような持ち方。魚の皮引きなど、用途が少し限られた特殊な持ち方です。

ペンシル型

包丁の持ち方(ペンシル型①)
その名の通り、鉛筆をもつような握り方。手首のコントロールで切っ先を細かく動かせるので、細かい模様などを細工するときにプロが使う持ち方です。

包丁の持ち方をマスターしよう!

包丁でトマトを切る
包丁の持ち方を覚えると、食材を効率よくカットできるだけでなく、長時間の作業でも疲れにくくなるといったメリットがありますよ。

包丁の持ち方をマスターして、ぜひ使いこなしてくださいね。