野菜などを切るときに便利な調理器具、スライサー。「おうちにあるけど、あんまり使っていない…」という人もいるかもしれません。

そこで今回は、便利調理グッズ「スライサー」の基本的な使い方をご紹介します。

スライサーを使うメリットは3つ!

キャベツの切り方と保存
スライサーを使うメリットは大きくわけると次の3つが挙げられます。

① 時短になる

スライサーを使うと包丁で切るよりも短時間で野菜をカットできます。包丁の扱いが苦手な人でも、手を前後に動かす単純作業なので、苦になりませんよ。

② 細かく均一に仕上がる

ここが包丁との一番の違い。プレートに刃が固定されているためカットする厚みが変わらず、包丁で切るよりも均一に仕上がります。料理の見栄えもキレイになりますよ。

③ 疲れにくい

食材をたくさん切っても疲れにくいのもポイント。とくに、千切りなどの少しだけ工程の多い切り方はスライサーを使うのがおすすめです。

スライサーを使ってできること

スライサーで薄切りした玉ねぎ
スライサーの役割はとてもシンプル。野菜などの食材をスライスすることです。ただ、スライス≒薄切りのことではありません。

プレートや刃を取り替えれば、さまざまな切り方ができるんですよ。どんな切り方ができるのか、見てみましょう。

薄切り

スライサーというぐらいなので、食材を薄く切るのは大の得意。玉ねぎやニンニクなどのスライスを簡単に作れます。

輪切り

根菜などの円柱状の食材ならラクラク輪切りができます。きゅうりや人参、大根、レモンなどをスライスすれば簡単に輪切りの出来上がり。

千切り

野菜の千切りもお手の物です。ごぼうや人参、キャベツ、きゅうりの千切りを手間をかけずに大量に作れます。

【超基本】スライサーの使い方講座

何ができるかわかったところで、さっそく使い方を見てみましょう。

基本はたったの2ステップ。簡単ですよ。

ステップ①|食材を切る

包丁でキャベツを半分に切る
まずは食材を適切な大きさにカットします。「スライサーの上に収まるか」が目安です。

ステップ②|プレートでスライスする

キャベツの切り方と保存
あとはその食材をスライサーに乗せ、手を前後に動かしてスライスするだけ。

キャベツの切り方と保存
千切りや薄切りになった食材がどんどん出てきます。

スライサーで切った食材
プレートを付け替えれば、さまざまな食材を好きな切り方でカットできますよ。

スライサーの使い方のポイント!

玉ねぎ 切り方 芯を取る
スライサーを使うにあたって、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

ポイント①|あらかじめ芯を取っておく

芯や茎、皮など口にしない部分は、ステップ①のときにあらかじめ切り落としておきましょう。

ポイント②|刃から遠い部分を持つ

カットする食材のできるだけ刃から遠い部分を持つようにして、プレートに押し当ててください。こうすることで、手を切るリスクが減ります。

ポイント③|力を入れすぎない

きのこやピーマンといった少し柔らかい食材は、力いっぱい押し付けると砕けることがあります。力加減に注意してスライスしましょう。

ポイント④|ホルダーを使う

付属のホルダー(プロテクター)がある場合は、ケガ予防のために積極的に活用してましょう。スライスできない薄さになった食材は、最後に包丁で切りそろえてあげてください。

覚えておきたい

エコなわざあり

スライサーと包丁を使い分けよう!

スライサーでごぼうの千切り
スライサーは簡単に食材をカットできる便利な商品。ただ、基本的にはプレートの刃の位置を替えられないので、「厚み・細さ」などは調整できません

薄切り、千切りをするときは基本的にスライサーがおすすめですが、「この料理には細すぎる・薄すぎる…」という場合は、包丁に切り替えましょう。

料理の仕上がりと時短両方にこだわるなら、刃の位置を調整できるスライサーを購入するといいですよ。

{:width=>300, :height=>250}}" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true"> {:width=>300, :height=>250}}" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">

スライサーを使いこなして調理時間を短く!

スライサーで玉ねぎを薄切りする
野菜はもちろんのこと、フルーツなどもカットできてとても便利なスライサー。使い方を覚えれば、食材をカットする時間を大幅に減らせますよ。

ぜひスライサーを活用して調理の手間を省いてくださいね。