洋服を洗濯しても黒いゴミがついてたり、少しカビ臭かったりする原因の1つが洗濯槽の汚れです。その汚れは漂白剤を使えばキレイに落とせますよ。

今回は、手の届かない洗濯槽内を塩素系漂白剤で掃除する方法をご紹介します。キレイな洗濯機で毎日の洋服の仕上がりをよくしましょう。

塩素系漂白剤で洗濯槽を洗うとどんな汚れが落ちる?

洗濯機 乾燥機 

なかなか掃除の手が回らない洗濯槽は、放置しているうちに目に見えない裏側がどんどん汚れていきます

洗剤の溶け残りや洋服についたゴミ、その汚れをエサに増殖する雑菌やカビ、ヌメリなどが出てきます。洗濯しても臭いが残ったり、汚れが落ちなかったりするのはこれが原因です。

『洗濯槽カビキラー』などの塩素系漂白剤(塩素系クリーナー)は、強力な洗浄力で全ての汚れを細かく溶かしてくれるので、汚れ落ちが抜群。洗濯物を洗ったあとの臭いもスッキリします。

本来の洗濯機のはたらきに戻してくれる役立つアイテムなんですよ。

塩素系漂白剤で洗濯槽を掃除!用意するものは?

ゴム手袋を手にはめる
用意するもの
必須
『洗濯槽カビキラー』などの塩素系漂白剤
あると便利
ゴム手袋

塩素系漂白剤には、『洗濯槽カビキラー』などの洗濯槽専用のものがあります。衣類用に使う塩素系漂白剤でも代用できますが、基本的には専用のものがベター。

強力な洗剤なので、心配な人はゴム手袋や汚れてもいい服を着用して作業しましょう

塩素系漂白剤で洗濯槽を掃除!洗濯機に入れる量は?

縦型洗濯機

塩素系漂白剤を使った掃除はそれほどむずかしくありません。縦型・ドラム型など洗濯機の種類に関係なく、次の手順で進めます。

電源を入れ、漂白剤を注ぎ入れる

電源をいれたら1回分の漂白剤を全量を入れる。水よりも先に入れることで跳びはねるのを防ぐ。

槽洗浄コースで洗う

高水位のコースで運転し、給水が終わったら一時停止。「洗濯槽コース」などを選ぶのでもOK。

運転を再開する

時間をみて一時停止を解除し、1サイクル運転してキレイにすすげば完了。

長く掃除をしてこなかった洗濯機なら、塩素系漂白剤を入れたあとに長めに放置すると効果的です。つけおきの時間は3時間を目安に、汚れがひどそうであればさらに延ばしてもかまいません。

2か月に1回のペースで掃除すると、キレイをキープできますよ。

衣類用の塩素系漂白剤で代用するなら、水50Lに対して200mlを目安に入れましょう。

塩素系漂白剤で洗濯槽を掃除するときの注意点は?

注意

塩素系の漂白剤は強い分解力であらゆる汚れを取ってくれますが、取り扱うときには注意も必要です。ここでは注意すべき点を2つご紹介します。

先に洗剤を入れてから水を入れる

塩素系漂白剤は洗濯槽全体をキレイにするために、高い位置まで水を入れます。そのため、水を入れたあとに漂白剤を入れるとはねて目に入ったり、服についたりする可能性があります。先に入れるのを忘れないようにしましょう。

酸性のものと混ぜない

塩素系漂白剤は、食酢やアルコールなど、酸性のものと混ぜると体に害のあるガスを発生させます。「単品で使う」を忘れず、できれば換気しながら作業を進めてください

洗濯槽に使える塩素系漂白剤はどんなものがある?

塩素系漂白剤(塩素系クリーナー)はさまざまな種類が販売されています。どんな商品があるのかチェックしましょう。

『洗たく槽カビキラー 塩素系液体タイプ』(ジョンソン)

おうちのカビ対策でおなじみ『カビキラー』の洗濯槽クリーナーです。つけおき不要で、クリーナーを注いで回すだけでカビ胞子を99.9%除去します。防サビ剤配合なので、ステンレス槽のドラム式洗濯機にも安心して使えます。

『洗濯槽用 カビ取り侍』(純閃堂)

一般的なクリーナーの約4倍の高濃縮パワーが特徴の洗濯槽クリーナー。今までは取りきれなかった洗剤カスを分解し、黒カビを除去します。頑固なカビに強いので、長年使い続けたドラム式洗濯機におすすめですよ。

『ウルトラパワーズ 洗そう槽クリーナー』(エステー)

洗濯槽の汚れにすばやく浸透し、洗い時間3分でも汚れやカビをしっかりと落とす洗濯槽クリーナー。短時間で手軽に使えるので、気がついたときにすぐ掃除できるよう、まとめ買いして常備しておくのもおすすめですよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

洗濯槽には塩素系漂白剤以外も使える?

酸素系漂白剤で洗濯槽を洗う

洗濯槽を掃除するのに使える洗剤は、塩素系漂白剤のほかにもあります。これらをまとめて「非塩素系」と呼ぶことがあり、市販の「酸素系漂白剤」もその1つ。

塩素系漂白剤と汚れを分解する方法が少し違っていて、酸素系漂白剤は「浮かして剥がす」ため浸透までに時間が長くかかり、浮いてきた汚れをすくう手間もかかります。

洗濯槽の掃除 カビ退治

その分、塩素特有の臭いがしないのと、塩素系漂白剤よりも取り扱いがラクなのが特徴です。

汚れ落ちも十分で塩素系に引けを取らないので、どちらがいいか選んで活用してみてくださいね。

塩素系漂白剤を使って洗濯槽を掃除するのを省くには?

粉末洗剤 アタック

洗濯物の臭いの原因となる汚れを予防するには、いくつかの方法があります。ふだんの生活から取り入れれば、汚れが予防できて掃除の手間をいくらか省けますよ。

大切なのは「洗濯洗剤を入れすぎない」「洗濯槽に湿気を溜め込まない」の2つです。

洗剤を多く入れると汚れ落ちがいいように思いますが、実際には逆効果。洗剤が繊維や洗濯機に残って汚れの原因になります。

また、雑菌やカビは湿気が充満している場所で元気に活動するので、できるだけ乾燥した状態を意識しましょう。洗濯が終わったらすぐに洗濯物を出す、フタは開けておく、濡れたタオルを入れるときは洗濯機をすぐに回すなど、できるだけ湿気をためこまないのがポイントです。

塩素系漂白剤で洗濯槽を掃除しよう!

洗濯槽 ゴミ取りネット 糸くずフィルター 

なかなか掃除の手がまわらない洗濯槽。とくに、洗濯槽の裏までは手が届かないだけに漂白剤での定期的な掃除は不可欠です。

洗濯槽をキレイに保てると、買った当時のように汚れがキレイにとれて、洗濯物の香りもよくなり、毎日を気持ちよく過ごせますよ。