家中のお掃除に使える、オキシクリーン。そのオキシクリーンを使って洗濯槽の汚れも落とせることを知っていましたか?

ここではオキシクリーンを活用した洗濯槽の掃除法をご紹介。基本のやり方とコツまでおさえれば、目に見えていなかった汚れをしっかり落とせますよ。

オキシクリーンで洗濯槽がキレイになる?

縦型洗濯機

洗濯機の内側にある洗濯槽は、洗濯物から出た皮脂汚れや洗剤の溶け残りが付着しています。さらに、湿った環境ということもあって、汚れをエサにカビや雑菌も繁殖しています。

こうして、洗濯槽の裏側は直接見えませんが、知らないうちにどんどん汚れがたまっていきます。放っておくと「洗濯したのに汚れが残ったまま…」「洗剤や柔軟剤の香りがあまりしない…」など、洗濯の効率が落ちてしまいます。

そこで活躍するのが『オキシクリーン』です。主成分である「過炭酸ナトリウム」は、除菌・漂白効果のある泡を出すのが特徴。この泡が洗濯槽の裏に潜む汚れを剥がし取り、除菌までしてくれるんです。

オキシクリーンでの洗濯槽掃除に使う道具

オキシクリーンパッケージ

用意するもの
必須
オキシクリーン 300〜500g
風呂水吸水ホース(バケツでも可)
使い古しのストッキング

「オキシクリーン」にはアメリカ版と日本版の2種類があります。洗濯槽の掃除にはどちらを使ってもかまいません。基本的な使い方は同じです。

洗濯槽の掃除には40〜50℃ほどのお湯を使うので、お風呂の残り湯を使うと便利。風呂水を吸水するホースか、なければバケツを用意しましょう。

オキシクリーンで洗濯槽を掃除する方法!

洗濯槽の掃除 カビ退治

オキシクリーンを使った洗濯槽掃除は、次の手順ですすめます。

お湯50〜60Lに対して、オキシクリーンを300〜500g入れるのが目安。付属のスプーンでいえば「アメリカ版なら4〜5杯」「日本版なら10〜15杯ほど」です。

お湯をためる

洗濯機の高水位になるまでお湯を注ぎ入れる。お風呂の残り湯をホースで吸水するのがラク。なければバケツで移し替える。

オキシクリーンを入れる

お湯の量(洗濯機の容量)にあわせた分量のオキシクリーンをお湯に溶かす。

洗濯槽洗浄モードで運転する(撹拌)

洗濯槽洗浄モードで運転すると、3分ほど洗濯槽が回転して止まる。標準モードで運転する場合は、途中で「一時停止」のボタンを押して止めること。

つけおきする

洗濯槽を止めた状態で放置する。軽い汚れなら2〜3時間、しばらく掃除していないなら一晩つけおきして汚れを落とす。

ストッキングでゴミを取る

洗濯槽の裏側についていたゴミが浮き出てくる。使い古しのストッキングなど、目の細かいネットですくい取る。洗濯槽が回転するたびに汚れが出てくるので何度か繰り返す。

運転する

排水し、空のまま1回運転して細かい汚れを流す。ゴミ取りネットに汚れが詰まっているので、キレイに取り除けば完了。

オキシクリーンで洗濯機をキレイにするときのコツはある?

ポイント 電球 チェック

オキシクリーンの効果を最大まで引き出すため、次から紹介するコツをぜひ取り入れてみてください。

お湯を使う

オキシクリーンは溶かす水の温度が高いほど、酸素の泡がいっぱい出て洗浄力が高まります。カビや雑菌は高温が苦手なので、これだけでも除菌効果があります。

ただし、洗濯機の耐熱温度もあるので、50℃よりも熱いお湯は入れないようにしましょう。

溶かしてから入れる

オキシクリーンは粉末の洗剤なので、そのまま入れても溶け切らないことがあります。あらかじめお湯で溶いてから注ぎ入れるのがおすすめです。

つけおきの時間を延ばす

オキシクリーンが効果を発揮するまでは少し時間がかかるので、できるだけ時間を長めにとっておくことも大切。

ただ、最大6時間で酸素が出切って洗浄効果がなくなるます。その後もまだ汚れが出るときには一度流してから再びオキシクリーンを入れるようにしましょう。

ドラム式洗濯機の洗濯槽もオキシクリーンで掃除できる?

オリジナル 洗濯機 洗面所

ドラム式洗濯機は洗濯槽が横向きになっているので、全体が水に浸かりません。

その場合、どうやって掃除すればいいの…?と気になると思いますが、液がまんべんなく行き渡るように、時間をあけて何度も洗濯槽を回転させれば洗うことはできます。

ただし、手間も時間もかかるうえ、縦型洗濯機に比べて浮いた汚れをすくいとりにくいデメリットもあります。そのため、ドラム式洗濯機の場合は市販の洗濯槽クリーナーを活用することをおすすめします

ドラム式洗濯機に対応した市販のクリーナーなら、カビ汚れを溶かして流してくれます。浮いたカビを取る手間がないので、ラクに掃除できますよ。

汚れを防ぐコツ!

エコなわざあり

オキシクリーンの普段使いで洗濯機が汚れ知らずに大変身!

洗濯機に洗剤を入れる

オキシクリーンは万能の掃除用洗剤として知られていますが、もともとは洗濯用の漂白剤。洗濯に普段使いしても問題ありません。

オキシクリーンを日頃から洗濯に使っていれば、洗濯槽に汚れがつきにくくなって、掃除の手間を省けます

お湯で溶いて洗濯洗剤といっしょに入れるだけなので、簡単に実践できますよ。

洋服につく皮脂による黒ずみなどをキレイに落としながら、洗濯槽も洗浄してくれて一石二鳥ですね。

オキシクリーンで洗濯がもっと快適に!

洗濯物を振りさばく

オキシクリーンを使って洗濯槽を掃除すると、取れる汚れの多さにびっくりするはず。1〜2ヶ月に1度掃除すれば洗濯槽をつねに清潔に保てますよ。

定期的に洗濯槽をスッキリ掃除するのがクセになりそうですね。