水回りで一番汚れる「排水口」。さまざまなモノが流れ着くので雑菌が繁殖しやすく、すぐにヌメリが出たり、詰まって流れが悪くなったりしますね。

この排水口の掃除・除菌に塩素系漂白剤などの強い洗剤を使うのがちょっと苦手…という人には「オキシクリーン」をおすすめします。

今回はオキシクリーンで排水口をピカピカにする方法をご紹介します。

オキシクリーンで排水口がキレイになる?

オキシクリーンパッケージ


排水口の汚れの正体は、「髪の毛」や「食材のクズ」、また、その汚れをエサに繁殖した「雑菌」です。放っておくと詰まりや悪臭など、別のトラブルも引き起こします。

オキシクリーンは、酸素の力を使って汚れを分解して除菌・漂白する力を持っているので、排水口の掃除にピッタリ。油汚れを分解する力も強いため、特にキッチンの排水口を掃除するのにおすすめの洗剤なんです。

塩素などの強い成分を使わないのでツンとする臭いもなく、環境にも身体にもやさしいので安心して使えます。

オキシクリーンで排水口を掃除する方法は?

キッチンシンクの排水口掃除


オキシクリーンで排水口を掃除する方法はとっても簡単で、オキシクリーンをお湯に溶いて注ぎ入れるだけ。効果を発揮するまで少し時間がかかるので、食事の片付け後にチャレンジしてみるのがおすすめです。

ゴミをとる

あらかじめ排水口にたまったゴミはとる。

オキシクリーンをお湯に溶く

付属のスプーンで一番下のラインくらいの量をマグカップに入れ、できるだけ熱いお湯をそそいでよく溶かす。

排水口に注ぎ入れる

しっかり混ぜたら排水口にまんべんなくかかるように注ぎ入れる。

放置する

2〜6時間ほどを目安に放置する。慣れないうちは放置する時間を短めに設定する。

水を流してすすぐ

時間がたったらキレイになっているか確認し、流水ですすいで完了。

オキシクリーンは長い時間浸透させるとその分汚れ落ちもよくなります。寝る前に注ぎ入れて朝流すようにするのもいいですよ。ヤケドに注意しながら作業してください。

オキシクリーンで排水口の詰まりを解消!

排水トラップ


オキシクリーンはお湯に溶かすと勢いよく酸素の泡がでてきます。この泡に汚れをはがし取る力があるので流れの悪くなった排水口の掃除にも使うと、詰まったものを浮かせて流しやすくしてくれるんです。

排水口の部品を外す

ゴミ受けなどを外し、水が流れていく管が見える状態にする。

オキシクリーンを直接ふりかける

付属のスプーン半分ほどのオキシクリーンを粉のまま排水管へ入れる。

熱いお湯を注ぎ込む

熱いお湯を排水管へ注ぎ入れ、排水管の内側で泡を発生させる。蛇口からでる一番熱いお湯を注ぎいれるだけでもOK。

放置する

1〜2時間ほど放置してから水などで洗い流したら完了。

排水管の内側の汚れは手が届かなくて掃除できないものと思っていたかもしれませんが、このやり方ならとっても簡単です。

オキシクリーンを排水口に使うときの注意!

注意 ポイント コツ


紹介した方法を使えば、キッチンやお風呂、洗面所などの排水口をキレイにできます。基本的なやり方はすべて同じです。

ただし1点だけ注意したいのが、キッチンなら食材のクズ、お風呂や洗面所なら髪の毛といった「固形の汚れ」は、オキシクリーンでも分解したり溶かしたりできません。排水口を掃除するときは必ず事前にゴミを取りましょう。

また、排水管に流れ込んだ髪の毛などが詰まっている場合、市販のパイプクリーナーほどの力は期待できないことは覚えておいてくださいね。

覚えておきたい

エコなわざあり

排水口をオキシクリーン以外で掃除するなら何がいい?

重曹 クエン酸

排水口の掃除はオキシクリーン以外の洗剤でもできます。

たとえば、オキシクリーンの主成分である「過炭酸ナトリウム」はそれだけの状態でも販売されています。100均などでも手軽に手に入るので試してみるのにぴったりです。

それほどひどい汚れでなければ「重曹とクエン酸」を混ぜたものをふりかけるのでも代用できます。シュワシュワと炭酸の泡が発生し、汚れを浮かせて流しやすくしてくれますよ。

排水口をオキシクリーンでピカピカに!

シンク


排水口は水や汚れが流れ込む場所なだけあって、こまめに掃除していても徐々に汚れてきます。キリがなくてうんざりしているママも多いですよね。

ぬるぬるの汚れはお湯に溶いたオキシクリーンを流し込んで放置するだけしっかり除菌できます。寝る前に注ぎ入れ、朝流すようにしたら手間なくキレイを保てますね。

1回に使う量もごくわずかなのでこまめにやると、いつもピカピカのシンクを保てますよ。