靴はキレイに履いていてもすぐに汚れてきますよね。急な雨で泥だらけに、なんてことも日常茶飯事。

泥などで汚れた靴はなかなかキレイにならないイメージがありますが、『オキシクリーン』を使えば元の真っ白な靴に戻せます!

ここでは『オキシクリーン』で靴を洗ってみた様子を詳しくご紹介します。

オキシクリーンで靴を洗ってもいいの?

オキシクリーンパッケージ

『オキシクリーン』はコストコファンのママたちの間で人気沸騰の洗剤で、今ではすっかり掃除用の洗剤として広く知られています。

ただ、もともとは洗濯用の洗剤として発売されたものなので、靴を洗うのにももちろん使えます

漂白効果があるのでたっぷり染み込んだ汗染みや皮脂を分解し、泥などの汚れを簡単に浮かせて流しやすくしてくれます。真っ黒に汚れた子供の運動靴など、汚れやすい靴の掃除にピッタリの洗剤です。

オキシクリーンで靴を洗うときは「素材の確認」が欠かせない

チェック ポイント 選び方

『オキシクリーン』で靴がキレイになるといっても、実はどんな靴にも使えるわけではありません。

「革、合皮、エナメル素材でできた靴」「ドライクリーニング表示のある靴」には使えないので注意しましょう。

『オキシクリーン』の洗浄力はかなり強力で、素材の相性によっては傷んでしまうことも。綿素材でできたスニーカーでも、部分的にデリケートな素材が使われていることもあるので事前に確認しておくと安全です。

子供の上履きや運動靴、装飾の少ない白スニーカーなどは問題なくキレイにできるので、そういったものから試してみましょう。

オキシクリーンで靴を洗うときに用意するもの

オキシクリーン

用意するもの
必須
オキシクリーン
ブラシ(歯ブラシでも可)
バケツ
ゴム手袋

洗ってもいい靴か確認したら必要なものをそろえていきます。

『オキシクリーン』には日本版とアメリカ版の2種類がありますが、どちらでも靴は洗えます。あとはつけおき用のバケツか洗面器、掃除用のブラシを用意したら準備完了です。

オキシクリーンで靴を洗ってみる!

今回洗ってみるのは、保育園で子供が汚してきた上履き。汗やホコリを吸着して、黒ずんでいます。

「つけおきしてからこすり洗い」の順で洗ってみました。

① 洗浄液をつくる

オキシクリーンの洗浄液

まずはオキシクリーンが効果的にはたらく50℃ほどのお湯をバケツいっぱいにためます。靴が沈むくらいの深さがあれば十分です。そこにオキシクリーンを付属のスプーン半分〜1杯ほどをいれ、よくかき混ぜます。

ひどい汚れの靴や、何足も一気に洗いたいときは2〜3杯ほどと量を増やしてみるのもいいですよ。

② 「オキシ漬け」する

オキシクリーンで靴洗い

できたオキシクリーンの液に靴全体が浸かるようにいれます。このつけおきは「オキシ漬け」と呼ばれ、ガンコ汚れを落とせるとママの間で評判のやり方です。

オキシクリーンで靴洗い

沈んだらそのまま2〜6時間を目安に放置します。ひと晩おいて翌日洗うのもOKです。

③ ブラシでこする

オキシクリーンで靴洗い

肌荒れ防止のためゴム手袋をし、靴用のブラシなどを使ってこすり洗いします。オキシ漬けに使った液がそのまま洗剤としても使えますよ。

汚れが十分にゆるんでいるので、軽くこするだけでもどんどん汚れが落ちていきました。

④ すすぐ

オキシクリーンで靴洗い

オキシクリーンを残さないよう、流水でよくすすいだら完了です。

⑤ 脱水して干す

オキシクリーンで靴洗い

洗濯機の脱水コースにかけて水を切ります。そのまま1日ほど風通しのいい場所に干したら完了。

オキシクリーンで靴洗い

つけおきして軽くこすり洗いするだけで、こんなにピカピカになりました。ゴシゴシこするなどの苦労もなく、もとの白さを取り戻せました。

つけおきには少し時間がかかるので休日などにおこなうのがおすすめ。

『オキシクリーン』とお湯を混ぜた洗浄液に浸す「オキシ漬け」をするだけで、汚れがぐんぐん分解できます。真っ黒に汚れた靴でも、軽くこするだけで簡単にキレイになりますよ。

オキシクリーンで靴を洗うときのコツ!

『オキシクリーン』で靴を洗うときに、以下2つのポイントがあります。汚れ落ちが悪くなったり、肌荒れにもつながるのでしっかり押さえましょう。

お湯を使う

お風呂の湯気

『オキシクリーン』は50℃前後のお湯に溶かすともっとも効果が高まります。

熱いお湯を使ってつけおきすると、活発にはたらいて酸素の細かな泡がいっぱい出てきます。この泡が靴の汚れを包み込んではがし取ってくれるんですよ。

全体がお湯に浸かるようにする

オキシクリーンで靴洗い

オキシクリーンを使うと泡が出るので普通に入れただけでは靴は浮いてきてしまいます。水面から出ている部分はオキシ漬けの効果がなくなってしまうので、水をいれたペットボトルなどをおもりにして沈むように工夫しておきましょう。

オキシクリーンで靴を洗うときに注意する点は?

ダメ 禁止 NG 注意

オキシクリーンは強力な洗剤なので、扱うときにはちょっとした注意点も。事前に確認しておくと安心です。

直接手で触れない

『オキシクリーン』はかなり強力な洗剤なので手の油分まで分解します。手荒れの原因になるので手に触れないように作業するか、ゴム手袋をして洗いましょう。

『オキシクリーン』の漂白効果は半日ほどでなくなりますが、靴の傷みを防ぐためにも念入りにすすぐと安心です。

ダメージチェックをする

オキシクリーンは洗濯用とはいえ、漂白剤の一種。はじめて使うときはテスト目立たない場所でテストするのが安心です。

スニーカーなど傷みが不安な靴は、オキシクリーンを溶かした液を傷みが心配な場所に少しつけて拭き取り、時間がたっても変色などを起こさないことを確認しましょう。

つけおきのときもいきなり何時間も放置せず、こまめにチェックすると繊維の負担を最小限に抑えられますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

オキシクリーンで泥んこの靴下もキレイに

靴下 泥 染み抜き

靴と一緒に汚くなった靴下も『オキシクリーン』でキレイにできます。

やり方は靴を洗うよりももっと簡単で、オキシ液に1時間ほど浸してそのまま洗濯機で洗うだけ。面倒な手洗いなどは必要なく、これだけでスッキリ真っ白にできますよ。

『オキシクリーン』は靴や靴下だけでなく、洗濯や掃除に使える万能洗剤。いろいろな使い方ができるので楽しく汚れが落とせますよ。

オキシクリーンがあれば靴洗いがぐっと楽に

子供靴 スニーカー  靴を干す

靴はこまめに掃除するものではないだけに、気づいたときにはかなり汚れています。洗う前はゆううつな気分になりますね。

でも、『オキシクリーン』があれば、ほとんど手をかけることなく汚れがスッキリ。これまでの苦労がうそのようにキレイに仕上がります。

これなら子供が元気いっぱいに遊んで汚して帰ってきても、気持ちよく迎えられますよ。