ベランダの排水溝を掃除したことがないという人は多いと思います。洗濯物や布団を干す場所なので物干し竿や手すりくらいはキレイにしていても、排水溝までは手が回りませんよね。でも、排水溝が汚れていると、ベランダに降りたときにあまりいい気がしないものです。

そこで今回は、ベランダの排水溝を手間なく掃除する方法をご紹介します。

ベランダの排水溝はどうして汚れるの?

ギモン 疑問 はてな?

ベランダは雨風にさらされているので、汚れやゴミが溜まりやすい場所です。

とくに排水溝は、雨水などが流れ込むのでゴミがたまります。それが乾燥して泥汚れや黒ずみとなってこびりついてしまいます。

放っておくと水はけも悪くなり、ひどい場合はつまってベランダが水浸しになってしまうこともあるので定期的に掃除してあげたい場所です。

ベランダの排水溝の掃除|準備する道具は?

掃除道具
必須
重曹
クエン酸
新聞紙
ほうき(デッキブラシでも可)
ちりとり
メラミンスポンジ

上記の必須アイテムをそろえてベランダをキレイにしちゃいましょう。

ベランダの排水溝の掃除|溝の泥や黒ずみの落とし方

クエン酸

ベランダの排水溝は次の手順でキレイにします。

濡らした新聞紙をちぎって溝に置く

溜まったゴミやホコリ、汚れを掃き取る下準備。新聞紙を水で濡らし、細かくちぎってまく。

ほうきで新聞紙を掃く

ほうきやブラシで新聞紙を掃くと、床のホコリなどを一緒に巻き込んでキレイに。新聞紙はちりとりに集めて捨てる。

排水溝を重曹とクエン酸で洗い流す

排水溝は汚れがひどいので、溝に重曹をふりかけ、そこに水500mlとクエン酸小さじ1杯を混ぜたクエン酸水を流す。重曹とクエン酸が反応して泡立ち、汚れが浮き上がるので、ブラシでこすってから水ですすぐ。

頑固な汚れはメラミンスポンジでこする

それでも落ちない排水溝の頑固な汚れはメラミンスポンジでこすり落とせば完了。

ほうきとちりとりで掃除するのが面倒なら、掃除機を使いましょう。

室内用の掃除機をベランダで使うのに抵抗があれば、トイレットペーパーの芯を1/4くらいの部分で斜めに切って掃除機の先端につければ使い捨てのノズルになるので、掃除機が汚れずにすみますよ。

ベランダの排水溝を掃除するコツは「置く物を減らす」

ベランダの掃除

ベランダのゴミやホコリなどの汚れは、たくさん物が置かれているほど発生しやすくなります。

植物のプランターを置いたり、使わない物の一時的な避難場所に使ったりしている人は多いと思いますが、ベランダのキレイを保つなら、必要のないものは室内に収納しましょう。長い間使っていないものは処分することも大切です。

どうしても物が多くなる場合は、ベランダ用の棚やボックスを活用するなどして雑多に置かないように気をつけてください。

ベランダの排水溝掃除は3ヶ月に1回のペースで

ベランダ

ベランダを掃除する機会はそれほど多くないと思いますが、定期的な掃除をする習慣を始めてみましょう。

排水溝は3ヶ月に1回くらい、季節の変わり目ごとに掃除するように予定を組んでみてください。

とくに目の付く部分はこまめにキレイにして、汚れやすい床や排水溝は一気に掃除する計画を立てておくと、汚れているのを見るたびに「掃除しなくちゃ」と慌てる気持ちも軽減できますよ。