洗面台下の収納スペースは、ついついモノを詰め込んで乱雑になってしまいがち。シャンプーやボディソープの予備、歯ブラシ、掃除用品など、しまいだしたらきりがありません。

今回は、そんなごちゃごちゃしがちな洗面台下をスッキリ収納する方法や、100均を使った収納アイデアをご紹介します。

洗面台下を収納に活かすコツは?

洗面台下収納

洗面台下のスペースには、他の収納棚とはちょっと違った特徴があります。

● 排水パイプがある
● 奥行き、高さがある

最大の特徴といえば、排水パイプ。物を置くときに邪魔になって収納がうまくいかない…と考えている人も多くいると思います。加えて、奥行きと高さがあるので使いこなすのには一苦労です。

洗面台下の収納には上のような特徴があります。これらを知っておくことが洗面台下の収納を有効活用するのには不可欠です。

洗面台下の収納はどうすればいいの?

?

洗面台下の収納を考えるときは、使いやすさや見渡しやすさも大切です。

ついついキレイに収納することに目が行きがちですが、継続してキレイな空間を保つには使いやすいかどうかが重要です。

使いにくいと、ものの出し入れが面倒になり、結局バラバラに散らかってしまうこともあります。

洗面台下の収納方法は?100均グッズを使うアイデアは?

シャンプーの収納

では、洗面台下をスッキリさせるための収納法とは一体どんなものなのでしょうか?いくつかご紹介します。

奥行き・高さを活かす方法

まずは奥行き・高さを活かす方法を考えます。

高さはコ型のラックなどを駆使して2段にするのが鉄則です。そこに100均などのボックスを置くことで、引き出しができ奥のものも取りやすくなります。ボックスはシャンプーのストック、歯ブラシなど、種類別に収納すると便利ですよ。

奥行きは前後で「あまり使用しないもの」と「頻繁に利用するもの」で分けるとさらに使いやすさがアップします。

排水パイプを避ける方法

普通の棚を使いたくても、排水パイプが邪魔をして中々難しいものです。そんな時は伸縮ラックや突っ張り棒が便利です。部分的に排水パイプを避けた収納を作るのがおすすめです。

洗面台下の収納に役立つアイテムは?

100円ショップに売られているものを組み合わせれば、低コストで収納力をアップさせられますよ。

『Belca 洗面台下フリーラック 伸縮タイプ』(伸晃)

洗面台下用のフリーラック。高さや横幅を調整できるほか、棚の部分は取り外しが可能なので、排水パイプにぶつかることもありません。

『アレンジ メッシュボックス』(サナダ精工)

奥行きが広く、高さが低めの引き出しケースはあると便利です。前面に指がかけられるようになっているので、奥にあるものも引き出すのがかんたんです。

『突っ張り棒』(アイリスオーヤマ)

洗面所下の収納で大活躍するのが突っ張り棒です。排水パイプを挟むように奥と手前で2本設置してカゴなどを置けば、スペースを無駄にせず使えます。また、棒にスプレー用品を引っ掛けて使うこともできますよ。

『ウォールポケット』(サキ)

ウォールポケットはトビラの裏に使えば収納力をさらにアップさせてくれるアイテムです。メッシュ素材で通気性があるので水回りにぴったり。

整理整頓のコツ

エコなわざあり

洗面台下の収納には予備をためこみすぎないで

洗面台下の収納

収納グッズを買ってみたけど、「どうにもものがおさまらない…」という人もいるのではないでしょうか?

ものが多いと収まらないのは当たり前で、スッキリ整理するにはストックを最小限に抑えることもポイントです。

シャンプー、洗剤など、ドラッグストアの特売があればついつい予備を多めに買ってしまいますが、「予備は1本まで」とルールを決めることで、それ以上は持たないように意識できますよ。

洗面台下の収納をキレイにして家事を快適に

整理されたタオル

洗面台下をスッキリ収納するポイントは、排水パイプを上手く避けて収納すること、奥行きと高さを活かすことです。

家族全員分のものとなるとけっこうな量になりますが、スペースをうまく使えば、意外とたくさんしまえることに驚くはずですよ。

ついつい何も考えずに物を押し込んでしまいがちな洗面台下ですが、スッキリ収納することで、物を探す余計な手間が省けて家事の時短につながります。一度洗面台下の収納を見直してみませんか?