「どこに置いたかわからない…」「部屋のなかにモノが散らばっている」「使いたいときに取り出せない」など、誰しもが思い当たる悩みではないでしょうか?こうした悩みのほとんどは「収納」がうまくできていないことにあります。収納上手になれたら…なんて思ってしまいますね。

そこで今回は、収納上手になるために、基本の考え方やおさえておくべきポイントについてご紹介します。

収納上手は何が違うの?

おうちにまつわるギモン
「収納する」というのは、モノを「なかに入れてしまう」ことを指します。しかし、やみくもにしまったらどこに何があるかわからなくなっては意味がありません。

収納上手な人は、どこに何を置いたかがわかり、使いたいときにすぐ取り出せて、使い終わったら元の場所に戻せる状態にしています。

だから、収納上手な人のおうちはお部屋が散らかっていないんです。

収納上手になるための基本的な考え方は?

ウォークインクローゼットの使い方
ただどこかにしまっただけでは、「収納上手」とはいえません。きちんと収納できるようになるためには、次の3つの考え方が大切です。

① モノの「いる」「いらない」を見極める

モノが多くては収納できるものもできません。「いらないもの」と「いるもの」を分類することが収納上手になるための第一歩です。

② モノの定位置を決める

どこに何を置くかを決めていないのが散らかる原因です。おうちにあるものすべてに、指定席がある状態にしましょう。定位置は、使いたいと思うときにすぐ手に取れる場所を選んでください。

③ 取り出しやすい入れ方を決める

引き出しや箱に入れるのか、吊るして収納するのか、立てておくのかなど、収納するモノにあわせて入れ方を考えます。「取り出しやすさ」を第一に決めてください。

収納上手になりたい人がおさえるべきポイントは?

居心地のいい部屋
収納上手な人は基本的な考え方と合わせて、次のようなやり方や判断基準をもっています。以下のポイントを参考にして収納を見直しましょう。

モノをすべて出して総量を知る

収納上手な人は、自分の持っているものの量を把握しています。まずはすべてを出し切りましょう。長年使ってないものがわかったり、同じようなものをもっていたりするのがわかりますよ。

不要かどうかは個別に判断する

出し切ったものを一つひとつ要不要の判断をします。大変な作業ですが、最初にこれをやるとその後の収納がとってもラクになります。

モノを出す範囲と判断する時間を短く区切っておくと、ダラダラ作業になりません。時間がないときは、俯瞰して見て不要なものを間引いていくのでも構いません。

とにかく使いやすさを意識する

モノをいつどこでどんなときに使うのかを考えて、収納する定位置を決めます。モノは使うためにあるので、とにかく使いやすさを重視して置く場所を考えましょう。

取り出しやすくするためにグッズを活用する

入れ方を工夫するためには、グッズを活用しましょう。最近は収納に便利なグッズがたくさん出ているので、使えるものはどんどん取り入れることをおすすめします。

収納上手になるために場所別に見直そう

おうちのなかの部屋や場所ごとに収納のコツがあります。ここではおさえておきたいポイントに絞ってご紹介します。

クローゼットの収納

クローゼット
部屋が散らかって見えるのは服が出っぱなしになっているのが一番大きな原因。着替えたら脱ぎっぱなしにせず、クローゼットに収納しましょう。

クローゼット内の収納は、吊るす服とたたむ服にわけて整理します。吊るす収納の下に、衣装ケースなどを置いてそこにたたんだものを入れると整理しやすくなりますよ。

玄関の収納

玄関
玄関は靴をどう収納するかで、印象が大きく変わります。「1日以上履かない靴があれば下駄箱に収納する」など、決まりをつくって靴を出しっぱなしにしないでください。

よく使う靴は手が届きやすい場所において、シーズンオフの靴は靴箱などに入れて上に置くなどすると管理しやすくなります。

押入れの収納

押入れ
押し入れは収納量の最も大きな場所のひとつ。基本的に布団などの寝具を収納していきますが、広いスペースをうまく活用できるとクローゼットに入りきらない服もスッキリまとめられますよ。

押し入れの収納には押し入れ用の衣装ケースを準備すれば有効活用できます。

リビングの収納

リビングルーム
リビングはリモコンやおもちゃなどの小物類が散らかりやすい場所。リモコンボックスやおもちゃを入れる箱など、雑多なものを入れられる定位置をつくりましょう。

洗面所の収納

洗面所
毎日身支度する洗面台は使った化粧品などが散乱しがち。化粧品をまとめるポーチや箱があれば整理しやすくなります。

また、洗面台の下は毎日は使わない掃除道具などをおける収納スペース。洗剤はカゴなどでまとめて入れておきましょう。

トイレの収納

トイレットペーパー
トイレは狭い空間のなかにトイレットペーパーや洗剤などを収納することになります。見せる収納などを活用しながら上手にまとめるのがポイントです。

キッチンの収納

キッチンの収納
キッチンが整理できていると機能的で効率よく料理ができます。食器は手の届きやすい場所にとりあえず置きがちですが、「あまり使わない食器は上」「平皿を立ててしまえるかごを置く」と言った工夫で定位置をつくっておくと散らかりません。

覚えておきたい

エコなわざあり

収納上手は「とりあえずボックス」を用意している!

定位置を決める
毎日使う部屋着や道具などは、置き場所が定まらずに散らかる原因になります。そんなときにおすすめなのが、一時的な物置きカゴを用意しておくこと。

クローゼットの引き出しの上やリビングのテーブル横などにこのカゴを置き、気にせずササッと入れるくらいでかまいません。

あふれそうになったら収納場所に入れるようにすれば片付けもしやすいですし、急な来客でもカゴごと隠せばいいだけなので簡単です。

収納上手になっておうちのなかを居心地よくしよう

リビングのテレビ
収納上手になるためには、収納の基本を知ることが大切です。これだけで、おうちをキレイにするための労力が違ってきますよ。

きちんとした収納ができていれば、日々散らかっていることにイライラすることもなくなりますし、キレイにしなきゃという焦りもなくなりますね。

すぐに片付けられる環境づくりをして、キレイなお家を保っていきましょう。