ぬいぐるみで遊んでいる子供の姿はとってもキュートで心がなごみますよね。ただ、子供がぬいぐるみをなめたり、かんだりしていると、「大丈夫かな…」とハラハラ。安心して見ていられるように、いつも清潔にしておきたいものですね。

そこで今回は、ぬいぐるみをおうちで洗濯する方法をご紹介します。洗濯機で洗えるの?それとも手洗い?といった洗い方の疑問にお答えします。

ぬいぐるみって洗濯できる?洗濯機で洗っても大丈夫?

ぬいぐるみ かご ボックス

ぬいぐるみは一度も洗ったことがない…という人は多いと思います。そもそも、洗ったら形が変わったり、壊れたりしてしまいそうで、洗濯できないと思っている人が多いのではないでしょうか。

でも、やり方次第で、ぬいぐるみをおうちで洗濯できます

洗濯表示 水洗いの可否

それを見極めるには、「洗濯表示」を確認しましょう。洗面器にバツ印がついた「水洗い不可」マークがなければ、おうちで洗濯できます。洗濯機が使えるのか、手洗いがいいのかもこれでわかりますよ。

ぬいぐるみの洗濯に必要なものは?

エマール おしゃれ着 中性洗剤
用意するもの
必須
『エマール』などのおしゃれ着洗剤
洗濯ネット
手洗いの場合
洗面器
バスタオル
あると便利
固形石鹸

ぬいぐるみを洗濯機で洗うために用意するものは、おしゃれ着洗剤と洗濯ネット。日頃おしゃれ着洗剤を使っていたら、あらためて用意が必要なものはありませんね。

手洗いにするなら、洗面器とバスタオルも用意しておいてください。

ぬいぐるみの洗濯機での洗い方は?

洗濯ネット

洗濯表示に洗濯機洗いできるマークが書かれているぬいぐるみは、次の手順で洗いましょう。

装備品を外す

ぬいぐるみの服やリボンなど、脱着できるものはすべて外す。

色落ちテストをする

目立たない部分に洗剤を直接つけ、色落ちしないかチェックする。

洗濯ネットに入れる

洗濯ネットにぬいぐるみを入れ、洗濯槽に入れる。

洗濯モードを選ぶ

「ドライモード」「手洗いモード」などの弱い水流で洗い上げるコースで洗濯すれば完了。

汚れがひどいものは、事前に石鹸でこすって汚れを落としておくとキレイに仕上がります。ただし、石鹸カスが残ってしまうこともあるので、よく洗い流すのがポイントです。

ぬいぐるみの洗い方!手で洗える?

ぬいぐるみをタオルで拭く

洗濯表示に「手洗い」マークがあるぬいぐるみは、次の手順でやさしく洗ってあげましょう。

装備品を外す

ぬいぐるみの服やリボンなど、脱着できるものはすべて外す。

色落ちテストをする

目立たない部分に洗剤をつけ、色落ちしないかチェックする。

洗面器に洗剤を入れる

洗面器に水とその分量に見合った洗剤を入れ、よく溶かす。

ぬいぐるみを押し洗いする

ぬいぐるみを浸け、押したり離したりして汚れを出す。

すすぐ

キレイな水に入れ直してすすぐ。「洗い→すすぎ」のセットを2〜3回繰り返す。

バスタオルにくるんで脱水する

バスタオルにくるんだ状態で洗濯機に移し、30秒ほど脱水だけする。

手洗いが必要なぬいぐるみは、洗濯機で洗えるものよりもデリケートなものがほとんど。できるだけ「手早く丁寧に」を心がけて洗ってあげましょう。

ぬいぐるみはオキシクリーンで洗濯できる?洗い方は?

オキシクリーン日本版

ぬいぐるみはオキシクリーンなどの漂白剤を使うと、よりキレイな仕上がりになります。

オキシクリーンはコストコなどで販売されている洗剤で、シンプルな成分構成のため小さい子供が扱うアイテムにも安心です。

40℃ほどのお湯2Lに対して大さじ1杯(15g)ほどのオキシクリーンを入れ、よく混ぜます。あとはぬいぐるみを入れて30分〜2時間ほどつけて、泡が出なくなるまでしっかり水ですすげば完了です。

色柄はそのままに汚れだけが落ちて、スッキリきれいに仕上がりますよ。

洗濯したぬいぐるみの干し方は?

ぬいぐるみ 吊るす ハンガー

ぬいぐるみは洗濯したら終わりではありません。乾かすときもいくつかポイントがあります。

まずは「平干し」「陰干し」すること。ハンガーなどに洗濯ばさみで固定して乾かすと、中綿が水の重みで下によってしまいます。形を整えて、平干しネットで直射日光の当たらない風通しのいい場所で乾かします。洗濯ネットに入れたまま干すのでもかまいません。

さらに完全に乾く前にブラッシングするのもポイント。毛並みがキレイに仕上がりますよ。

大きさによっても異なりますが、3日前後でなかの綿まで完璧に乾ききります。

ぬいぐるみの洗濯に便利なグッズは?

ここではぬいぐるみの洗濯に使える便利グッズをご紹介します。オキシクリーンはおうちに1つあると重宝しますよ。

『オキシクリーン』

オキシクリーン

出典:楽天

オキシクリーン1.5kgのパックです。ぬいぐるみの洗濯以外にさまざまな衣類の漂白や、掃除にも使えて便利。これ1つあれば何ヶ月かもつのでコスパも抜群です。

『平干しネット 2段』

平干しネット 2段

出典:楽天

平干し用のネットで、フチがついているので洗ったぬいぐるみが転がって落ちた…というトラブルを防げます。2段タイプなので、たくさん干したい人にもぴったりです。

ワンポイント

エコなわざあり

洗濯できないぬいぐるみはどうする?

ぬいぐるみ

「水洗い不可」のぬいぐるみはおうちで洗濯できません。どうしても洗いたい場合はクリーニングに出しましょう

ただ、ちょっとした汚れなら水拭きすれば落とせます。『エマール』などのおしゃれ着洗剤を混ぜた水で濡らしたタオルを固く絞り、表面を拭きます。その後はただの水で固く絞ったタオルで拭き取れば、軽い汚れなら落ちますよ。

ぬいぐるみ全体を水につけられないので、こする程度にキレイにしてあげましょう。

ぬいぐるみを洗濯してキレイにしよう

ぬいぐるみ タンス

ぬいぐるみはおうちで洗濯できるものとできないもの両方があります。まずはこれを見極めることが肝心。

おうちで洗えるものは洗濯機で洗えるもの、手洗いするものどちらも「できるだけ丁寧に」洗ってあげてください。干すところまでが大切ですよ。

キレイなぬいぐるみで子供の遊びも安心して見届けられますね。