ウールはデリケートな素材とはわかっていても、「おうちで洗えないのかな…」と気になっている人は多いと思います。実は、きちんと手順をおさえて洗えば、おうちでも縮んだり硬くなったりするトラブルを起こさずにすむんですよ。

今回はウールを使った衣類を自宅で洗濯する方法についてご紹介します。

「ウール」はどんな特徴の素材?

セーター たたむ

「ウール」とは、羊の毛を編み込んだ糸からつくられた生地のこと

空気を多く含んでいるため温かく、シワができにくいなどの特徴があるので、寒いシーズンの洋服によく使われています。モコモコとかわいらしいニットセーターなどがその代表例ですね。

しかし、温かいという機能をもつ反面、ちょっとしたことで傷んでしまうデリケートな素材でもあります。人間の髪の毛と同じように、洗うときはきちんとケアまでしてあげないと風合いが変わってしまうんです。

洗濯機で洗うと繊維のなかの空気が追い出され、硬くなったり縮んだりとトラブルを起こしてしまうので注意してくださいね。

ウールは洗濯できるの?できないの?

洗濯表示 水洗いの可否

ウールの衣類を自宅で水洗いできるかどうかは、洗濯表示を確認しましょう。

ウールの洗濯表示に「手洗い」マークがあれば、おうちでキレイにできる証拠です。反対に、「水洗い不可」マークがあったらおうちで水洗いはできません。カシミアやシルクなど、希少な繊維が混ぜられたものでなければ、ほとんどはおうちでキレイにできます。

ウールの洗濯表示を確認したら、あとは服に合った方法で洗うだけ。知っておけば縮んで後悔するなんていうこともなくなりますよ。

ウールを洗濯するときは何が必要なの?

エマール おしゃれ着 中性洗剤

用意するもの
必須
『エマール』などの中性洗剤
『レノア』などの洗濯用柔軟剤
洗面器
洗濯ネット

手洗いができるウールでも、いつも使っている『アタック』などの洗濯洗剤を使うと縮みや傷みを引き起こす可能性があります。

できれば繊維に負担の少ない『エマール』などおしゃれ着用の中性洗剤を用意しましょう。冬物の洗濯物はデリケートなものが多いので、1本用意しておくと便利ですよ。

【ウールの洗濯方法】洗濯機で洗うには?

セーター ウール 洗濯機

デリケートな服は洗濯機で洗えないかも…と迷ってしまいますが、実はコース選びで工夫すれば洗濯機任せにしても大丈夫。

「ドライコース」「おうちクリーニング」などデリケートな服を洗うためのコースがあるので確認してみましょう。これは少ない水量で揺するようにやさしく洗うコースで、手洗いマークのついた服向けの機能です。これを使えばデリケートなウール素材の衣類でも洗濯機で洗えます

やり方は簡単で「軽くたたんでネットに入れ、中性洗剤をいれて洗濯する」だけ。ニット類はかなり伸びやすいので、必ずニットに入れて洗いましょう。

ただし、手洗いよりは水に浸かっている時間も長く、目を離した状態が続くので傷む可能性がなくなるわけではありません。初めて洗濯機で洗うときは十分に注意してくださいね。

【ウールの洗濯方法】手洗いで優しく洗うには

洗面器にお湯を入れる

できるだけ風合いを保ちたいウールの服は「手洗い」で洗うのがおすすめ。様子を見ながら洗濯できるので、傷みや縮みなどのトラブルがおこるのを最小限にできます。

ポイントは洗う時間を極力短くすること。洗剤につけるのを5分くらいを目標にやってみましょう。

洗浄液をつくる

洗面器に水を張り、その水量にあわせて洗剤を入れる。

押し洗いする

平たくたたんだ服を洗浄液に入れ、押すように洗う。

洗濯ネットに入れて脱水する

たたんだまま洗濯ネットに入れ、洗濯機に移して30秒ほど脱水する。

洗剤をすすいで脱水する

洗面器に水を張り直し、衣類についた洗剤をすすぐ。再度同じように脱水をかける。

柔軟剤を含ませて脱水する

最後の仕上げに柔軟剤を含ませて脱水すれば完了。

お湯を使ったほうが汚れ落ちはよくなりますが、洗濯表示で「30℃以下の水温で洗う」と指定されているものもあるので、むやみにお湯を使わないように気をつけてくださいね。

ウールの洗濯に役立つグッズは?

大切なウールの洋服は、専用の洗剤で洗ってみるのもいいですね。参考までにここでいくつかご紹介します。

『ブランドケア ウールシャンプー』(ブランドケア)

プロ向けに開発された手洗い用洗濯洗剤で、ウールのほかにカシミアやアンゴラなどの高級繊維も洗えます。縮みも少なく、ノーアイロンでもすぐに着られるすぐれものです。

『ドライニング 衣類用液体洗剤』(ウエキ)

ドライマーク衣料の洗濯に特化した手洗い用の洗剤。デリケートな衣類のお洗濯にはもちろん、襟そでの部分洗い、シミぬきなどがこれ1本で解決します。ヤシ油とオレンジオイル配合で、手肌にも環境にもやさしい洗剤です。

水洗いできないウールはどうする?

スラックスの洗濯表示

水洗い不可のウールは、水や洗剤にかなり弱い性質があるので、無理におうちで洗おうとせず、クリーニングに出したほうが安心です。

クリーニングは、そもそもウールの大敵である「水」や「洗剤」を使わないで服をキレイに仕上げる方法なので、繊維が傷みません。

水洗いできないデリケートな服はプロの力を借りましょう。

覚えておきたい

エコなわざあり

洗濯したウールが縮んだときの対処法は?

セーターの袖

ウールのセーターが縮んだときは、アイロンを使って伸ばしてあげましょう。

アイロン台などの上に置き、少し引っ張って伸ばした状態でまち針で固定します。あとはアイロンのスチーム機能をつかって、たっぷりと水分をふくませるだけ。

冷めて乾くころには、ある程度伸びた状態に戻りますよ。

ウールを洗濯しておしゃれを楽しもう

お出かけ 冬

服のなかでも特にデリケートなウール素材。おうちで洗濯できないからと、出かけるときに選ぶのをためらうこともありますよね。

おうちで簡単に洗えるとわかっていると、コーディネートも気楽に決められ、おしゃれをもっと楽しめますよ。