しなやかで光沢感があり、見た目がキレイなにもキレイなウールのパンツ。スラックスや制服などにもウールはよく使われていますね。

さわり心地がよく、足を通しやすい一方で、デリケートな生地でもあるので、洗濯などの手入れには細かい気づかいが必要なことも。

ここでは、ウール素材でできたパンツをおうちで簡単に洗濯する方法をご紹介します。

ウール素材のパンツは洗濯してもいいの?

洗濯表示 水洗いの可否

そもそも「ウール」は強い水流でもまれたり、合わない洗剤を使ったりすると縮みなどを起こすデリケートな素材です。

ただ、どれくらいデリケートなのかはパンツごとでバラバラ。ほかにどんな繊維が織り込まれているかによっても大きくことなります。

なので、最初にパンツの洗濯表示を確認しましょう。「水洗い不可」のマークでなければおうちで洗えると考えて大丈夫。普段着で使うものであれば、ほとんどに手洗いマークがついているはずです。

手洗いマークがついているものも、コース選び次第では洗濯機で洗えることがあるので、しっかり洗い方を確認していきましょう。

ウールパンツの洗濯に必要なものは?

洗濯グッズ 道具

用意するもの
必須
『エマール』などの洗濯用中性洗剤
洗濯ネット
あると便利
洗面器
柔軟剤

ウールパンツは『エマール』や『アクロン』などの洗濯用中性洗剤を使えば縮ませることなく、キレイに洗えます。これらの洗剤は別名「おしゃれ着用洗剤」とも呼ばれ、素材に負担をかけずに汚れを洗い流せるのが特徴で、仕上がりのトラブルが少なくなります。

あとは強い水流から洋服を守るための洗濯ネットを用意すれば準備は完了です。

ウールパンツの洗濯の仕方!

ウールのパンツをおうちで洗濯するには「洗濯機で洗う」か「手洗いする」の2種類の方法があります。

「手軽にやりたい、手間を省きたいときは洗濯機」「できるだけ型くずれやシワを防ぎたいときは手洗い」と使い分けるといいですよ。

洗濯機で洗う

洗濯ネットで洗う

「手洗い」表示のウールパンツでも、「手洗いコース」「ドライコース」などのやさしい水流で洗う機能を活用すると、洗濯機でも素材を傷めずに洗えます。

洗濯機任せでいいので、簡単2ステップでできちゃいますよ。

たたんでネットに入れる

汚れた場所が外側になるようにたたみ、洗濯ネットに入れる。

手洗いコースで洗う

中性洗剤をいれ、やさしく洗えるコースを選ぶ。

基本はこれだけ。柔軟剤を入れると仕上がりがもっとキレイになりますよ。

手洗いする

洗濯 手洗い つけおき洗い

できるだけ長持ちさせたいときは手洗いするのがおすすめ。ウールパンツに無理な力がかからないように「できるだけやさしく」を意識してやってみてくださいね。

洗浄液をつくる

シンクや洗面器に水を張り、水量にあわせて中性洗剤をいれる。

押し洗い

ウールパンツを入れ、手のひらで押したり浮かしたりする。汚れを水に溶かしだすイメージで。

すすぐ

水を2〜3回入れ替え、押し洗いの要領で泡が出なくなるまですすぐ。

脱水する

たたんで洗濯ネットに入れ、洗濯機に移して10秒ほど脱水する。

柔軟剤に浸す

仕上がりをよくするため、柔軟剤を少量溶かした水に浸す。ネットに入れたままでOK。

脱水

もう一度、洗濯機に移して30秒ほど脱水したら完了。

汚れがひどい場合は、液に15分ほど「つけおき洗い」をしてから押し洗いをすると汚れ落ちがよくなります。

ウールパンツは洗濯後のケアが不可欠

スーツをアイロンがけする

ウールパンツを洗濯したあとは、シワや型崩れが残らないように干して乾かすのが大切。干す前に少し工夫しておくだけで新品のような姿に戻せますよ。

裾から吊るす

ピンチハンガーなどを使って裾が上側、腰の部分が下側にくるよう逆さに吊るす。重力で自然とシワが伸びる。

形を整える

吊るした状態でシワがついた部分などの生地を手で引っ張り、形を整える。

干す

一日ほど干してしっかり乾燥させたら完了。

残ったシワは、あて布をして低温のアイロンをかけると元通りキレイになります。アイロンを使えば、取れてしまった折り目もピシッとつけられますよ。

洗濯後のウールパンツをキレイに保つコツ

ウールのパンツは頻繁な洗濯はむずかしいので、一度洗濯したらキレイな状態を一日でも長く保ちたいところ。

普段のケアで臭いや汚れを取れやすくできるので次の方法を取り入れてみてください。

蒸気でシワ・臭い取りをする

アイロンのスチーム

ウール生地はアイロンの蒸気をあてると膨らみ、シワが取れながらもとに戻る性質があります。ハンガーにかけたところにたっぷりと蒸気を当てるだけでアイロンをかけたかのような効果があります。

また、蒸気は汗の臭いを取り除く効果も。汚れが気になる場合でも蒸気を使えばスッキリ!

干して休ませる

スラックス

一日着たパンツは一日以上吊り干しにして休ませましょう。繰り返し使っているとシワが付きやすくなる上、汗などの湿気も取れず、イヤな臭いなどの原因になります。

スーツのスラックスなどは2枚以上持って、交換しながら着回すといいですね。

覚えておきたい

エコなわざあり

洗濯できないウールパンツはどうする?

クリーニングしたスーツ

スラックスなど「水洗い不可」マークがついたウールのパンツは、おうちで洗濯すると縮みなどのトラブルを起こしてしまいます。

不安なまま洗濯するよりも、クリーニングに出すのが安心です。

クリーニングであれば臭いや汚れもスッキリ取り除ける上に、折り目までつけてくれます。こまめに出す必要はありませんが、年に1〜2回出せれば整った状態が長続きしますよ。

ウールパンツは洗濯で新品同様に!

スラックス

ウールパンツは洗濯がむずかしそうなアイテムですが、おうちでも十分キレイにできます。

洗濯したあとはシワにならないように干し、アイロンをかけて整えてあげれば新品と見間違えるくらいの仕上がりにできます。

おうちで汚れが落とせるとわかれば、気になったときにすぐ洗えますね。パンツもキレイに保たれて、長持ちしますよ。