光沢のある素材を使った衣類は普通に洗濯していいものか悩みますよね。

なかでも「キュプラ」という見慣れない繊維を使った衣類は、どれくらい気を使えばいいか不安になるもの。

今回はキュプラの性質やおうちでの洗い方、シワへのアイロンのかけかたについてご紹介します。ポイントさえおさえれば光沢や肌ざわりを損ねることなくキレイにできますよ。

「キュプラ」ってどんな素材?

洗濯乾燥機

キュプラとは、綿を溶かしてとれるセルロースという素材でつくられた「再生繊維」の一種です。同じ再生繊維であるレーヨンと近い性質を持っています。

キュプラは摩擦に強いので裏地に使われることが多く、シルクのようにやわらかくて光沢があるのが特徴です。

キュプラは洗濯できる?

手洗いできる

キュプラは見た目に美しく、摩擦にも強いのですが、水に濡れると縮みやすいという特徴があります。水に対してはデリケートな素材なので、ほとんどは「手洗いマーク」が記載されているはずです。

まずは洗濯表示を確認し、手洗いが適していることを確認してから洗いましょう。

洗濯表示 水洗い不可

衣類によっては水洗いできない素材が組み合わさっていることもあるので、水洗い不可の表示がないかどうかもきちんと確認してくださいね。

キュプラを洗濯するときに必要なものは?

エマール おしゃれ着 中性洗剤
用意するもの
必須
『エマール』などの中性洗剤
『レノア』などの洗濯用柔軟剤
洗濯ネット
タオル

キュプラはデリケートな素材なので、使う洗剤はおしゃれ着用の中性洗剤を選びましょう。汗の皮脂汚れなどを落とす分には中性洗剤でも十分キレイにできますよ。

仕上がりをよくするための柔軟剤、脱水のときに使う洗濯ネットを用意すれば準備は完了です。

キュプラの洗濯は手洗いが基本

手洗い

キュプラは強くこすり洗いするのも生地を傷める原因になるので、洗濯するときは「押して汚れを水に溶かしだす」ことをイメージしながら取り組んでみましょう。

シンクに洗浄液をつくる

シンクに水を張り、水量にあわせたおしゃれ着用洗剤を溶かす。

洋服を液に浸す

軽くたたんで洗濯ネットにいれたら、つくった洗浄液にいれる。

押し洗いする

服をいれたらすぐに手のひらで押したり離したりを繰り返し、30秒ほど続けて汚れを溶かし出す。

脱水する

取り出したらそのまま洗濯機の脱水にかける。10秒ほどかければ十分。

すすぐ

シンクの水を交換し、押し洗いしたときと同じ要領ですすぐ。2回ほど水を交換してすすげばOK。

脱水する

形を整え、もう一度洗濯機に移して10秒ほど脱水にかける。

柔軟剤で仕上げる

最後に、シンクに柔軟剤を溶かした水を用意し、10秒ほど浸して再度10秒ほど脱水する。

タオルドライ

バスタオルなどの大きめのタオルに洋服を置いて挟み込み、残った水分を吸い取る。

あとは表示に従って干せば完了です。都度脱水を挟むのでステップが多く感じるかもしれませんが、水に弱いキュプラを洗濯するためには必須のステップなので省かないようにしてくださいね。

キュプラの服を洗濯するのにおすすめの洗剤

キュプラなどのデリケートな生地が使われた服をおうちで洗うには「おしゃれ着洗剤」とよばれる作用のおだやかな洗剤が必要です。

ひとつあるとお気に入りの服を洗うのに重宝しますよ。ここではおすすめの洗剤を2つご紹介します。

『エマール』

CMなどでおなじみの「エマール」はウールなどのデリケートな繊維もラクラク洗濯できるのが特徴。

近くのドラッグストアなどでも手に入るので、すぐに洗濯したい服がある場合におすすめです。

『THE LAUNDRESS(ザ・ランドレス) 』

お気に入りの服は洗剤にもこだわりたい!という人におすすめなのが、ニューヨーク生まれの「ザ・ランドレス」。シルクやレースなどデリケートな服もやさしく洗い上げてくれます。

ほかにもジーンズ用の洗剤、強力な漂白剤などのシリーズがあるので揃えるのも楽しいですよ。

キュプラを洗濯するときは、シワに注意!

デリケートなキュプラの繊維を傷めずキレイに洗い上げるためには、次の2点を意識しましょう。

できるだけ短時間ですませる

待つ 時間をかける 時計

キュプラは水に濡れるとシワがよったり縮んだりする性質があります。水に濡れた時間を最小限にするため押し洗いするのは30秒ほどにし、こまめに脱水しましょう。

ひどい汚れでなければ短時間ですませても問題なくキレイにできますよ。

お湯は使わない

シンク 蛇口 お湯 

汚れ落ちがよくなりそうでついお湯やぬるま湯を使いたくなりますが、これも要注意。

お湯を使うと傷んでしまう可能性があるので、洗うときは30℃以下の水を使うようにしましょう。

洗濯できないキュプラの服はどうする?

クリーニング

水の入ったたらいにバツ印のついた「水洗い不可」マークのついた洋服はおうちでは洗濯できません

汚れが気になるときはクリーニング店で相談するのがおすすめです。ドライクリーニングは水をまったく使わないので大切なキュプラ生地でも安心。

ふだんの手入れでは汗ジミなどをこまめに濡れタオルで叩いて取り除くようにしましょう。こまめに手入れできれば着る度にクリーニングに出さなくてもキレイな状態を保てますよ。

キュプラのシワはアイロンをかけてもいいの?

アイロンとあて布

キュプラはシワができやすいので、普段使いをしているだけでシワができてしまうこともあります。また、洗濯してシワができてしまったときも、アイロンをかけていいのかと迷うかもしれませんね。

ただ、デリケートな素材なので、高温で直接アイロンをあてる、といったこと控えた方が安心です。あて布をかけて、アイロンを低温から中温の間に設定し、シワができた部分は少し時間をかけてアイロンをかけましょう。

水洗いできるものは、スチームアイロンをかけるのもいいですね。

キュプラの服も洗濯をしてシワを伸ばそう

洗濯

キュプラを使った衣類は高価なものも多く、洗濯するときは気を使いますね。基本的には洗濯表示にそって手洗いにすれば大丈夫です。光沢を失うことなく手軽にキレイにできますよ。

もちろん不安があったらクリーニングに出すのも問題ありません。適切に手入れできればお気に入りの洋服がずっと着られますね。