洋服にアイロンををかけようと思っても、うまくシワが伸びない…失敗してテカっちゃった…など、悩みはつきないですよね。アイロンのかけ方は実は「最初」が肝心で、この確認をおこたるとキレイに仕上がりません。

そこで今回は、アイロンのかけ方のポイントや、洋服別の手順などをまとめてご紹介します。

アイロンのかけ方は服によって違う?

アイロン シワ
アイロンのかけ方は、どんな衣類でも基本的には同じで、次の方法で行います。

①洗濯表示を確認する
②温度を設定する
③ゆっくり大きく一方向にかける
④熱や水分がなくなるまでハンガーにかける
⑤たたむ

ただ、服の種類や素材によって洗濯表示が違うので、それぞれにあわせて温度を調整したり、ひと工夫加えたりする必要があります。

①でしっかりと洗濯表示を確認しておけば、デリケートな素材に高温でアイロンをかけてしまってテカった…なんて失敗を減らせますよ。

アイロンのかけ方の基本は?

シャツ アイロン アイロン台
アイロンをかけるときは、自分流でやっている人が多いと思いますが、基本的なやり方があります。

すでにやっている人もいると思いますが、普段のやり方と比べながら、アイロンがけの基本を覚えましょう。

あいている手を活用する

右利きの人は左手を、左利きの人は右手を使って服をなでながらアイロンをかけるとシワがのびやすくなります。

縫い目は引っ張りながらかける

ボタンや襟など、縫い目の部分はアイロンをかけてるあいだにも少しずつ縮んでクシャッと折り目がつきやすくなります。引っ張りながらアイロンをかけるとシワが少なくなります。

一方向へ動かす

アイロンは尖っているほうを前にして、一方光に向かってすべらせます。ジグザグにかけるとシワができるので注意してください。

あて布をうまく活用する

ウールやシルクなど、テカリが気になるデリケートな素材にアイロンをかけるときは大きめの綿のハンカチがあると生地のダメージを減らせます。

アイロンのかけ方 〜洋服別〜

ここではアイロンのかけ方をいくつかのアイテムにしぼってご紹介します。

シャツ

アイロン シャツ 洗濯 乾燥

袖口

袖の内側を広げ、外から内に向かってかける。袖の外側もかける。

右袖と左袖

袖を伸ばして形を整え、脇から袖口に向かってかける。

右肩と左肩

アイロン台の細くなっている部分にシャツの肩をのせてアイロンをかける。

右前身頃

脇の縫い目を肩に向かってかけ、次にボタンの間に向かってかける。

後ろ身頃

背中の部分は広いので半分ずつかける。裾(すそ)から肩に向かってかける。

左前見頃

右前身頃と同じようにアイロンをかける。ポケットは外から内に向かってかける。

左右から中央に向かってかける。熱いうちにハンガーにかけて第一ボタンをしめておく。

ニット・セーター

ニットセーター ウール

あて布をする

ニットやセーターの上にあて布をのせる。

スチームに設定する

ニットやセーターはスチームで水分を含ませるとふっくら仕上がる。

全体にスチームをかける

あて布から1cmほど浮かせ、全体にまんべんなくスチームアイロンをかけていく。

襟や袖を重点的にかければ完了

襟や袖を最後に重点的にあてれば完了。

アイロンのスチーム機能は、洗濯して縮んでしまったセーターなどにも使えます。スチームをたっぷりふくませ、少し引っ張てから乾かすと元の大きさとまではいきませんが、調整できます。

ズボン・スラックス

ズボン

あて布をする

ズボンの上にあて布広げてのせる。

腰回りにバスタオルを入れる

腰回りに4〜5つ折りのバスタオルを入れる。

形を整える

右足と左足の部分を重ね、裾を引っ張って形を整える。

アイロンをかける

片足分を持ち上げ、内側からアイロンをかける。同様に反対もすれば完了。

プリーツスカート

スカート

クリップで折り目を固定する

プリーツの折り目をクリップで留めて固定する。

あて布をする

プリーツスカートの上に当て布を広げる

アイロンをかける

折り目を押さえながら、裾からウエストに向かってアイロンをかける。

クリップを外すと完了

留めていたクリップを全て外せば完了。

あとはしっかり熱と水分がなくなってからたたんで収納しましょう。

ネクタイ

掛けたネクタイ

アイロンを中温に設定する

アイロンを中温に設定する。ネクタイにあて布をかぶせ準備。

スチームを当てる

あて布の上からさらにアイロンを浮かせてスチームをあてる。

形を整える

手でやさしくシワを伸ばし形を整える。②と③を繰り返す。

アイロンの熱で乾かす

スチームを切って、アイロンを浮かせたまま熱で乾かしていく。

キレイに仕上げるアイロンのかけ方は?

バスタオル
アイロンの仕上がりをよくするためにはいくつかテクニックがあります。

生乾きでかける

アイロンは生乾きの状態でかけるとキレイにシワを伸ばせます。完全に乾いている状態よりも水分を含んでいるので、伸びやすく形が整えやすいんですよ。

ラップの芯やタオルを使う

シャツの腕についたボタンや胸元のボタンはただアイロン台のうえで作業してるだけではぺたっと仕上がってしまいます。ラップの芯やバスタオルなど、丸みのあるものを入れてアイロンがけすると立体的に仕上がりますよ。

アイロンのかけ方を覚えて洋服をパリッと仕上げる!

アイロンがけ
アイロンはテクニックが必要そうなイメージがありますが、それほどむずかしくないですよ。

洗濯表示を確認しておけば、大失敗!なんていうことはありません。温度調節をして、衣類にあわせてひと工夫しながらアイロンをかければパリッと仕上がりますよ。

洋服にシワがなく仕上がっていると、日々コーディネートを考える時間も気分が上がりますよ。