履きやすく動きやすいので、スニーカーを毎日履いているというママは多いのではないでしょうか。また、子供がよく履くおうちも多いですよね。でも、よく見ると雨のシミや泥などで汚れていませんか?

天気のいい日を見つけて洗うと、明日からまた毎日気持ちよく身につけられますよ。これから紹介する洗い方を参考に、ぜひスニーカーの汚れを落としてみてください。

スニーカーを手洗いするときに使う道具は?

ブラシ 掃除
用意するもの
必須
『アタック』などの液体洗剤
靴洗いブラシ
バケツ
あると便利
石鹸
タオル

スニーカーの洗い方は「手洗い」が基本です。バケツや洗面器に水かお湯を入れてジャブジャブと洗います。

汚れをこすり落とすブラシは靴専用のものがあれば完璧ですが、なければおうちにあるものでもOK。できるだけ毛の硬いブラシならへたらずに汚れを落とせますよ。

スニーカーの洗い方!手洗いの基本は?

靴 スニーカー 洗濯

まずは素材をチェックして洗い方を確認しましょう。布ならゴシゴシ洗っても大丈夫ですが、革などはデリケート。素材にあわせて洗い方を変えてくださいね。

靴紐を外し、ゴミを取り除く

泥などの目に見えるおおまかな汚れをブラシで簡単に落とす。

汚れの気になるところに洗剤をつける

とくに汚れのひどい場所に『アタック』などの洗濯洗剤を染み込ませる。

洗浄液をつくる

バケツにお湯をため、水量に応じた洗濯洗剤を加え、よくかき混ぜる。

つけおき洗いする

外した紐と靴をまとめて1時間ほど浸ける。しっかり沈めるのがポイント。

ブラシでこする

汚れを重点的にブラシでこすり落とす。必要に応じて石鹸を使う。

すすぐ

泡が出なくなるまでしっかりとすすぐ。

終わったらタオルで水分を取るか、洗濯機で脱水にかけて乾燥させれば完了です。泥汚れがひどいときは、ブラシでこすった後に、ウタマロ石鹸などを直接塗って揉み洗いすると、汚れが落ちやすくなります。

スニーカーの簡単な洗い方は?

運動靴ランニングシューズを洗濯する

実はスニーカーのなかには、洗濯機で洗えるものもあります。革などの素材だと傷むことがありますが、布製のスニーカーなどは問題なく洗えます。まずは高価でないものから試してみるといいですよ。

やり方は簡単で、紐を外して外側の泥や砂を落としたら、靴専用ネットに入れ、ふだん通りに洗濯するだけです。

自宅の洗濯機だと不安な場合は、コインランドリーに置いてある靴専用の洗濯機を使うのもおすすめ。乾燥機能もあるので、「洗ってもなかなか乾かない…」と、履きたいときに履けないイライラもなくなります。

スニーカーの洗い方が悪い?!洗っても臭う原因は?

靴 乾燥

靴を洗って、何回か履いたときに「何か臭う…」と感じたら、「乾燥のやり方」に問題があるかもしれません。服と同じように、湿った状態が長く続くと菌が繁殖し、生乾きのイヤな臭いがでてしまいます。

乾燥のポイントは、「できるだけ時間をかけずに乾燥させる」こと。できるだけベランダなど風通しがよい場所に干し、かかとが下、つま先が上にくるように少し斜めにして干すとよく乾きます。

靴用の乾燥機を利用するのもいいですね。

スニーカーを手洗いせずにすむ方法はある?

スニーカー 防水 スプレー

スニーカーの掃除は手間がかかってなかなか大変と感じる人もいると思います。できるだけ洗う手間を省くためには、ふだんの扱いから見直すのがよいかもしれません。次のポイントを押さえて汚れがつきにくい状態を保ちましょう。

同じ靴を毎日履かない

何足かの靴を履き回すのがポイント。人は1日で大量の汗を足の裏からかくため、毎日履くと湿った状態が続いてしまいます。1日履いたら1日休ませて湿気を飛ばすと、毎日気持ちよく履けます。

こまめにケアする

雨の日に泥が付いたら乾く前にブラシで落とす、臭いが気になってきたら外に干すなど、日々のひと手間が洗いの回数を減らしてくれますよ。

撥水スプレーをかける

「撥水(はっすい)スプレー」をスニーカーに吹き付けておくのも効果的です。ある程度、泥などの汚れをはじいてくれます。ただ、完全に汚れがつかないものではないので注意してください。

スニーカーの洗い方を楽にするアイテムは?

スニーカーを洗うには、便利なアイテムがたくさん販売されています。子供がよく汚してくるなど頻繁に洗う機会があればセットをそろえておくのもいいですね。

『jason markk 4 OZ. PREMIUM KIT』(JASON MARKK)

スニーカーにこだわりのある人に人気のケアアイテム。そのプレミアムキットです。おしゃれなブラシと洗剤が入っていて、ちょっとした掃除も楽しくできますよ。

『ズックリン』(キィウイ)

スニーカーや上履き用の洗剤で、ミクロサイズの細かな粒子が配合されているので、染み込んだ汚れまでかき出してくれます。

『わんぱくシューズブラシ』(マーナ)

スニーカー掃除に使えるブラシです。持ち手には細かな場所も掃除できるブラシがついています。力を入れやすい形状なのでガンコな汚れもスッキリと落とせますよ。

『アメダス(2000) 防水スプレー』(columbus)

スニーカーを洗う手間を省くのに欠かせない防水スプレーです。雨の多い時期の前などに吹き付けておくと汚れ防止効果を実感できますよ。

スニーカーの洗い方を覚えて、キレイなままおでかけを楽しもう

スカート 靴 服 お出かけ 身支度

スニーカーの汚れはガンコになりやすく、洗うのが大変ですね。

丈夫な生地のものは洗濯機でも洗えるので、適度に力を抜きつつ、定期的に洗うとキレイな状態をムリなくキープできます。

お出かけがもっと楽しくなりますよ。