雨にあたってシミができた…子供と遊んでいる途中で土がついた…など、靴が汚れた経験は誰しもあると思います。ただ、靴を洗うのは日常的にするものでもないので、どうやって洗っていいか迷うこともあると思います。

そこで今回は、靴の基本的な洗い方やキレイに汚れを落とすポイントなどをまとめてご紹介します。

靴を洗うときは「素材」をチェック!

子供 靴 下駄箱


一口に「靴」といっても、丈の長さや装飾の有無など特徴はさまざま。それらの特徴のなかでも、靴を洗う場合には「素材」がとても重要になってきます。

実は靴の洗い方は、素材のちがいによって大きく2通りしかないんです。1つはコンバースなどの靴に代表される「布」、もう1つは「それ以外」です。会社に出かける革靴や、おしゃれなスエード素材、エナメル素材などの靴がこれに当たります。

この洗い方さえ見極められれば、失敗する確率は格段に下がるんですよ。

靴を洗うのに使う道具は?

洗面器 アタック ワイドハイター


用意するもの
布製の靴を洗う場合
『エマール』などの中性洗剤
洗面器かバケツ
ブラシ(歯ブラシでも可)
それ以外の靴を洗う場合
革靴用のクリーナー
ブラシ(歯ブラシでも可)
タオル

靴を洗うときに使う洗剤は『エマール』などの中性洗剤がおすすめ。素材に負荷をかけずに洗えます。

落ちにくい泥汚れなどがついている場合は、『アタック』などの弱アルカリ性洗剤を使うと汚れ落ちがいいですよ。

【靴の洗い方①】「布製」の場合はどうやって汚れを落とす?

オキシクリーンで靴洗い


基本の流れは「固形汚れの除去→つけおき→染み抜き→すすぎ」です。それぞれくわしく見てみましょう。

コンバースなどの布製のスニーカー、子供の上履きや運動靴などはこの方法で洗えます。

固形の汚れを取り除く

まずはブラシを使って土などの固形汚れを取り除く。

水で濡らして洗剤をすり込む

汚れを落としたら洗面器かバケツにぬるま湯をため、洗剤を溶かして靴を1〜2時間つける。

染み抜き

汚れや輪ジミなどが残っている場所を重点的にブラシでこする

すすいでヌメリをとれば完了

キレイな水で洗剤のヌメリをすすぎ落とせば完了。

スニーカーは何かとシミが残りやすいので、洗剤によく浸して汚れをふやかすのがポイントですよ。

【靴の洗い方②】「布以外」でできた靴の基本的な洗い方は?

革靴 


ナイキやニューバランスなどの合成皮革でできたスニーカーや革靴、スエードの靴などは布製のもののように水でジャブジャブ洗うのはNG。素材がデリケートなので慎重に扱う必要があります。

ブラシでこすって汚れを取り除く

形がくずれないようにタオルやシューキーパーを入れてから、ブラシで軽くこすって固形汚れを落とす。

やわらかい布でこする

クリーナーをかけ、やわらかい布でこすっていまついているクリームや汚れを拭き取る。

革靴用のクリーナーをつける

しっかり拭き取れたら革靴用のクリーナーをタオルにつけ、靴をまんべんなく拭き上げれば完了。

靴を洗ったあとはどうする?

靴の洗濯


靴を洗ったあとは干して乾かします。シューキーパーを入れて形を整えながら乾かすと型崩れしませんよ。

基本は、陰干しで「つま先を上、かかとが下」になるように干すのがポイントです。つま先を下にすると型崩れしたり、乾きにくかったりします。

完全に乾いたら防水スプレーなどで雨対策をし、再度陰干しで完全に乾けば完了です。

靴を洗わないですむ方法はある…?

靴 雨 泥 


靴を洗うのはどうにも面倒なので、洗わなくてもいいものならそれが1番いいですよね。

靴の洗濯は普段からのちょっとした工夫で回数を減らせますよ。具体的には次のようなことをすると、汚れがつきにくかったり、ニオイがつきにくかったりします。

● 雨の日用の靴(レインブーツなど)を用意する
● もし普段使いの靴が雨に濡れたらすぐに乾かす
● 中敷きを忘れずに入れる
● 1日履いたら1日乾かす
● 1週間に1回は防水スプレーをかける

靴の洗うのに使える便利グッズはある?

靴を洗うときに使える便利グッズはたくさん販売されています。ここでいくつかご紹介するので、参考までに確認してみてください。

『ウタマロ石けん』(東邦)

緑色が特徴的な『ウタマロ石けん』は、ガンコ汚れをスッキリ分解する洗濯石鹸です。白い生地を一層明るくしてくれる「蛍光増白剤」が配合されているので白物の洗濯にピッタリ。泥汚れも落とせて、公園で遊んで泥んこになってきても、この石けんがあればキレイにできます。

『シュークリーニングキット』(ジェイソンマーク)

スニーカー専用の洗剤とブラシがセットになったお手入れキットです。革などのデリケートな素材でも洗えるので、素材を選ばず使えます。シンプルなデザインなので玄関先にも置きやすいのがうれしいポイント。気になったときにすぐ掃除できますね。

『アメダス(2000) 防水スプレー』(コロンブス)

スニーカーを汚れや雨水から守る防水スプレーです。洗ったあとのスニーカーに吹き付けておけば、キレイな状態を長くキープできますよ。

『日本製シューズハンガー くっつん』(エヌケープロダクツ)

靴の水切りに使えるシューズハンガーで、つま先を上に向けて吊り下げられます。洗うだけでなく、履いた次の日の乾燥にも使えますよ。

靴の洗い方を覚えて天気の良い日に洗おう

靴の整理 スニーカー パンプス


靴を洗うのは少し面倒そうに感じるかもしれません。しかし、「固形汚れ→シミ汚れ」の順で落としてあとは乾かすだけとそれほどむずかしいものではありません。

靴を洗えば足下からおしゃれをより楽しめるだけでなく、きっと足の運びも軽くなりますよ。