雨にあたってシミができた…子供と遊んでいる途中で土がついた…など、靴が汚れた経験は誰しもあると思います。ただ、靴を洗うのは日常的にするものでもないので、どうやって洗っていいか悩ましいですよね。

そこで今回は、靴の基本的な洗い方やキレイに汚れを落とすポイントなどをまとめてご紹介します。

靴を洗うときは「素材」をチェック

子供 靴 下駄箱


ひとえに靴といってもさまざまな種類がありますよね。まずは靴を洗う前にどんな素材の靴なのか確認から始めましょう。

靴を洗う場合は、大きく2つのうちのどちらかが見極められればOK。1つはコンバースなどの靴に代表される「布」、もう1つは「それ以外」で、会社に出かける革靴や、おしゃれなスエード素材、エナメル素材などの靴が当てはまります。

この「布製」か「それ以外」かで洗い方が少しかわってきます。

靴を洗うのに使う道具は?

桶 おけ 洗面器 洗濯


素材がどれかにかかわらず、次のような準備が必要です。洗剤にはいくつか種類があり、靴用の洗剤を選んでおけばOKです。もし足りないものがあれば都度買い足していきましょう。

用意するもの
必須
桶やバケツ
靴用の洗剤
ブラシ
ゴム手袋

靴別の洗い方のコツまとめ!

では、それぞれの靴をどういった手順で洗い始めるのか見てみましょう。基本は「固形汚れを取り除く→細かい汚れを取り除く→しみ抜き→すすぎ」の順番で考えます。

ここでは具体的に布製品の「スニーカー」とそれ以外の素材の「革靴」を例にステップをご紹介します。

スニーカー

スニーカー


スニーカーは何かとシミが残りやすい靴です。特に白い靴はしょっちゅう汚れると思います。洗剤によくつけて汚れをかき出すのがポイントですよ。

固形の汚れを取り除く

まずはブラシを使って土などの固形汚れを取り除きます。

水で濡らして洗剤をすり込む

汚れを落としたら、おけに水かぬるま湯をため洗剤を溶かして靴をつける。

靴を洗剤につけおく

染み込むように靴をつけおきにする。

すすいでヌメリをとれば完了

時間がたったら洗剤のヌメリをすすいで完了です。

革靴

玄関 スツール 革靴 ブーツ


革靴などは素材がデリケートなので慎重に扱う必要があります。

シューキーパーを入れ、革用ブラシでこすって汚れを取り除く

形がくずれないようにシューキーパーを入れてから、ブラシでこすって固形汚れを落とす。

やわらかい布でこする

やわらかい布でこすっていまついているクリームと汚れをどちらも拭き取る。

靴クリームをつけて

しっかり拭き取れたら革靴のクリームを新たに塗る。

撥水スプレーをかければ完了

撥水スプレーをかけて雨予防すれば完了。ゴミもつきにくくなる。

靴を洗ったあとはどうする?

靴 スニーカー 洗濯 干す


靴を洗ったあとは干して乾かします。シューキーパーを入れて形を整えながら乾かすと型崩れしませんよ。

基本は、陰干しでかかとが下になるように干すのがポイントです。つま先を下にすると型崩れする可能性があります。

完全に乾いたら防水スプレーなどで雨対策をし、再度陰干しで完全に乾けば完了です。

靴の洗うのに使える便利グッズはある?

靴を洗うときに使える便利グッズはたくさん販売されています。ここでいくつかご紹介するので、参考までに確認してみてください。

『くつクリーナー スプレー泡タイプ』(おひさまの洗たく)

泡で靴に吹き付けられるクリーナーです。光と化学反応を起こして、しつこい汚れとニオイを分解してくれます。

『楽洗い ダブル シューズブラシ』(アイセン工業)

靴の汚れ落としに使えるブラシです。持ち手の先端にはヘラがついているので汚れ落としにも便利。洗剤をつけてゴシゴシこすりましょう。

『日本製シューズハンガー くっつん』(エヌケープロダクツ)

靴の水切りに使えるシューズハンガーで、つま先を上に向けて吊り下げられます。洗うだけでなく、履いた次の日の乾燥にも使えますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

靴を洗わないですむ方法はある…?

ブーツの整理 靴

靴を洗うのはどうにも面倒なので、洗わなくてもいいものならそれが1番いいですよね。

靴の洗濯は普段からのちょっとした工夫で回数を減らせますよ。具体的には次のようなことをすると、汚れがつきにくかったり、ニオイがつきにくかったりします。

● 雨の日用の靴(レインブーツなど)を用意する

● もし普段使いの靴が雨に濡れたらすぐに乾かす

● 中敷きを忘れずに入れる

● 1日履いたら1日乾かす

● 1週間に1回は防水スプレーをかける

靴の洗い方を覚えて天気の良い日に洗ってみよう

晴れの日


靴を洗うのは少し面倒そうに感じるかもしれません。しかし、「固形汚れ→シミ汚れ」の順で落としてあとは乾かすだけとそれほどむずかしいものではありません。

靴を洗えば足下からおしゃれをより楽しめるだけでなく、きっと足の運びも軽くなりますよ。