玉ねぎのまとめ買いが安いからと、大量に買ってしまうことってありますよね。そんなときに気になるのが、玉ねぎの賞味期限。いつまでに食べなきゃいけないのかを考えなければいけませんよね。

今回は玉ねぎの賞味期限や、冷蔵庫や冷凍庫内での保存期間など日持ちさせるコツについて説明します。

玉ねぎの賞味期限はどれくらい?

玉ねぎ 保存

玉ねぎは、湿度に弱く、温度が低い環境を好むので、風通しがよく日の当たらない場所で常温保存するのが基本です。

最適な環境で、ネットなどに入れて吊るしたり新聞紙にくるんでダンボールに入れたり湿気対策をして保存すれば、賞味期限は2ヶ月くらいもちます。

ただし、気温が高い夏場に常温保存するのはNGです。玉ねぎが傷んでしまうので、新聞紙などにくるんだ上で冷蔵庫に入れましょう。その場合の賞味期限は1ヶ月ほどです。

カットした玉ねぎの賞味期限は?保存方法で日持ちが変わる?

玉ねぎ 薄切り 切り方 繊維を断つ

丸ごとの玉ねぎなら常温保存や冷蔵庫保存で長持ちするのがわかりましたが、カットしたあとの玉ねぎはどうでしょうか?

カットすると空気に触れる面が触れるので賞味期限も短くなってしまいます。次のように保存することでできるかぎり日持ちさせられますよ。

カットした玉ねぎを冷蔵保存したときの賞味期限

玉ねぎ 保存

カットした玉ねぎは、切り口にラップをして冷蔵庫で保管します。賞味期限の目安は3〜4日くらいと考えてください。

半分にカットした使いかけであれば、切り口の水分をキッチンペーパーで拭き取ったあと、ラップで覆えばOKです。ジッパー付きの保存袋に入れれば鮮度をより保てます。ジッパーを閉じる前に空気をしっかりと抜いてくださいね。

カットした玉ねぎを冷凍保存したときの賞味期限

玉ねぎ 切り方 みじん切り 保存 冷凍

カットした玉ねぎは冷凍庫で保存すると、冷蔵保存よりも長持ちします。冷凍庫なら1ヶ月くらい日持ちします。

みじん切りや薄切りなど細かくカットした玉ねぎは、少量ずつラップに包んで保存袋に入れます。料理で使う1回分に分けておくと便利です。袋はできるだけ空気を抜いて閉じましょう。

ちなみに、玉ねぎは冷凍すると辛味が抜けて、甘みが凝縮されます。よりおいしく食べられるのでおすすめです。

新玉ねぎの賞味期限は普通の玉ねぎと違う?日持ちはしない?

同じ玉ねぎでも、新玉ねぎの賞味期限は違うのでしょうか?実は新玉ねぎは水分量が多いため、外の皮を乾燥させた玉ねぎに比べると腐りやすい特徴があります。

そのため、新玉ねぎの賞味期限は冷蔵庫に保存して1週間程度です。普通の玉ねぎのように常温保存するとすぐに腐ってしまうので注意してください。

カットした新玉ねぎであれば、切り口をラップでつつんでジッパー付きの保存袋に入れれば数日持ちますよ。

玉ねぎの賞味期限は保存方法で変化!上手に使い分けよう

玉ねぎ 保存

玉ねぎは常温保存が基本です。夏場でなければ2ヶ月ほどは日持ちするので、慌てて使い切る必要はありませんね。

ただ、カットした普通の玉ねぎや新玉ねぎは保存期間がグッと短くなるので、冷蔵庫で保存しながら早めに使い切りましょう。

また、冷凍するとおいしさがアップする上、保存期間も1ヶ月と長くなるので、玉ねぎは冷凍保存も上手に使いこなしていきたいですね。