「新玉ねぎ」は、甘くてみずみずしいので、サラダなどにして生で食べてもおいしいですよね。ただ、あまり日持ちしないので、保存に悩むことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、新玉ねぎの賞味期限や長持ちさせる保存方法、注意しておきたい点をご紹介します。


新玉ねぎの賞味期限ってどれくらい?

新玉ねぎ

新玉ねぎはあまり日持ちせず、賞味期限は2〜3日が目安。

しかし保存方法をひと工夫すると長持ちさせられます。保存方法によっては賞味期限は1ヶ月ほどになりますよ。

新玉ねぎの賞味期限が短い一方で、通年出回っている玉ねぎは長期間保存ができます。新玉ねぎは、通常の玉ねぎよりも多く水分を含んでいるので、傷みやすいんです。

新玉ねぎの賞味期限を長くする保存方法って?

新玉ねぎは常温で保存すると長持ちしないので、冷蔵保存か冷凍保存がおすすめです。

適したやり方であれば、冷蔵保存なら10日、冷凍保存なら1ヶ月ほど日持ちしますよ。

賞味期限を長くする冷蔵保存のやり方

冷蔵庫の掃除

新玉ねぎは低温で保存する方が長持ちするので、野菜室ではなく冷蔵室で保存しましょう。

ポイントは、新玉ねぎをペーパータオルで包んでからポリ袋に入れること。2〜3個まとめてポリ袋に入れてOKです。新玉ねぎから出た水分をペーパータオルが吸収して、ポリ袋内をちょうど良い湿度にキープしてくれます。

また、新玉ねぎの茶色い皮は剥かずに保存しましょう。水分量のバランスを維持する役割を担ってくれますよ。

ただし茶色い皮がぬれていたり腐ったりしている場合は、そこから傷んでしまう可能性もあるので取り除いてくださいね。

皮の下にある白い部分も、腐っているようなら大きくカットして捨てます。カットした新玉ねぎは日持ちしないので、その日のうちに食べてしまうか、冷凍保存するのがおすすめです。

賞味期限を長くする冷凍保存のやり方

冷凍庫 冷蔵庫

カットした新玉ねぎを保存したいときや、冷蔵保存よりも賞味期限を長くしたいときは、冷凍保存にしましょう。

丸ごと冷凍する場合は、新玉ねぎの根の部分を薄くカットしておきます。そのほかにも、くし形切りやみじん切り、うす切りなど、用途にあわせて使いやすいようにカットしておくと便利ですね。

新玉ねぎをカットするときは、繊維に対して直角に切ると冷凍保存している間に辛みが抜けます。

カットした新玉ねぎは、保存袋に平らになるように入れ、空気を抜いてから冷凍しましょう。

新玉ねぎの賞味期限で注意することは?

注意 ポイント コツ

新玉ねぎの賞味期限で注意すべき点は、新鮮な新玉ねぎを選ぶこと。

購入した時点ですでに古かったり傷んでいたりすると、賞味期限は短くなってしまいます。

新玉ねぎの良し悪しを見分けるポイントは、「ツヤ」と「重み」です。新鮮な新玉ねぎは、表面の皮にツヤがあり、しっかりとした重みがあります。

カビや傷んでいる箇所がないかもチェックしておきましょう。

新玉ねぎの賞味期限は正しく保存して長持ちさせよう

新玉ねぎ

新玉ねぎは通常の玉ねぎより賞味期限が短く日持ちしませんが、冷蔵保存や冷凍保存のポイントを押さえれば、長持ちさせることができます。おいしく長く楽しむために、ぜひ参考にしてみてくださいね。