スープのほか幅広い料理で使われるコンソメには、キューブタイプと顆粒タイプがありますね。

でも、「キューブ〇個」と書かれたレシピもあれば、「コンソメ大さじ〇」と顆粒タイプを前提にしたレシピもあり、自分が持っているタイプと違うと困ってしまいませんか?

今回はコンソメのキューブタイプと、顆粒タイプを小さじ・大さじで入れるときの違い、重さとの関係について詳しく説明します。コンソメを上手に活用できるようになりましょう!

コンソメキューブ1個は、顆粒の大さじ・小さじでどれくらい?

コンソメ キューブ
「コンソメ」とは、フランス語の「consommé(完成された)」に由来するスープを意味します。コンソメと似たものに「ブイヨン」がありますが、ブイヨンは香味野菜とお肉、ブーケガルニで煮出して作られただし汁で、コンソメはブイヨンをベースとして味を調えてスープとして完成させたものです。

そのコンソメスープをお湯に入れるだけで簡単に作れるコンソメの素は、さまざまな料理で幅広く使われていますね。

しかし、コンソメの素にはキューブタイプと顆粒タイプの2種類があり、レシピを見ると表記が違っているため、どれくらいの量をつかったらいいのかわからなくなりがちです。そこで、コンソメのキューブタイプと顆粒タイプの分量を覚えておくと、レシピでどんな記載があっても慌てずにすみますよ。

コンソメキューブ1個は、顆粒タイプに換算すると小さじ2杯弱が目安です。大さじ換算だと2分の1くらいです。コンソメを作っているメーカーによって違いはありますが、「キューブ1個=小さじ2弱(大さじ2分の1)」を目安に、味を確かめながら調節してみてください。

コンソメキューブを重さでみると何グラム?大さじ・小さじで正しくはかるには?

計量器 キッチンスケール 重さ
コンソメキューブ1個あたりの重さは5グラムほどです。メーカーによって違いはありますが、だいたい5グラムと覚えておけば問題ありません。

では、同じ重さを大さじ・小さじではかるときはどうすればいいのでしょうか?小さじ2杯でコンソメキューブと同じくらいの量になりますが、はかり方を間違えると多く入れすぎてしまったり、少なくなったりして料理の仕上がりに影響します。

顆粒タイプを小さじではかるときは、最初に小さじ山盛り1杯で顆粒をすくいます。そして、別の計量スプーンの柄やヘラなどで平らにならしてすりきり状態にして、小さじ1杯とカウントします。これを2杯分取れば、キューブと同じ量になりますよ。

また、大さじではかる場合はだいたいスプーンの7分目まで入れると、大さじ2分の1の量になります。

コンソメキューブ1個、大さじ1・小さじ1の塩分やカロリーはどれくらい?

コンソメのカロリーや、含まれる塩分などの栄養情報は、製造メーカーによって違いはありますが、以下の数値がおおまかな目安になります。

キューブ1個あたり・小さじ1あたり・大さじ1あたりのカロリーと塩分をそれぞれチェックしましょう。

コンソメの栄養情報

【キューブ1個あたり】

・エネルギー:12キロカロリー
・塩分(食塩相当量):2.5グラム

【小さじ1あたり】

・エネルギー:6キロカロリー
・塩分(食塩相当量):1.25グラム

【大さじ1あたり】

・エネルギー:18キロカロリー
・塩分(食塩相当量):3.75グラム

コンソメのカロリーは気にするほどでもありませんが、塩分は少し気になるところ。「コンソメキューブ1個=1人分」というわけではありませんが、塩分を気にする人はコンソメの入れすぎに注意しましょう。

コンソメはどんな料理でどれくらい使う?キューブ何個・小さじ何杯分?

料理にコンソメを加える
コンソメを使う料理では、どれくらいの量が入っているのかキューブや計量スプーンで換算してみました。料理をするときの参考にしてください。

・野菜たっぷりスープ(4人前):キューブ3個 or 顆粒 小さじ6
・なすとチーズのパスタ(4人前):キューブ2個 or 顆粒 小さじ4
・ハンバーグ(3人前):顆粒 小さじ2 ※水に溶かさないので顆粒がベター
・オムライス(4人前):顆粒 小さじ2 ※水に溶かさないので顆粒がベター
・カレーライス(4人前):キューブ1個 or 顆粒 小さじ2

キューブタイプは計量の必要がほとんどないので便利です。顆粒タイプは計量の必要はありますが、水に溶かさず使用できるというメリットがあります。ぜひ使い勝手がよいほうを選んでみてください。

コンソメのキューブや顆粒タイプの量を覚えて上手に使いこなそう

コンソメキューブ1個分は、グラム換算すると約5グラム。小さじだと2杯弱、大さじだと2分の1杯分に相当します。キューブと顆粒それぞれの量を把握しておけば、レシピにどちらの記載があっても迷わずにすみますね。

コンソメの「完成された」味を楽しむには、料理に入れるコンソメの量がとても重要です。入れすぎてもしょっぱくなりますし、少なくても味気なくなってしまいます。

キューブタイプでも顆粒タイプでも、好みのコンソメを選んで量を適切に使って、おいしいごはんづくりに役立ててくださいね!