人参はβカロテンなどの栄養素が豊富な緑黄色野菜の代表。保存しやすく、色鮮やかなので、お弁当や料理の彩りとして添えるなど、冷蔵庫にあると何かと重宝しますよね。

今回は、そんな人参の基本の茹で方と、手軽にレンジで茹でる方法を紹介するので、ぜひ覚えてくださいね。

人参を茹でるのに必要な材料

人参を茹でるのに必要な材料は以下の通りです。

【材料】
人参(中)…1本
水…1500ml

茹でるのに必要な道具は、鍋や菜箸、ザルなど基本的な調理器具があればOKです。

【基本編】人参の茹で方

人参の茹で時間は20分が目安です。

水の状態からゆっくり茹でると人参の甘みをたっぷり楽しむことができますよ。

① 人参はさっと洗ったらピーラーで皮をむき、輪切りにする

人参の茹で方 洗って切る
料理の用途によって、乱切りや角切りなど使い分けてください。

【用途と切り方の例】
煮物…輪切り
カレーやシチュー…乱切り
サラダやスープ…角切り

② 鍋に人参と水をひたひたに入れ、中火にかける。フツフツした状態を保ちながら20分ほど茹でる

人参の茹で方 茹でる
竹串を刺してスッと通ればOK。

③ ザルに上げて、自然に冷まして完成

人参の茹で方 ザルにあげて冷ます

【簡単編】人参の茹で方

お湯を用意せず、電子レンジを使った茹で方を紹介します。

① 人参はさっと洗ったらピーラーで皮をむき、輪切りにする

人参の茹で方 洗って切る

② 耐熱容器に人参を入れ、大さじ1の水をふってラップをする

人参の茹で方 耐熱容器に並べ水をかける

③ 600wのレンジで2〜3分加熱して完成

人参の茹で方 レンジで温める
竹串を刺してスッと通れば加熱完了。

茹で方のポイント

  1. 水からじっくりと火を通すのが大事。熱湯から茹でると表面と内部の温度差が生じて中に火が通るころには煮崩れが起きるため。
  2. 人参は切る大きさによって加熱時間が変わるため、急ぐときは薄切りや千切りにすることで早く火が通る。その場合、竹串を刺して様子を見ながら加熱時間を調整する。

教えて!

エコなわざあり

人参を焼いて食べる方法は?

人参は皮ごとオーブン焼きにすることで、人参本来の甘みを楽しむことができます。人参を縦半分に切り、180℃のオーブンで20分ほど焼いたら完成です。お好みで、オリーブ油や塩・こしょうをかけて食べるとおいしいですよ。