洗面所は毎日のように使うので、シンク(洗面台)に髪の毛や歯磨き粉など、さまざまなものが流れて汚れています。

そこで、掃除をしようと思ったときに「あれ?どの洗剤を使えばいいの?」とふと困った経験はありませんか?

ここでは洗面所の掃除に使う洗剤をご紹介します。実は身近なアイテムでキレイにできるんですよ。

そもそも洗面所の掃除に洗剤は必要?

疑問 ギモン はてな ?

洗面台には、髪の毛や皮脂汚れをはじめ、化粧品、歯磨き粉、整髪料などいろいろな汚れが流れ込みます。これらの汚れはガンコにこびりつきにくいので、水拭きだけで十分キレイに落とせます

言い換えると、水拭きで落としにくい汚れに洗剤を使うと考えておけば大丈夫です。

水拭きだけで落とせない汚れは「黒ずみ」と「白っぽいくすみ」の2種類。それぞれどんな洗剤を使えばいいのか見ていきましょう。

洗面所の黒ずみをピカピカにする洗剤は?

バスマジックリン お風呂の洗剤

用意するもの
必須
『バスマジックリン』などのお風呂用洗剤
スポンジ
あると便利
古歯ブラシ

シンクにできる汚れのうち、黒ずんだものにはお風呂用の洗剤が有効。この汚れは皮脂などの油分や雑菌の繁殖が原因でできたもので、お風呂の汚れとほとんど一緒です。

ざっとお湯をかける

髪の毛や汚れを洗い流すためにざっと軽く流す。

中性洗剤とスポンジでこすり洗う

『バスマジックリン』などの洗剤を吹きつけてこする。

細かい部分は歯ブラシでこする

スポンジで掃除しづらい場所は使い古した歯ブラシでこする。

水で洗い流す

最後に洗剤の泡をしっかりすすいで完了。

ティッシュなどで水分を拭き取っておくと仕上がりがよく見えますよ。お風呂に常備している洗剤なら洗面所からも近く、すぐに使えますね。

ワンポイント!
ひどく汚れている場合は洗剤をかけて2〜3分ほど放置し、汚れがふやけるのを待ちましょう。

洗面台のくすみにはどんな洗剤を使う?

クエン酸

用意するもの
必須
クエン酸
洗面器
キッチンペーパー
あると便利
ラップ
輪ゴム

白っぽいくすみの正体は水垢で、水に含まれるミネラル分がシンクにこびりついたもの。これはアルカリ性の性質をもつ汚れなので、酸性のクエン酸を使うと中和してスッキリ落とせます。

クエン酸は100均でも売られており、家中の水垢落としに使えるので1つ用意しておくと便利です。

クエン酸水を作る

用意した洗面器にクエン酸小さじ1杯と水200mlを混ぜた「クエン酸水」を作る。

キッチンペーパーを浸す

そこにキッチンペーパーを浸し、くすんでいる部分に貼り付ける。

放置する

そのまま30分〜2時間ほど放置する。こうすることで水垢がふやけ、落としやすくなる。

こすって洗い流す

スポンジなどを使ってこする。ふやけているので落としやすい。キレイにすすげば完了。

これだけでこすっても落ちなかったシンクのくすみが落ち、光を反射するようになりますよ。

ワンポイント!
キッチンペーパーを貼り付けたあとにラップをかぶせると、水分がとどまって汚れに浸透しやすくなります。蛇口など形が複雑なものにキッチンペーパーを貼るときは、輪ゴムを巻きつけるとしっかり固定できますよ。

洗剤を使わずに洗面所をキレイにできる道具はある?

マイクロファイバークロス

洗面所は洗剤を使って掃除するとピカピカになりますが、毎回そんなに意気込んで掃除していると時間ばかりがかかりますね。

そんなときに活躍するのが、「マイクロファイバークロス」と呼ばれる掃除用のクロスです。極細の合成繊維が使われていて汚れ落ちがよいのが特徴で、水だけで十分にキレイにできます

シンクの掃除はもちろんのこと、鏡を水拭きしたり、床の汚れを拭き取ったりと上から下までまるごとキレイにできる万能クロスです。

洗面台の手の届きやすい場所に1枚置いておけば、思い立ったときにすぐ掃除ができますよ。

そのほかに必要な洗面所の洗剤とは?

ほかにも場面によって活躍する洗剤がいくつかあるのでご紹介します。

『かんたんマイペット』(花王)

ドラッグストアなどでもすぐに手に入る万能洗剤、『かんたんマイペット』。洗面所の壁や床のちょっとした拭き掃除に重宝します。汚れにふきつけて乾拭きで仕上げるだけととっても簡単。さまざまな汚れに効きます。

『パイプユニッシュプロ 濃縮液体タイプ』(ジョンソン)

洗浄力抜群のパイプクリーナーで、排水口に流れこんだ髪の毛や汚れを粘度のあるジェルがしっかり溶かしてくれます。

『カビキラー』(ジョンソン)

洗面所には湿気がたまりやすく、壁や床にカビが生えてしまうことも。その場合は、『カビキラー』などのカビ取り剤を使います。壁紙にできたカビも取り除けますよ。

洗面所の掃除は洗剤の使い分けでピカピカな状態を保つ!

洗剤

洗面所は使う頻度が高いだけに汚れやすい場所ではありますが、洗剤を使わないと落とせないほどのガンコな汚れは多くありません

基本的にはスポンジやティッシュを使って水拭きで落とし、落ちきらなったくすみ汚れはクエン酸を使ってキレイにする、と覚えておけば大丈夫。

こすっても落とせない汚れができてしまっても、落とし方を知っていればもう安心です。汚れができても余裕をもって対処でき、ピカピカな状態を保てますよ。