洗面台のまわりが黄ばんでるように感じたら要注意。その黄ばみは水垢かもしれません。

洗剤とスポンジでこすっただけでは落ちない汚れなので、落とすのをあきらめていた人も多いのではないでしょうか。しかし、洗面台の黄ばみはクエン酸を使えばキレイにすることができるんです。

今回は洗面台にできた黄ばみの落とし方について詳しく説明します。

洗面台にできる黄ばみの正体は?なぜ落ちにくい?

水垢 蛇口

洗面台のように水をたくさん使う場所に現れる汚れが水垢です。水垢は、水道水に含まれるミネラル成分だけが残り、石のように固まってできます。

蛇口の周りや、洗面ボウルの排水口部分など、水が溜まる場所にできやすいのが特徴です。

ちょっと黄ばんだだけのように見える汚れですが、洗剤をつけたスポンジでこすっただけでは落ちません。どの汚れよりも落としにくいため、水垢にあわせた洗剤を使うか、物理的に削り落とすかする必要があります。

洗面台の黄ばみを落とすには?クエン酸やサンポールが効くの?

クエン酸を使った掃除

水垢を落とす方法としては、

・酸性の洗剤を使う
・研磨力のある洗剤で削る

という2つの方法があります。

水垢はアルカリ性の性質をもつ汚れなので、自然由来のクエン酸や『サンポール』など市販されている酸性洗剤で溶かし落とすことができます。溶かしたあとにスポンジでこすればスッキリ落とせます。また、石のように固いままでも、クレンザーなど研磨力のある洗剤なら物理的に削り落とすこともできるんですよ。

次からはそれぞれの落とし方を順番に説明するので、実践しやすい方からチャレンジしてみてください。

酸性洗剤を使った洗面台の黄ばみの落とし方

酸性洗剤としては、自然由来のクエン酸と市販されている酸性洗剤を使う方法があります。

酸性洗剤を使う

サンポール

市販の酸性洗剤としては、トイレで使う『サンポール』が有名です。洗面台用の酸性洗剤はないので、こちらを応用します。

基本的に洗面台も陶器でできているので、トイレと同じように掃除しても問題はありません。ただ、サンポールは強力な洗剤なので使ったあと放置しすぎたり、金属製のものや大理石・人造大理石など陶器以外の場所に使ったりするのはやめましょう。

洗面台の水垢にサンポールをかけて1〜2分放置してから水で洗い流してください。軽い黄ばみならこれだけで溶かし落としてくれます。少し頑固な水垢でも水で流したあとスポンジなどでこすればきれいに落とせます。

クエン酸を使う

計量カップにクエン酸を入れる

サンポールはとても強力な洗剤なので、洗面台に使うのは気がひけるという人は「クエン酸」を使いましょう。クエン酸は柑橘系のフルーツにも含まれている成分なので、万が一口に入っても害はありません。安心して使えます。

水200mlにクエン酸小さじ1杯を溶かして使います。空のスプレーにクエン酸水を入れて洗剤のように吹き付けて使ってください。

クエン酸を黄ばみにかけ、数分放置してから固めのスポンジなどでこすればOKです。クエン酸はサンポールに比べて酸性の性質は強くないので、頑固な黄ばみはクエン酸水をかけたあとラップなどで覆ってより浸透しやすくすると効果的です。

酸性洗剤やクエン酸を使うときに1つ注意してほしいのが、『カビキラー』や『カビハイター』といった塩素系漂白剤とは併用しないことです。酸性の物質と塩素系漂白剤が混ざると人体に有害なガスが発生してとても危険だからです。掃除でハイターなどを使ったときはすぐに酸性洗剤やクエン酸は使わず、後日取り組むようにしてください。

クレンザーを使った洗面台の黄ばみの落とし方

ガンコ汚れにはクレンザー

研磨成分の入ったクレンザーを使って、黄ばみを削り落とします。

『ジフ』や『ハイホーム』など研磨剤入りのクレンザーを雑巾に少量とって、黄ばみを直接こすってください。クルクルと小さな円を描くように細かく動かしましょう。力を入れすぎると洗面台の素材自体を傷めてしまうので注意してください。

洗面台の黄ばみを予防するには?

ちょい家事 洗面所のタオルで掃除 蛇口を拭く

洗面台の黄ばみを予防する方法は、洗面台を使ったあとに「水分を残さないこと」です。

黄ばみは水道水が蒸発して、ミネラル成分だけが残ることで生まれます。洗面台の周りが濡れていたら拭き取るようにすれば、水垢の原因から取り除くことができます。

蛇口の付け根や周り、排水口の周りは特に水が溜まりやすいので、念入りに拭き取ってください。

また、普段から定期的に洗面台を拭き掃除すれば、軽い水垢程度ならキレイにできます。水を拭き取れなくても1週間に1回くらいしっかり掃除できれば黄ばみに悩まされることはなくなりますよ。

洗面台の黄ばみは酸性洗剤を使ってスッキリ落とそう

洗面台にできる黄ばみは水垢汚れなので、できてしまうと落とすのが厄介です。普段から洗面台についた汚れや水滴を拭き取って水垢予防に努めてください。

しかしどんなに気をつけても水垢ができることはあります。そんなときはクエン酸やサンポールなどの酸性洗剤、クレンザーなどを活用すればキレイになるので心配しないでくださいね。