トイレ掃除の天敵、さぼったリング。今回は、そんなさぼったリングの落とし方を写真つきで詳しくご紹介します。

さぼったリングって何?その正体とは…

トイレの便器の黒ずみ

さぼったリングは、便器内の水たまりにできるリング状の黒い輪っかのこと。

便器内の汚れをエサに雑菌やカビが繁殖してできる汚れで、掃除をおこたるとできる頻度が高まります。

放置していると黒く色素沈着を起こすので、しっかり落としてあげましょう。

さぼったリングの落とし方

サンポールなど便器掃除アイテム

用意するもの
必須
『サンポール』などの酸性洗剤
トイレットペーパー
トイレ用ブラシ

できてすぐのさぼったリングであれば、ブラシでこするだけでも簡単に落とせます。

ただ、少し頑固にこびりついた場合は、力いっぱいゴシゴシこするとコーティングが剥げてしまうので、『サンポール』などの酸性洗剤で溶かし落とすのが正解。次の手順で落としましょう。

① 便器内の水位を下げる

ブラシを便器の奥に入れる

水が多いと洗剤をかけても薄まってしまって効果が弱まるので、トイレブラシを奥に差し込んで上下させ水たまりの水位を下げる。

② トイレットペーパーを敷く

フチ裏にトイレットペーパーを詰める

洗剤が汚れに浸透するようにトイレットペーパーを汚れをおおうように敷く。

トイレットペーパーを敷く

さぼったリングを覆えればOK。

③ サンポールを注いで2〜3分ほど放置

便器にサンポールをかける

トイレットペーパーが浸るようにサンポールをかける。洗剤はたっぷりかけたほうが汚れに浸透しやすくなる。

④ ブラシでこすり落とす

ブラシでトイレを擦る

時間がたったらいったんトイレットペーパーをすべてよけ、ブラシでこする。こすり終えたら水を流して完了。

ワンポイント!
洗剤を浸ける時間を長くすると効果も高まりそうですが、それはNG。便器を傷めてしまう可能性があるからです。1回で落とせない場合は、何度か根気強く繰り返して少しずつ落としましょう。

ワンポイント!

エコなわざあり

タンクの掃除でさぼったリングを防ぐ!

トイレのタンクのフタを外す

トイレのタンクは開けるとびっくり!カビで意外と汚れているんです。

トイレタンクを歯ブラシでこする

ここも念のためチェックしましょう。カビが生えていると汚れた水が流れてさぼったリングができやすくなります

トイレタンク掃除後

清潔な状態を保ってさぼったリングを防ぎましょう。

さぼったリングに使える洗剤は?

一度キレイにしたあとも、忙しくなって掃除が行き届かなくなってしまうと、またさぼったリングができてしまいますよね。

そこで、忙しくてなかなか掃除ができないという人には、専用のお掃除グッズをおすすめします。これを使えば、掃除の頻度が少なくなっても汚れの発生を抑えられますよ。

『トイレ洗浄中 さぼったリング』(小林製薬)

「さぼったリング」の掃除に使える洗浄剤です。水たまりに洗剤を入れ30〜60分放置。その後、泡がなくなるまで流すだけ。とっても簡単に使えますよ。

『液体ブルーレットおくだけ除菌EX』(小林製薬)

黒ずみを予防できる置型洗剤。洗浄・防汚成分が配合されているので、トイレを流すたびに便器の表面をコーティングして汚れをつきにくくしてくれます。

『トイレ洗浄 トイレスタンプクリーナー』(ジョンソン)

便器に直接ジェル型洗剤をつけて使うお掃除アイテム。水を流すたびに、洗剤から洗浄・防汚成分が溶け出して便器内をキレイにしてくれます。掃除が行き届きにくいフチ裏の汚れも防いでくれますよ。

さぼったリングって予防できないの?

トイレクリーナー

毎日使う便器はどうしても汚れますが、使い方次第では汚れがつくのを最小限に抑えることができます。

トイレを自分一人でキレイにしようと思うのではなく、家族みんなでキレイに使う意識を持ってもらうことです。便器を汚した本人がすぐに掃除できるように、目に見えるところに、お掃除シートやブラシなどを置いておきましょう。

家族みんなが掃除をしたくなる環境づくりが大切です。

さぼったリングは見つけたらすぐに落とす!

トイレにこびりついた汚れ

便器は毎日使っているだけに汚れるのは仕方のないことです。ただ、方法を間違えなければ、たとえ汚れてしまっても効率的に掃除ができます。

汚れをためてから掃除するのではなく、汚れる前に掃除する意識をもつと、さぼったリングのないキレイなトイレを保つことができますよ。

まとめ

  1. さぼったリングは「酸性洗剤」を使って落とす。トイレットペーパーでパックするのがポイント。
  2. 洗剤を浸す時間が長ければ長いほど汚れ落ちはアップしますが、便器を傷める可能性も高まるので注意!
  3. あわせてタンク内もキレイにするとさぼったリングの予防につながる。