トイレのなかでも、便座には尿ハネなどたくさんの汚れがつきますね。ふと便座をあげてみたら裏側にひどい汚れが…なんてこともありますよね。

今回は便座周りの汚れを一掃するため、ふだん掃除の仕方と念入りな掃除の仕方をご紹介。すみずみの汚れまでしっかり落とせればトイレがもっと快適になりますよ。

便座はどこまで掃除が必要?

トイレの黒ずみ
便座は意外と入り組んだつくりをしていて、毎回細かな場所まで掃除するのはちょっと大変ですね。

でもむずかしく考える必要はありません。ふだんの掃除は手の届く範囲だけで大丈夫。

それとは別で月に1回くらいのペースで「ウォシュレット」「便器と便座の隙間」「フタの取り付け部分」などの細かな場所を掃除しましょう。

定期的に細かい場所も掃除するとイヤなニオイや固まった汚れなどが出にくくなりますよ。

便座の掃除に必要なものは?

トイレクイックル
用意するもの
必須
『トイレクイックル』などのトイレクリーナー
『トイレマジックリン』などの中性洗剤

便座につく汚れは、尿の飛沫(しぶき)か座ったときに肌が触れてつく皮脂汚れがほとんど。どちらもそれほどガンコにこびりつくことはないので、ふだん使っているトイレクリーナーやスプレー洗剤があれば十分キレイにできます。

便座掃除の仕方は?

トイレ シート 掃除
便座掃除は汚れの軽い場所から順に拭いていくと、スムーズに進められます。

汚れの軽い場所から拭けば、トイレクリーナーを無駄遣いせずにすみ、別の場所に汚れ移す心配もありません。

フタの汚れを拭き取る

まずは便器のフタをキレイに。トイレットペーパーなどで乾いたホコリを落としてから、トイレクリーナーで拭き取ると汚れが残らず効率的。

便座の座面を拭く

直接肌のふれる座面の汚れを拭く。ウォシュレットの操作盤がついているなら一緒に拭き取る。

便座の裏面を拭く

便座を上げて裏側を拭く。トイレクリーナーを折りたたんで、拭く面を変えておくとラクちん。

便器側を拭く

便座がふれる便器の上面の汚れを拭いて完了。

便座の掃除に取り掛かるときは、大まかに「上から下に拭く」と覚えれば間違いありません。

便座を丁寧に掃除するときはどうする?

ウォシュレットがついているトイレは入り組んでいて細かい隙間が多いので、そこに入り込んだ尿汚れを放置していると、悪臭を放つようになります。

月に1回ほどのサイクルで細かい部分も掃除するようにしましょう。

ウォシュレットのノズル掃除

ウォシュレットノズルを拭く
ウォシュレットのノズル部分は自動洗浄機能がついているものも多いですが、流水だけで取り切れない汚れも。まめにチェックして汚れがないかを確認することが大切です。

ノズルを出す

ノズル掃除ボタンを押すか、トイレクリーナーを挟んで手で引き出す。

スプレーする

汚れを浮かすため、スプレー洗剤を吹き付ける。

クリーナーでこする

トイレクリーナーで汚れと泡を落としたら完了。

洗剤残りが不安なときはコップ1杯ほどの水を最後にかけるか、自動洗浄機能ですすぐのがいいですよ。

ウォシュレットは汚れやすいので便座掃除と同じタイミングでするのもいいですね。

便器と便座の隙間

トイレのウォシュレットと便器の間を拭く
ウォシュレットの便座と便器の接続部分にはすき間があり、尿の飛沫が入り込みやすくなっています。念入りに掃除して汚れを取り除きましょう。

便座側面のボタンを押して便座をずらす

ウォシュレットモデルによって便座の外し方が違う。取扱説明書をよく確認して慎重に外す。

汚れを拭き取る

便座が取り付けられていた部分にたまる汚れをトイレクリーナーで拭き取る。

便座を戻す

少し乾燥させてからそのまま戻して完了。

便座を落とさないように注意しながらすすめてくださいね。

フタの隙間

トイレの掃除
便座のフタは付け根の部分にホコリがたまります。尿などの汚れがたまるわけではありませんが見た目に悪くなるのでついでにキレイにしておきましょう。

方法は、トイレマジックリンなどの洗剤を含ませた綿棒をすき間に差し込み、汚れをかき出すだけ。これで細かな場所まで取れて清潔になります。

便座同様にフタを外せるモデルがあるので一度確認しておくと今後の掃除がラクになりますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

便座にこびりつく汚れは掃除で落とせる?

クエン酸でトイレ掃除
便座を掃除していると気になるのがこびりついた黄ばみ汚れ。特に便座が便器とふれる場所を中心によくできます。

この汚れは尿石と呼ばれ、一度固まってしまうとなかなか取れません。尿石はアルカリ性の性質があるので酸性のクエン酸を使ってふやかして落としましょう。

水200mlとクエン酸小さじ1を目安に混ぜた「クエン酸水」をトイレクリーナーに含ませ、パックのように貼り付ければOK。1〜2時間ほどパックしたら外し、トイレクリーナーで拭きとって仕上げれば完了です。

軽いものならこれだけでスルンとキレイに落とせますよ。

便座はこまめな掃除でキレイを保つ

トイレクリーナー クイックル
便座はトイレの中でも汚れやすい場所のひとつ。ふだんの掃除は大ざっぱなものでもいいので、できるだけこまめにできるとキレイな状態が長続きします。

ふだんの掃除で取り切れなかった汚れを定期的に取り除くようにできればいつもピカピカのトイレになりますよ。