オキシクリーンで洗濯槽の掃除ができると耳にして、実践したいと思っているも多いのではないでしょうか。

でも、おうちにあるのがドラム式洗濯機の場合は要注意なんです。

今回は、ドラム式洗濯機をオキシクリーンを使ってキレイにするときの注意点や正しいやり方をご紹介します。

オキシクリーンでドラム式洗濯機の洗濯槽も掃除できる?

オキシクリーン日本版
家中の掃除に使えると最近人気になっているオキシクリーン。洗濯槽の掃除にも使えると評判ですよね。

オキシクリーンは酸素の泡を出し、汚れを分解したり浮かせたりする働きを持ちます。洗濯槽の裏にこびりついたカビなどの汚れを、オキシクリーンが酸素の力で引き剥がしてくれるというわけです。

普段から使っているオキシクリーンで洗濯槽までキレイにできるなら便利に思えますが、実はオキシクリーンで洗濯できるのは「縦型洗濯機」のほうだけ。ドラム式洗濯槽ではその効果を十分に発揮できないんです。

なぜドラム式洗濯機の掃除にオキシクリーンは向いていないのでしょうか?その理由を次の段落でご紹介します。

ドラム式の洗濯槽にオキシクリーンを使わない方がいい理由は?

オキシクリーンがドラム式洗濯機の洗濯槽に使えない理由は「発生した泡でドラム内がいっぱいになって故障や水漏れの原因になる」から。

取扱説明書やメーカーの公式サイトには「使用しないでください」と明記してあるので十分注意しましょう(※1)。

ドラム式洗濯機の洗濯槽掃除にオキシクリーンを使っても縦型洗濯機に使うときほどの効果は得られません。次のような理由で十分に効果を発揮できなかったり、トラブルを引き起こしたりするの注意してくださいね。

洗濯槽にオキシクリーンが浸透しない

オキシクリーンを洗濯槽に入れる
ドラム式の洗濯機は洗濯槽がナナメに傾いているので、オキシクリーンがまんべんなく洗濯槽全体に浸りません

縦型洗濯機なら水を貯めた洗濯槽にオキシクリーンを溶かして数時間放置して洗浄しますが、ドラム式では洗濯槽全体にオキシクリーンが浸らないので一部分しかキレイにできないんです。

泡が立つと自動で排水してしまう

洗濯槽 ドラム式
ドラム式洗濯機は、洗濯槽で泡がたつと自動で排水する仕組みになっています。

洗濯槽全体をオキシクリーンで浸そうとしても泡立つと流れてしまうため、十分に効果を発揮できません。

浮かしたカビが取れない

洗濯槽の掃除 カビ退治
オキシクリーンが剥がしたカビなどの汚れは、すくい取ってあげる必要があります。

縦型洗濯機ならふたを開いて網ですくい取ってあげられますが、ドラム式ではドアを途中で開けられないので、せっかく浮かしたゴミも取れずに残ってしまいます

ドラム式の洗濯槽の掃除はオキシクリーンは使わなくてOK

洗濯槽カビキラー
ドラム式の洗濯槽を掃除するには、市販のドラム式洗濯槽専用のクリーナーを使いましょう

ドラム式の洗濯槽は「塩素系」のクリーナーがむいています。泡立ちが少なく強力な除菌効果があるので、裏側に張り付いたカビをどんどんと溶かしてくれます。

ここでは簡単にドラム式洗濯機用の洗濯槽クリーナーの使い方をご紹介します。

洗濯機の電源を入れる

洗濯槽洗浄コースがある場合は、そのコースを選びましょう。

洗濯槽クリーナーを入れる

1回の洗浄でクリーナー全量入れることが多い。汚れがひどいときは3時間つけおきすると効果的。

標準コースで1回洗濯する

「洗い→すすぎ→脱水」の流れで1回洗濯する。

オキシクリーンをはじめ酸素系のクリーナーは浮いてきたゴミを取る必要がありますが、塩素系はその作業がいらないのも使いやすさのポイント。カビを溶かして落とすので、排水口をつまらせることもなくさっぱり洗い流せますよ。

ドラム式洗濯槽クリーナーのおすすめは?

ドラム式洗濯槽クリーナーを探す場合は、塩素系のものを使うようにしましょう。

塩素を使うのは不安…と感じる人もいるかもしれませんが、しっかりすすぎ運転で流せば大丈夫。洗濯物への影響などもありませんよ。

『洗たく槽カビキラー 塩素系液体タイプ』

もっとも有名なのが『カビキラー』シリーズの洗濯槽クリーナー。防サビ剤が入っていてステンレス槽を傷めずに使えますよ。値段も他のものよりも安めなのでこれからまず使ってみてもいいですね。

『洗浄力 洗濯槽クリーナー』

『消臭力』でおなじみのエステーが出している『洗浄力』。洗って落ちた汚れがもう一度つかないようにする「再付着防止剤」が含まれているのがポイントですよ。

『ドラム式洗濯機用 洗濯槽クリーナー』

ドラム式洗濯機専用の洗濯槽クリーナー。メーカーが作っているので安心感がありますね。もちろんどのメーカーの洗濯機でも使えますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

オキシクリーンでドラム式洗濯機の排水口をキレイにできる!

洗濯機 排水口 掃除
ドラム式洗濯機でも排水口ならオキシクリーンを使ってキレイにできますよ。

やり方は簡単で、オキシクリーンをお湯で溶いてそそぎ入れて放置するだけです。

ゴミをとる

あらかじめ排水口にたまったゴミをとる。

オキシクリーンをお湯に溶く

付属のスプーンで一番下のラインくらいの量をマグカップに入れ、できるだけ熱いお湯をそそいでよく溶かす。

排水口に注ぎ入れる

しっかり混ぜたら排水口にまんべんなくかかるように注ぎ入れる。

放置する

2〜6時間ほどを目安に放置する。慣れないうちは放置する時間を短めに設定する。

水を流してすすぐ

時間がたったらキレイになっているか確認し、流水ですすいで完了。

オキシクリーンは長くつけおくと成分が浸透して汚れ落ちがよくなります。

洗濯槽をキレイにするついでに日頃掃除しない排水口もキレイにしちゃいましょう。

ドラム式の洗濯槽はオキシクリーンを使わずに、洗濯槽クリーナーでキレイに!

洗濯機 ドラム  洗濯槽
ドラム式の洗濯機はオキシクリーンを使っても[bold_end]効果が期待できないばかりか、トラブルにつながることも[bold_end]あります。

洗濯槽クリーナーを使えば、ドラム式でもキレイにできるので使ってみましょう。放置する時間はかかっても作業自体にかかる時間は短いので家事の合間などを使ってパパッとキレイにできますよ。

※1 参考文献:洗濯槽のお手入れ方法を教えてください