気温が暖かくなってくると使う頻度が増える網戸。少し使っていないあいだに開け閉めでガタガタするようになっていませんか?

動きが悪いとそれだけでもストレスに感じることもありますよね。

実は網戸のガタつきは交換や修理で簡単に直せるんです。ここでは網戸の動きを滑らかにするためのコツをご紹介します。

網戸の「戸車」の滑りが悪くなるのはなぜ?

網戸
戸車は網戸の底についてタイヤの役割をしている部品です。新しいとサッシにしっかりのってスムーズに転がりますが、使っているうちにだんだんと滑りが悪くなってきます。

これは「戸車の摩耗」が原因

何度も転がすうちに摩擦ですり減って(削れて)もとの高さがキープできなくなり、網戸が直接サッシにぶつかっている状態になります。途中で突っかかったり、引いたはずみで外れてしまったりといった不具合が起きるのは、このためなんです。

滑りが悪くなってもそのまま使い続けられますが、きちんと手入れすれば簡単にもとの滑りを取り戻せるんですよ。

網戸の戸車を交換する前に!

なめらかにスライドしなくても、まだ網戸の戸車を交換するほどではない場合もあります。

まずは交換する前に状態をチェックしましょう。簡単にがたつきを解消できるかもしれませんよ。

ゴミがつまっていないか

サッシ メラミンスポンジ 激落ちくん
まずは網戸を取り外し、戸車やサッシにゴミが絡みついていないか確認します。

網戸を持ち上げてレールから外し、ベランダなどに出して寝かせましょう。戸車にもしゴミがついているようなら、使い古しの歯ブラシなどで軽くこすって取り除きます。

仕上げにサッシの汚れをメラミンスポンジや雑巾で拭き取れば完了です。ゴミが詰まって動きにくくなっていた場合はこれだけで滑りがよくなりますよ。

高さを調整する

窓ガラス 換気 網戸
ゴミを取り除いても滑りがよくならないときは、戸車の高さをチェックします。

戸車のあいだに高さを調節するためのネジがあるので、ドライバーを使ってねじってみましょう。数mm程度でいいので、高さを上げたらサッシに戻して動き具合を確認します。

前後の戸車の高さがあうように調節したら完了。まだそれほど使っていない網戸であれば、これだけでも十分使えるようになりますよ。

網戸の戸車を交換する方法は?

網戸
2つをチェックしてもうまく動かせない場合は、戸車の劣化が考えられます。交換して直しましょう。

メーカーサイト等で交換用の戸車が販売されていて、業者などに依頼しなくても、おうちで手軽に交換できますよ。

網戸を外して寝かせる

網戸を持ち上げてレールから外し、ベランダなどの広い場所に寝かせる。

戸車を外す

戸車を固定しているネジをドライバーで外す。そして、戸車を引っ張り出す。

新しい戸車をつける

外したのと逆の手順で、新しい戸車を取りつける。

レールにはめて確認

網戸をレールに戻し、なめらかに動くかを確認する。

調整する

動きが悪ければ、戸車のタイヤの奥にある高さ調節ネジを回して前後の高さをあわせる。

確認

動きがよくなったかを確認して完了。

戸車はネジで固定されているだけのシンプルな構造なので、交換はそれほどむずかしくありません。

古くなっていると固くなっていることもあるので、その場合は家族の強力を得て対処しましょう。

網戸の交換用戸車におすすめはある?

網戸の戸車交換はメーカーの純正品を使うと安心ですが、交換をラクにするなら市販のアイテムを使うのがおすすめです。

メーカーや網戸のレールによって相性があるので、寸法があうかはよく確認しましょう。

『網戸専用 取替戸車』(家研販売)

クリップのような形をしたタイプで、戸車がついていた溝に押し込むだけで固定できるスグレモノ。

場所を選ばず取り付けできるので、古い戸車が外れないならその隣に押し込むだけで大丈夫です。少し高さを上げておくと動きがよくなります。

網戸の戸車を交換する手間は省ける?

窓のサッシ レール
網戸の戸車は使っているとどうしても劣化してしまうものですが、定期的に手入れしておくとより長持ちします。

ゴミは取り除く

ゴミが詰まっていると戸車の回転が鈍くなります。年に1〜2回でいいので、網戸を外して戸車に入り込んだゴミを取り除きましょう

大掃除のとき、窓掃除のついでに取っておけば大きな手間にはなりません。ゴミをしっかり取り除いておければ、いつもなめらかな使い心地になりますよ。

シリコンスプレーで滑りをよくする

潤滑油がわりに、シリコンスプレーをサッシに塗っておくのも効果的。滑りがぐっとよくなります。

使うスプレーは「シリコン」と明記されているものを選びましょう。オイルを含むスプレーはホコリを集めてしまうので注意してください。

ふすまやカーテンレールなど、おうちのいろんな場所で使えるので1本あると重宝しますよ。

網戸の戸車を交換して夏を快適に!

カーテンと窓
外の気持ちいい空気を取り込むのに欠かせない網戸。

頻繁に使うので、時間がたてばたつほど網戸はどうしてもガタガタしてきます。交換やお手入れをして、快適な網戸に戻してあげましょう

お手入れが行き届いていれば、ふとした拍子に外れてストレスに感じることもなくなりますよ。