ふさふさと生地が毛羽立って保温性にすぐれているフリース。ほかの洋服とちがって、毛がたくさん付いているので汚れたときに「洗濯できるのかな?」と迷いますね。

今回は、そんな疑問にお答えするためにフリースの洗濯方法をまとめてご紹介します。洗い方をマスターすれば、おうちでキレイに洗えますよ。

フリースを洗濯できるかはどう判断する?

洗濯表示
フリースは、服の素材の名前ではなく、表面を起毛させた(毛羽立たせた)洋服の総称です。

フリースには「洗濯機で洗える」ものと、「手洗いで洗う」ものがあります。まずは洗濯表示で洗い方を確認しましょう。ほとんどがポリエステル素材でできていて、問題なくおうちで洗えるはずですよ。

ただし、色移りしやすい素材でもあるので、次から紹介するポイントを守って洗濯してあげてくださいね。

フリースを洗濯するときに必要なものは?

洗剤 棚 ラック 洗濯 洗面所
用意するもの
必須
『エマール』などのおしゃれ着洗剤
『レノア』などの洗濯用柔軟剤
洗濯ネット
手洗いの場合
洗面器

フリースの洗濯には『エマール』などのおしゃれ着洗剤を使います。ふだんよく使う『アタック』などのアルカリ性洗剤に比べて洗浄力がおだやかで、生地に負担をかけずに洗えます。

フリースは静電気が起きやすいですが、柔軟剤を入れるとその発生を抑えられるのでおすすめです。しかもふんわりと仕上がるので一石二鳥ですよ。

【フリースの洗い方】洗濯機で洗う方法

洗濯ネット 洗面所 洋服
ここからは洗濯の方法を「洗濯機で洗う場合」と「手洗いする場合」の2つにわけて、それぞれどんな手順で進めるのか順番にご紹介します。

洗濯表示にしたがって洗い方を選んでくださいね。

フリースを洗濯ネットに入れる

毛玉がつかないように裏返し、軽くたたんで洗濯ネットに入れる。

洗濯する

「ドライモード」「手洗いモード」など、弱い水流で洗うコースを選択する。

洗濯機で洗うときは「ほかに洗濯物を入れない」のがポイント。色移りすることがあるので注意しましょう。

脱水は短い時間がいいので、10秒ほどに設定します。設定で変更できない場合は、脱水時に一時中断して取り上げましょう。10秒ほどの脱水で十分です。

【フリースの洗い方】手洗いする場合は?

つけおき 手洗い バケツ
手洗いはやさしく手早く洗うのがポイント。揉んだりこすったりするのはNGなので避けましょう。

洗面器で洗濯液をつくる

洗面器に水をため、その量に見合った分量の洗剤を入れる。

裏返した服を入れて洗う

基本は押し洗い。シワになるのでこすったり揉んだりしない。

洗濯ネットに入れて脱水する

軽くたたんで洗濯ネットに入れ、洗濯機で10秒ほど脱水する。

すすぐ

洗面器にキレイな水を入れ直し、泡がなくなるまで何度かすすぐ。

柔軟剤を入れて脱水する

最後に柔軟剤をふくませて、再度10秒ほど脱水すれば完了。

フリースの干し方は?乾燥機は使える?

洗濯機 洗濯物 服
フリースを洗ったあとは干せば完了。洗濯表示にしたがって干してあげます。

基本はハンガーを使った吊り干しでOK。少し形を整えてから日陰に干しましょう。

余裕があれば、ブラシや乾いたタオルなどで表面の毛をなで、毛並みを整えておくと仕上がりがキレイになりますよ。

乾燥機の使用は避けたほうが無難です。熱風で風合いを損ねる可能性が高いので注意してくださいね。

シワの目立つフリースにアイロンはOK?

アイロン
なかには乾燥後、シワが気になることもあると思います。

その場合は、130〜160℃ほどの中温であればアイロンをかけられます

ただアイロンをかけるのではなく、必ずあて布をした上からアイロンをかけるようにしましょう。

フリースを洗濯してみよう

フリース ファスナー チャック
フリースは色落ちや毛玉がつかないように「少していねいに」洗ってあげるのがポイント

もともと静電気でゴミを集めて汚れやすい素材なので、適度に洗濯してあげるとキレイな状態で着回せますよ。

柔軟剤がとても大切な役割をはたすので、忘れずに入れてあげてくださいね。