お気に入りのスニーカーだからこそ、しっかりお手入れしてあげたいですよね。

毎日のように履き回して、汚れがついてきたスニーカーのケアには、『ジェイソンマーク』というクリーニングキットがとっても便利。

今回は『ジェイソンマーク』のキットを使って実際にスニーカーをクリーニングしてみました!実際の様子とあわせて使い方を紹介します。

『ジェイソンマーク』って何?

ジェイソンマーク

『ジェイソンマーク(JASON MARKK)』は、アメリカのロサンゼルスで生まれたスニーカーのケアブランド

世界初の「スニーカー専門クリーニング店」をオープンしたことから人気が広がり、今では世界30カ国、2000店舗以上で取り扱いのあるケアブランドに。日本でも取り扱われているので、スニーカーショップなどで目にしたことのある人も多いかもしれませんね。

『ジェイソンマーク』のブランドにはいろんな商品がありますが、ほとんどがどんな素材も傷めず、簡単に汚れを落とせるという特徴をもっています。布製のスニーカーはもちろん、革が使われたものも素材を選ばずクリーニングできることにスニーカー好きな人のあいだで人気を集めているんですよ。

『ジェイソンマーク』のキットの内容は?

ジェイソンマーク

今回購入したのは「エッセンシャルキット」という、洗剤とブラシがパックになったセット商品

最低限のパックですが、これだけで基本的な手入れは十分。ブラシと洗剤あわせて2,720円でした。

ジェイソンマーク

洗剤は118mlと小さなボトルに入っていますが、1度に使う量は1mlほどなので100回以上は使える計算。1本あれば、しばらくは使いまわせますね。

布のスニーカーはもちろん、レザーやスエード、ビニール、ナイロンなどさまざまな素材に使えるのがうれしいポイント。これだけで家中の靴をキレイにできます。

ジェイソンマーク

ブラシは縮れた毛がぎっしり詰まり、弾力があります。布の目にはいりこんだ泥の汚れもしっかりかきだしてくれそうです。

ジェイソンマーク

持ち手には『ジェイソンマーク』のブランドロゴが焼印として刻まれています。木製でおしゃれなので、玄関先のインテリアとして飾るのもいいですね。

『ジェイソンマーク』の使い方

ジェイソンマーク

用意するもの
必須
『ジェイソンマーク』
洗面器かバケツ
タオル

『ジェイソンマーク』を使ってスニーカーを洗うときは、キットのほかに洗面器と乾拭き用のタオルを用意しましょう。

『ジェイソンマーク』を使うときの手順

ジェイソンマークで靴洗い

『ジェイソンマーク』の基本的な使い方の流れをチェックしてみましょう。

裏面に書いてある手順を要約すると、大まかな流れは次のようになります。

ブラシを濡らす

ボウルなどに水をはり、ブラシを浸して水を含ませる。

ブラシに洗剤をつける

ブラシに洗剤をたらす。再度水につけてなじませる。

ブラシでこする

泡立てるようにブラシでこする。

タオルで拭き取る

泡をタオルで拭き取る。汚れが残っていたら②③を繰り返す。

乾燥させる

風通しのいい場所で乾かしたら完了。

手順からわかるように、『ジェイソンマーク』の大きなポイントはすすぎの必要がないというところ。流水ですすぐ必要がないので、スニーカーを濡らす範囲を最小限にできます。

『ジェイソンマーク』は表面の汚れを落とすための洗剤で、靴の内側の汚れや臭いなどを落とすのには向かない点に注意してくださいね。

【実践①】『ジェイソンマーク』を使ってみた!

ジェイソンマークで靴洗い

今回『ジェイソンマーク』で洗ってみるのは、こちらのスニーカー。

ジェイソンマークで靴洗い

白い部分には黒ずんだ汚れが目立っている状態です。しっかり落とせるのか、ボトルの案内通りの手順を試してみます。

① ブラシに洗剤と水分を含ませる

ジェイソンマークで靴洗い

まずは洗面器に水をため、ブラシを浸して湿らせます。

ジェイソンマークで靴洗い

そこに『ジェイソンマーク』をポタポタと10滴ほど垂らし、再度水にひたしてなじませます。

② ブラシでこすり洗いする

ジェイソンマークで靴洗い

靴は濡らしたりせずそのままブラッシングしていきます。表面をひっかくように軽くこするとどんどん泡が出て、汚れを落としていきます。

ジェイソンマークで靴洗い

汚れが目立つつま先やソールの部分を念入りにこすり洗いしていきます。軽い力で細かくこするのが汚れを落とすのに効果的なようです。

③ タオルで乾拭き

ジェイソンマークで靴洗い

大まかな汚れが落ちたら、最後にキレイなタオルで泡と水分を拭き取れば完了。

すすぎのステップが不要なので、とってもラクに進められました。

ジェイソンマークで靴洗い

右が洗った靴で、左が洗う前の靴。白さがまったく違うのがよくわかりますね。1回こすり洗いしただけでこれくらいまでキレイになります。

気になる汚れが残っていたら、再度洗剤を使ってブラッシングしましょう。

ジェイソンマークで靴洗い

スニーカー自体を水に浸しているわけではないので、風通しのいい場所で軽く乾かしてあげればOK。両足の分をブラッシングしてもかかった時間は10分ほどなので、気になったときに気軽に始められますね。

【実践②】『ジェイソンマーク』を使ってみた

『ジェイソンマーク』で靴洗い

布製のスニーカーが洗えることがわかったので、次は素材の違うスニーカーで『ジェイソンマーク』の汚れ落ちを試してみます。

今回試してみたのは、ツルッとした合皮製のこのスニーカー。上と同じ手順で洗ってみました。

① 汚れの確認

『ジェイソンマーク』で靴洗い

まずは洗う前に、どこに汚れがついているかを確認します。左足のソールや右足のつま先などに黒ずんだ汚れがついていることがわかりますね。

②『ジェイソンマーク』でこする

『ジェイソンマーク』で靴洗い

上の手順と同様に、付属のブラシで汚れをこすり落としてみます。黒ずんだ汚れをこすると表面の頑固な汚れが落ちていきました。

③ 乾かす

『ジェイソンマーク』で靴洗い

汚れが落ちたら、軽くタオルで水気を拭き取ってから乾かします。乾いたあとは汚れはすっかり落ち、新品同様の白さを取り戻しました。

ただ、ブラシの毛がかなり硬いので刺繍のロゴが少し毛羽立ってしまったので、デリケートな部分は少し優しくこする必要がありそうです。

『ジェイソンマーク』はどこで買える?

『ジェイソンマーク』は大型のスニーカーショップのほか、ネット通販でも購入できます。

今回はアマゾンで買える『ジェイソンマーク』をご紹介しますね。

『ジェイソンマーク エッセンシャルキット』

今回用意した『ジェイソンマーク』のエッセンシャルキットです。今回は1足のスニーカーを洗ってみましたが、使った量はごくわずかでした。

ジェイソンマーク

ちなみに、今回1足を洗って使ったのはこれくらい。ポタポタとブラシに垂らすくらいでも十分汚れが落とせるので、これなら毎月のように洗っても数年は持ちそうです。

税込価格
2,720円
内容物
クリーナー・硬いブラシ

『ジェイソンマーク コンプリートパック』

「デリケートなスニーカーを洗いたい」「気軽に汚れを落としたい」という場合はコンプリートパックがおすすめ。

エッセンシャルキットの洗剤やブラシの他にも、やわらかく素材を傷つけないブラシと気軽に使える使い捨てのクリーナーが入っています。

ひとつあれば家中の靴を洗うのに重宝しますよ。

税込価格
7,240円
内容物
クリーナー・硬いブラシ・やわらかいブラシ・使い捨てクリーナー

コレ使ってみる?

エコなわざあり

シートタイプの『ジェイソンマーク』も使ってみた

ジェイソンマークのワイプ

『ジェイソンマーク』には使い捨てできるシートタイプのクリーナーもあります。気軽に使えるのが特徴で、日々の手入れにピッタリ。

ジェイソンマークで靴洗い

パックを開けると、汗ふきシートよりも大ぶりで洗剤と同じ香りのするシートが入っています。

ジェイソンマークで靴洗い

片面は不織布ですが、裏面はドット状の凸凹がつけられています。こびりついた汚れにはドットの面、軽い汚れには表の面でこするように使い分けられるようです。

このシートを使って、革でできたスニーカーを掃除してみました。

ジェイソンマークで靴洗い

表面をよく磨いたところ、ついてすぐの汚れはすっかり落とせましたが、時間がたったものまでは落としきれませんでした。

ジェイソンマークで靴洗い

両足を磨いたあとのシートはこんな感じ。うっすらと茶色い汚れがついていますが、劇的にキレイになるわけではありませんでした。丸洗いほどの効果はありませんが、出かける前にちょっと気になる汚れを落としておきたいときなどに向いている、と考えて使うとよさそうです。

『ジェイソンマーク』でお気に入りのスニーカーが長持ち

ジェイソンマークで靴洗い

お気に入りだからこそ、スニーカーは長く楽しみたいですね。

おうちに『ジェイソンマーク』がひとつあれば、いつでも気軽に新品同様に復活させられます

おしゃれなパッケージはインテリアにもなるので、玄関先においておくといいですね。