革靴を長く使っていると、汚れてきたり臭ってきたりして、どうにかキレイにできないものか…と考えてしまいますよね。

「革」というだけでデリケートで面倒そうなイメージがありますが、方法さえ押さえれば水洗いで簡単に汚れを落とせるかもしれませんよ。

ここでは革靴の洗い方の1つとして、水を使って汚れを落とす方法をご紹介します。

革靴は水洗いしていいの?

クエスチョン ? はてな
「革靴に水気は禁物」が常識ですが、実は革靴は水洗いができます。「どうしても落としたい汚れが…」「キレイにして長く履きたい!」と理由がある場合だけに水洗いをしてみてください。

磨いても干しても改善しなかった汚れや臭いがスッキリと落とせて、新品のように気持ちよく履けますよ。

ただし、デリケートな素材であることには違いないので、水にどっぷり浸すような洗い方ではありません。また、しっかりと乾かしてケアする必要もあります。

水洗いできる革靴は?洗えないのもある?

革靴 手入れ
革靴にはさまざまな種類があるので、手持ちの靴が本当に洗えるのか不安もありますよね。

水洗いしやすいのは、ビジネスシューズなどの表面の凹凸が少なく、光沢がある靴。一方で、スエードなどの起毛生地の靴はケアがむずかしく、水洗いはおすすめできません

初めて洗うときは装飾の少ないオーソドックスなもので試してみるといいですよ。高価な革靴は失敗のリスクも考えるとプロに任せたほうが安心ですよ。

革靴を水洗いするのに必要な道具は?

ボトル お風呂
用意するもの
必須
ボディソープ
スプレーボトル
スポンジ
タオル
歯ブラシ
あると便利
革靴専用のクリーナー

革靴は、実はボディーソープで洗えます

ただし、革靴の素材によっては傷めしまう可能性もあるので、高価な靴やお気に入りの靴を洗うときには専用のクリーナーを用意したほうが安心です。

革靴の洗い方は?どんな手順で進める?

スポンジ
道具がそろったら次の手順で水洗いを進めましょう。

歯ブラシでホコリを取る

つま先には糸くずなどが集まっているので、目に見える汚れを先に取り除く。

クリーナーをつくる

ボディソープ3プッシュと水200mlを混ぜてスプレーボトルに入れる。

革靴に吹きかける

表面がしっとりするくらいにたっぷりと吹き付ける。

スポンジで汚れを落とす

やさしくこすって汚れを浮かす。内側も隅々までこする。

流水ですすぐ

泡と汚れを一緒に流すイメージ、流水ですすぐ。

タオルで乾かす

大きめのタオルでやさしく包み、水気を十分に吸い出す。

ここまでで洗いの工程は完了です。

ただ、革靴を水洗いしたときは、このあとの乾かす工程がとっても大事です。次から乾かし方について見ていきましょう。

革靴を水洗いしたあとの乾かし方は?

革靴 
最後はいちばん大事なケアの作業です。このステップをしっかり行わないと、傷みの原因になったりカビが生えたりするので十分に注意してください。

やり方はタオルで乾かした革靴に、新聞紙を詰めて通気性のいい場所で陰干しすること。2〜3日ほどかけて完全に乾かします。扇風機の風を当てると効率的に乾かせますよ。

完全に乾いたら、革靴用のクリームを塗り込んで仕上げれば完成です。

革靴を洗うなら専用グッズも便利!

お気に入りの革靴を洗う場合は、靴用のクリーナーなども用意すると安心です。

『エドワードセット』(エム・モゥブレィ)

革靴のケアキットはあると便利。汚れを簡単に落とせる上、ワックス効果のあるクリームもついています。使い込んでくすんできた革靴でも、元通りのツヤが出せますよ。

『革専用汚れ落とし消しゴム』(C.C.C)

革靴に使える汚れ落としの消しゴムです。外側の汚れはやさしくこするだけでキレイに取り除けます。簡単な汚れであればこれ1つで十分キレイにできますよ。

大切な革靴は水洗いで長持ちさせよう

革靴
革靴に水気は厳禁!が常識なのでなかなか水洗いするのは気が引けますね。

しかし、乾燥をしっかりと行えば傷めることなくキレイにできます

お気に入りの革靴についた汚れも落ちて、新品同様の輝きを取り戻しますよ。