掃除などで活躍する「重曹」で、スニーカーなどの靴をキレイにできるのかな?と考えたことはありませんか?

スニーカーは水洗いするのも大変ですが、重曹でキレイにしてあげられたら手軽ですよね。

そこで今回は、スニーカーを重奏でキレイにできるのか、どんな効果があるのかについてくわしく説明します。

重曹でスニーカーは洗えるの?

重曹

重曹を使ってスニーカーをキレイにできます。重曹には次のような特徴があるのでスニーカーを洗うのは得意といえます。

研磨効果

重曹は水に溶けにくい固い粒でできているので、重曹をふりかけてこすれば汚れをかき出すことができます。

粉のまま重曹をふりかけてこするとクレンザーのように汚れを削り落としてくれるので、スニーカーの表面や靴底などをこすり洗いできますよ。

消臭効果

重曹は汗のニオイを取り除く効果もあります。

スニーカーのなかにふりかけておくと、汗や皮脂汚れによる臭いを防ぐことができます。

重曹で洗う前にスニーカーの素材を確認!

靴の整理 スニーカー パンプス

スニーカーは素材によって洗い方が変わってくるので、洗う前にまず素材を確認しましょう。

キャンバス地や上靴などの布製のスニーカーであれば、水洗いできるので重曹を使って洗えます

しかし、ナイキのエアフォースなどの合成皮革やレザー、スエードのスニーカーは水洗いすると素材が傷む恐れがあるので、靴底部分などだけ重曹で洗いましょう。それ以外の部分は重曹は使わずにブラッシングをしてあげてください。

水を使わないスニーカーの手入れ方法は次の記事も参考にしてくださいね。

重曹を使ったスニーカーの洗い方は?つけ置き洗いしていい?

スニーカー 洗う 洗濯 靴

布製の場合は洗面器に水を入れてジャブジャブと手洗いします

重曹は洗剤と混ぜることで洗浄力が上がるので、おうちにある液体洗剤と一緒に使いましょう。

用意するもの
必須
重曹
『アタック』などの液体洗剤
洗面器
歯ブラシ

洗面器にお湯を入れてつけ置き液をつくる

1Lのお湯に対して大さじ3杯の重曹、キャップ1杯の洗剤が目安。お湯を使うと重曹が溶けやすくなる。

靴紐を外して大きな汚れを取り除く

泥などの目に見える汚れは歯ブラシなどで落としておく。

つけおき洗いする

靴紐も洗面器に一緒に入れて1時間つけおく。

歯ブラシでこする

汚れがついている部分を歯ブラシでこする。汚れが取れなければ、重曹と水を2:1の割合で混ぜたペーストを塗って磨く。

しっかりすすいで乾かす

乾かすときはつま先が上になるように風通しのよい日陰で乾かす。

つけ置き洗いすることで、ゴシゴシこする手間もいらない上に、生地への負担も少なくできて風合いを損ねることも防げますよ。

重曹を使ってスニーカーの臭い対策をするには?

重曹はスニーカーを洗うときに活躍するだけでなく、臭い対策にも使えます。

スニーカーの臭い対策

スニーカー

重曹をスニーカーのなかに入れるだけで臭い対策ができます。

やり方は、ゴルフボールくらいの量の重曹をお茶パックに入れて口を縛って、スニーカーのなかに一つずつ入れるだけ。

重曹が消臭バッグになって、スニーカーの湿気やニオイ物質を吸い取ってくれますよ。

下駄箱の臭い対策

玄関の下駄箱

重曹を下駄箱に置けば、下駄箱全体の消臭ができますよ。

フタのない小ビンなどに重曹をたっぷり入れて下駄箱に入れるだけで消臭剤に早変わりします。

重曹を長く使うと消臭効果が弱くなってくるので、サラサラしていた粒が固まってきたら交換するようにしましょう。

スニーカーや靴は重曹でキレイに

スニーカー

重曹には汚れを落とす効果だけでなく消臭効果もあるので、キャンバスなどの布製のスニーカーであれば、重曹を使ったつけおき洗いでゴシゴシせずにキレイにできます。

また、毎日の生活で消臭剤として重曹を使えばおうちにあるもので臭い対策までできますよ。重曹を使ってスニーカーをキレイにして、気分良くお出かけしましょう。