高級感があっておしゃれな印象のあるスエードの靴。頻繁に履いていると汚れが目立ってきて、困っていませんか?

スエードはデリケートそうで、どうやってキレイにしたらいいのか迷ってしまいますね。でも、実はおうちにあるものでスエードの靴の汚れはキレイにできるんですよ。

今回はスエードの靴の洗い方についてご説明します。

スエードの靴って洗えるの?

スエードの靴
起毛素材は洗いにくく感じるかもしれませんが、きちんとしたやり方をすればおうちでも十分洗えます

スエードは子羊や子牛の革が使われています。ツルツルした革靴よりも繊維1本1本が太いため、ずっと丈夫なのが特徴です。

手入れの仕方は普通のスニーカーとは少し異なりますが、シンプルなので一度覚えてしまえば簡単にできますよ。

スエードの靴を洗うのに必要なものは?

シャンプーボトル
用意するもの
必須
シャンプー
リンス
歯ブラシ
洗面器かバケツ
スポンジか布
あると便利
いらないタオル

スエード素材は「起毛加工が施された革」なので髪の毛の性質と似ているところが多くあります。なので、シャンプーやリンスを使えばキレイに洗えるんです。

もちろんブラシなどがあったらそれを使うのでも大丈夫。専用のものであればよりキレイに仕上がりますよ。

スエード靴の洗い方は?

スエードの靴
スエード靴の洗い方は「シャンプー液で汚れを落とし、リンス液で整える」の流れで進めます。こすり洗いをするときやブラシを使うときは力を込めず、やさしく扱うことを意識してくださいね。

表面の汚れを落とす

歯ブラシを使って簡単に表面の汚れをかき出す。

洗浄液をつくる

洗面器やバケツにぬるま湯を張り、シャンプーを数プッシュして混ぜる。

靴を浸してブラシでこする

靴を液に浸し、ブラシやスポンジで表面をやさしくこする。あらかじめ内側にタオルをいれておくとしみ込むのを防げる。

すすぐ

洗面器の液をキレイな水に入れ替え、靴についた洗剤を洗い流す。

整える

表面の毛並みを布やスポンジで軽く整える。

リンス液に浸す

洗面器に水を張り、リンスを数プッシュし混ぜる。靴を軽く浸してリンス液を含ませる。

水気を拭き取る

布などで水気を拭き取り、風通しのいい場所で1日ほど干したら完了。

シャンプーでこすり洗いを始める前には、必ずていねいにブラッシングして大まかな汚れを落としましょう

スエード靴の外側についている汚れは土ぼこりや雨のシミなどがほとんど。毛の間に入り込んでいるだけなので、ブラッシングだけでもどんどん取り除けます。

ワンポイント!
コツは、内側に水をいれないこと。中まで水を通さないことで型くずれが防げます。乾きも早くなってよりキレイに仕上がりますよ。

専用アイテムを使ったスエード靴の洗い方は?

ヌバック スエード 革靴 手入れ
用意するもの
必須
スエード用のブラシ
防水スプレー
あると便利
消しゴムタイプのクリーナー
スエード手入れ用の洗剤

スエードの靴の手入れ用品はシャンプーなどでも代用できますが、大切な靴はきちんとした道具でキレイにしてあげたいですね。

スエードの手入れは一見むずかしそうに思えますが「ブラッシング」が基本。生ゴムブラシなどのスエード専用のブラシがあれば大丈夫なんです。

キレイな状態を保ち水濡れに強くするため、防水スプレーもあわせて用意しておきましょう。

手入れの仕方

スエード靴の手入れは「ブラッシングを基本に、落ちなかった汚れだけ洗剤を使う」という手順で進めていきます。

靴の汚れ具合にあわせて必要な道具を準備したら、次の手順でやってみましょう。

ブラッシングする

まずはいろんな向きで念入りにブラッシング。毛を逆立てたり横向きにかけたりと、奥にはいりこんだ汚れをかき出す。

洗剤で洗う

汚れ落ちが十分でなければ、洗剤をふくませたブラシでこすり、泡立てながら汚れを落とす。消しゴムタイプのクリーナーを使ってもOK。

乾拭きする

乾いたクロスで水気を拭き取る。

防水スプレーをかける

靴が完全に乾いたら、最後に防水スプレーをたっぷり吹き付けて染み込ませたら完了。

汚れが落ちた時点でやめてもOK。ただ、防水スプレーの効果は1ヶ月ほどで切れてしまうので、こまめにかけるようにしましょう。

大切なスエード靴は専用アイテムで洗おう

スエードの靴はおうちにあるシャンプーやリンスを使ってもキレイにできますが、大切にしているものは専用のアイテムを用意するのがおすすめ。

より汚れ落ちがよくなるうえ、ふだんからの手入れもしやすくなります。

『アミノ酸で洗うレザーシャンプー』(エスケー)

スエード素材に使える、革用のシャンプーです。除菌消臭成分が配合されているので臭いのある靴を洗うのにもピッタリ。

洗いやすいスポンジが付属したセットなのでこれひとつで靴が洗えますよ。

『スエードブラシ』(レデッカー)

スエード専用のブラシなら、毛の間に入りこんだ汚れもキレイに取れます。やさしくこするだけなので力もいりません。

『スエード用栄養・防水スプレー』(エム・モゥブレィ)

スエードの靴をシャンプーしたあとに使う、仕上げのリンスです。スプレータイプで革の栄養分が多く含まれているので、くすんだ生地も発色良くキレイに仕上がります。

防水効果もあるので汚れが付着するのもしっかり防いでくれますよ。

『汚れ落とし消しゴムスエード用』(カーコスメティックコレクション)

日々の手入れに使えるのが、スエード素材用の消しゴム。簡単な汚れであれば消しゴムでこするだけでもキレイに落とせますよ。

スエード靴はふだんの手入れでキレイに

スエード スニーカーの手入れ
スエード靴を洗う手間を省くなら、汚れができる前からの手入れが欠かせません

汚れがついてすぐであればブラッシングだけでもキレイにできます。洗剤も必要なく1分ほどで終わるので「履いたあとは毛並みを整える」と習慣にすると美しい状態が長持ちしますよ。

防水スプレーをあわせて用意したら、雨の日でも汚れがしみ込むのを防止できます。月に1回くらい念入りな手入れができれば丸洗いも必要なくなるかもしれませんね。

スエード靴の洗い方を覚えて汚れを落とす!

スエード
スエード素材はデリケートなのでどうしても洗うときはためらってしまいますね。やり方は思ったよりもずっと簡単で、おうちにあるものだけで十分キレイにできます。

新品同様に洗い上げたらこまめなケアも忘れずに。ずっとお気に入りの靴を楽しみましょう。