「羽毛布団は丸洗いできない」と思っていませんか?実はコインランドリーの洗濯乾燥機を使えば簡単に洗濯できるんです。

ここでは、羽毛布団をコインランドリーで洗うときのやり方や、キレイに仕上げるためのコツなどをまとめて紹介します。気になっていた汚れを落とし、ふわふわにしてあげましょう。

羽毛布団をコインランドリーで洗うメリットは?

布団

羽毛布団を洗濯したことがない人も多いと思いますが、コインランドリーで丸洗いすることにはとてもメリットがあります。

①臭いや汚れを落とせる

羽毛布団はふだんなかなか洗濯しないものなので、皮脂汚れや汗などが表面にたくさんついています。さらに内側にはホコリも。これらの汚れを洗濯でまるっと一掃できます。

②ダニ退治ができる

保温性があり、汗を吸って湿っぽくなった布団にはダニがたくさん潜んでいます。かなり生命力が強いので、ふだん天日干しや掃除機で布団のケアをしていても退治できませんが、乾燥機で高温にすることで退治ができます。

③短時間&低価格ですむ

布団はクリーニングだと費用がかかる上に、返ってくるまでに何日もかかります。コインランドリーなら低価格で、長くても数時間で終えられて便利

ただし、クリーニングはプロの手で洗濯するのでデリケートな布団・高価な布団も洗えるといったメリットがあります。それぞれ一長一短あるので場面場面で使い分けるのがおすすめです。

羽毛布団によってコインランドリーで洗えるものと洗えないものがある

「羽毛」はデリケートな素材に思うかもしれませんが、コインランドリーでキレイにできるものも多くあります。

まずは事前におうちの布団が「洗濯できるかどうか」「乾燥機にかけられるかどうか」を洗濯表示をもとに調べてみましょう。

洗濯機洗いできる

洗濯表示

まずは「水洗いできるかどうか」を判断しましょう。「水のはいったおけ」や「洗濯機を表す四角」のマークがあれば洗濯機洗い対応の羽毛布団です。

おうちの洗濯機ではギュウギュウになって入らなくても、コインランドリーの大型の洗濯機なら大きい布団も軽々丸洗いできるんですよ。

乾燥機にかけられる

新洗濯表示 タンブル乾燥

次は乾燥機を表すマークに「バツ印がついていないこと」を確認しましょう。乾燥を表すマークがない場合は、下に「タンブラー乾燥はお避けください」などの注意書きがなければ大丈夫です。

実は羽毛は高温で消毒されるので熱に強い素材。乾燥の熱風に耐えられるものが多いんですよ。

羽毛布団をコインランドリーで洗う手順|必要な道具は?

洗濯ネット

用意するもの
必須
布団用の洗濯ネット
あると便利
『エマール』などのおしゃれ着洗剤

羽毛布団を洗濯機で洗うときは、大物洗い用の洗濯ネットが必要。洗濯中に布団が絡まったり、洗濯機のなかにひっかかったりするのを防ぐためです。

洗剤はとくに用意しなくても大丈夫。自動で専用洗剤が投入されるので洗濯機にまかせればキレイに洗い上がります。洗剤が自動投入されない場合は、『エマール』などのおしゃれ着洗剤を持参しましょう。

羽毛布団をコインランドリーで洗う手順|正しい使い方は?

コインランドリー

羽毛布団を洗う準備ができたら、あとはコインランドリーに運んで洗うだけです。操作は簡単なので、以下を参考に進めてみてください。

たたんでネットに入れる

羽毛布団をジャバラ状にたたみ、丸めてネットに入れる。ここまでは家でやっておくとスムーズ。

洗濯機で洗う

ネットごと洗濯機に入れ、指定の料金を投入して洗いはじめる。

終わったらネットから出す

洗濯が終わったら洗濯機から取り出し、洗濯ネットを取り外す。

乾燥機に入れる

乾燥機に移し替え、80分ほど乾燥させれば完了。

羽毛布団の乾燥は80分が目安です。時間を短くしすぎると表面は乾いているのに内側は濡れたままになりかねません。完全に乾かさないとイヤな臭いが出たり、劣化したりするので気をつけてくださいね。

羽毛布団をコインランドリーで洗うときの料金はどれくらい?

お金

コインランドリーで羽毛布団を洗濯すると、およそ2000円ほどの料金がかかります。

内訳は「洗濯が500〜600円」「乾燥が800〜900円」ほど。布団専用の洗濯乾燥機を利用しても2000円ほどで洗えます。

クリーニングに出すと3000円以上はかかるのが普通なので、かなりオトクに丸洗いできることがわかりますね。

おうちの洗濯機が布団を洗えるほどの容量であれば「洗濯だけはおうちですませる」と節約になりますよ。

「大物洗いコース」などで洗って、乾燥機能だけコインランドリーですませれば時間も費用もかけずにキレイにできます。

羽毛布団をコインランドリーで洗う頻度はどれくらい?

待つ 時間をかける 時計

布団はこまめに洗濯する必要はありませんが、年1回ほどの頻度で洗うとキレイな状態を保てます。

おすすめは「梅雨の時期」。布団は湿気がたまるとダニが繁殖しやすくなるので、この時期にあわせて洗うと対策になります。

もちろん、子供のおねしょなど急遽洗いたいときにもコインランドリーは活用できます。2時間ほどで乾燥まで終わるので気軽に使ってみてください。

羽毛布団はコインランドリーで洗濯すれば簡単にキレイになる!

ベッドメイキング 布団

洗濯できないイメージのある羽毛布団ですが、条件さえそろえば意外と簡単にキレイにできます。

「布団が乾くまで布団が使えない…」、クリーニングに出すと「しばらくは別の慣れていない布団で寝ないと…」なんてことにもなりますが、コインランドリーならその日のうちに乾燥まで終えられます。

汚れが落ちてふわふわに仕上がった羽毛布団で、すぐに寝られますよ。