ダウンジャケットやダウンコートって、おうちで洗濯するのはむずかしそうですよね。クリーニングに出したほうがいいのかな…?と考える人も多いと思います。

そこで今回は、ダウンはクリーニングに出したほうがいいのか、クリーニングに出すときの注意点などをまとめて紹介します。

ダウンはクリーニングが向いている?

ダウンジャケットやダウンコートはおうちで洗えないと思いがちですが、実はおうちで洗うこともできます。ただ、羽毛はデリケートな素材なので、自分で洗うよりはクリーニングに出したほうが失敗がなくて安心です。

そのため、ダウンをおうちで洗うかクリーニングに出すかは次の条件をチェックして考えましょう。

水洗いできるか?

洗濯表示 水洗い不可

ダウン製のアイテムにはすべて洗濯表示がついています。その洗濯表示に、バツ印がついた「水洗い不可」マークがあるものは、特にデリケートなアイテムなので、おうちで洗濯するのはむずかしいと考えてください。

おうちでは洗わずに、クリーニングに出してキレイにしましょう。

お気に入りの服か?

ダウンジャケット

「水洗い不可」の表示がなければおうちで洗濯できますが、洗い上がりを失敗したくないお気に入りの服はクリーニングに向いています。自分で洗う場合はどうしても失敗の危険があるので、プロに頼んだほうが安心できます。

クリーニング店で洗ってもらったほうが、風合いを損ねずに新品のような仕上がりで戻ってきますよ。

ダウンのクリーニング料金はどれくらい?

お金

お店によってもことなりますが、白洋舎など大手のクリーニング店に依頼した場合は1着2000〜3000円が目安です。

次の場合はお店によって追加料金がかかるので事前に確認しましょう。

デリケートな素材が使われている場合

革などのデリケートな素材、刺繍など細かな装飾がついているものは追加料金がかかる場合も。たとえば、ファーなどがついていれば+1000円ほどかかることもあります。

オプションを選んだ場合

お店のオプションによっては、ひとつひとつ手洗いで仕上げる「ていねい仕上げ」が選べます。素材に負担をかけずに汚れを落とすので、長持ちさせたい高価なダウンにおすすめです。

クリーニングに出したダウンはどれくらいで返ってくる?

クリーニング アイロン

ダウンをクリーニングに出すと、次の工程を経て1〜2週間で戻ってきます。

状態を確認する

服や汚れの状態を見て、洗い方を決める。

ドライクリーニング

専用の機材で汚れを洗い流す。

染み抜き

シミが残った場合は、染み抜き作業を行う。

乾燥

干してしっかり乾かしたら完了。

クリーニングに出したダウンは、ドライクリーニングという方法で洗濯されます。

ドライクリーニングは水の代わりに、石油系の溶剤を使って汚れを落とします。そのおかげで、水洗いできない洋服も洗えるわけです。羽毛を傷つけない上、水で濡らさないのでふわふわに仕上がりますよ。

ダウンをクリーニングに出す頻度は?

カレンダー 日付 頻度

ダウンのクリーニングは、基本的に1年に1度くらいでOK。

シーズンオフで長期間収納する前などに出しておけば、キレイな状態で保管できます。おすすめは温かくなった4月ころ。ダウンを着るほど寒くなる日は少なく、クリーニングに出す人が増えてセール価格になっていることもあります。

衣替えが近くなってきたら、近くのお店をチェックしておくとお得にクリーニングできるかもしれませんよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

ダウンを自宅でクリーニングする方法は?

ダウンジャケット 洗濯

あまり着なかったダウンだと、「クリーニングに出すほどは汚れていないなあ…」と出すかどうか迷ってしまいますね。そんな場合はおうちで簡単にケアする方法があります

タオルに洗剤をつける

固く絞ったタオルに、『エマール』などの中性洗剤を垂らしてなじませる。

叩くように拭く

汚れが気になる場所を中心に、叩くように拭き取る。

水拭き

タオルをすすいで再度固く絞り、水拭きで洗剤を取り除く。

乾かす

丸1日ほど吊り干しして乾燥させる。

クリーニングほどの仕上がりにはなりませんが、あまり汚れていない服ならこれだけでも十分。しっかり乾かしてからハンガーにかけてクローゼットにしまいましょう。

慣れないうちは、子供のダウンや古くなったものなどで試してみるといいですよ。

大切なダウンはクリーニングに出そう

ダウンコート

大切なダウンはクリーニングに出してケアしておくと長持ちします。汚れが落ちたダウンなら、長期間クローゼットで保管しても虫に食われるなどのトラブルが少なく、また次の年もキレイな状態で着られますよ。