毛布が汚れてくると、「そろそろクリーニングに出した方がいいのかな…?」と考えますね。とくに衣替えの時期は、そのまましまっていいものか悩ましいところ。

でも、ふだん頻繁に出しているわけではないので「どれくらいの値段がかかるのか心配…」など、不安もつきものです。

そこで今回は、毛布のクリーニングにまつわる情報をまとめてご紹介します。

毛布をクリーニングに出すのとおうちで洗うのでは、何が違う?

ワイシャツをクリーニング

クリーニングに出した毛布は、「ドライクリーニング」という方法で洗われています。

ドライクリーニングは、石油などからつくられた特殊な「溶剤」を使って衣類を洗濯する方法です。家庭で「水」を使って洗う方法とはまったくの別物なんです。

水よりも油の方が軽いため洋服にへばりつかず、負担が少ない(傷めにくい)のが特徴です。クリーニングのおまけに染み抜きなどもプロがやってくれるので、汚れ落ちが抜群ですよ。

クリーニングに出すべき毛布はどれ?

毛布のなかにはクリーニングでないと洗えない毛布、クリーニングに出した方がいい毛布というのがいくつかあります。

それ以外はおうちでも洗えるので、おうちでの洗濯とドライクリーニングをうまく使い分けてみてください

デリケートな素材の毛布

洗濯表示 水洗いの可否

ウールやシルクなどデリケートな素材が使われている毛布は、クリーニングに出すのがおすすめ。目印は洗濯表示の「水洗い不可」マークがあるかどうかです。ほかの2つであれば、おうちでも洗濯できますよ。

風合いを損ねたくない毛布

毛布

お気に入りや高価な毛布で、そのままの雰囲気を保ちたいものもクリーニングがおすすめ。おうちで洗濯できるものでも、プロの手に任せた方が仕上がりがいいですよ。

ガンコな汚れがあるもの

ケチャップとマヨネーズのシミ

べったりとついた食べこぼしなど、おうちで洗濯しても落としきれない汚れがあるものは、クリーニングに出すのがおすすめ。依頼するときはどこに汚れがあるのか、できれば何の汚れかを伝えておくと落としやすいです。

毛布はどこでクリーニングできる?

インターネットで調べる

ふだん頻繁にクリーニングを使っていないと、毛布ってどこに出せばいいんだろう…?と迷ってしまいますね。

毛布のクリーニングは、街でよく目にするほとんどのクリーニング店で依頼できます

もし、おうちの近くに店舗がない、クリーニングしたい毛布が何枚もあって運ぶのが大変…というときは、おうちに来てもらう「集荷サービス」を利用するのもおすすめ。インターネットから手配できるので調べてみてくださいね。

毛布をクリーニングするときの料金は?

お金

毛布をクリーニングするときにかかる料金は、1枚で1000〜2000円ほど。もちろん毛布の種類や素材などによっても変わるので、あくまで目安と考えましょう。

たとえば一般的なシングルの毛布は1000円から。2枚重ねになったダブルの毛布は1600円〜となっているお店が多いようです。

ただ、染み抜きは別料金だったり、ひざかけなどの小さな毛布は少し安かったりと、洗う毛布によってクリーニング代はかなり変わります。近くのお店に一度問い合わせてみてくださいね。 

毛布をクリーニングに出す頻度は?

カレンダー 日付 頻度

毛布をクリーニングに出すのは「1〜2年に1回」が目安

毎日のように使った毛布なら、シーズンが終わったタイミングで出すのがおすすめ。それほど使っていないものなら何年かに1回程度でも大丈夫です。

衣替えのときにクリーニングに出す場合は、返ってきた毛布を必ず袋から出し、軽く干してから押入れなどに収納しましょう。こうすることで、湿気が飛び、長期間の保管でも傷みません。

覚えておきたい

エコなわざあり

クリーニングに出さずに毛布を洗える?

干した毛布

洗濯表示に「手洗い可」「洗濯機洗い可」のマークがついている毛布は、おうちでもキレイにできます

『エマール』などの中性洗剤を用意し、浴槽を使った足踏み洗いに挑戦してみましょう。

浴槽に洗浄液をつくる

底から10cmほどまでぬるま湯をため、洗濯1回分の洗剤を溶かす。

踏み洗い

毛布を浸し、足でバシャバシャと踏んで汚れを溶かし出す。

すすぐ

栓を抜いてキレイな水に入れ替え、洗剤をすすぐ。これを2〜3回繰り返す。

脱水

軽く水をきって洗濯機に移し、脱水だけ15秒ほどかける。

干す

風通しのいい場所で1日以上干して乾燥させたら完了。

分厚い毛布はとくに乾きにくいので、物干し竿を2本使ってM字状に干してください。

毛布はクリーニングで来年も温かく

ウールの毛布

毛布の洗濯はむずかしそうに思えますが、クリーニングならお店に持っていくだけで簡単にキレイにできます。素材を傷めずに、汚れだけさっぱり落としてくれますよ。

衣替えで長期間しまうなら、ホコリのかぶらないところでしまえば完璧。次の冬が来てもふわふわで温かい毛布を使えますね。