温めるだけですぐに食べられるレトルトカレー。日持ちが長そうなイメージがありますが、実際賞味期限はどれくらいなのかな?と考えたことはありませんか。

今回はレトルトカレーの賞味期限や、期限が切れても食べられるかどうかなどについてご紹介します。

レトルトカレーの賞味期限|日持ちはどれくらい?

カレンダー 時期 頻度

レトルトカレーの賞味期限は一般的に、1〜2年が目安です。ただ商品によって幅があるので、パッケージを確認するのが確実ですよ。

記載されている賞味期限は、未開封であることが前提です。開封後は賞味期限にかかわらず、できるだけ早く食べ切るようにしてくださいね。

レトルトカレーの賞味期限|保存方法は?

カレーライス

レトルトカレーは基本的に常温保存が可能です。冷蔵庫に入れる必要はありません。

長期保存する場合はとくに、直射日光や冷暖房が当たる場所を避けた冷暗所で保存するのがおすすめです。

レトルトカレーの賞味期限|切れても食べられる?

注意 ポイント

基本的に賞味期限とは、「開封前かつ正しく保存した前提での、おいしく食べられる期間」です。

レトルトカレーは劣化しにくい食品なので、賞味期限が切れてもすぐに食べられなくなるわけではありません。

ただ保存方法によっては劣化が進んでいる可能性もあるので、期限切れのレトルトカレーを食べることはあまりおすすめできません。

見た目やにおいに異変がある場合や袋が膨張している場合などは、賞味期限に関わらず食べないようにしてくださいね。

レトルトカレーの賞味期限|3年、5年保存できるものもある?

レトルトカレー 非常食

出典:ハウス食品

レトルトカレーの中には、保存食や非常食として常備することを前提とした、長期保存が可能な商品も発売されています。

なかには3年や5年ほど日持ちするものも。温めずに食べることができるものも多いですよ。

長期保存したいという人は、こういった商品も是非チェックしてみてください。

レトルトカレーは賞味期限が長いので非常食としても◎

防災リュック 乾パン

レトルトカレーは賞味期限が長いので、家に常備しているという人も多いのではないでしょうか。

普段食べている食品を定期的に消費し、食べたぶんを買い足すという「ローリングストック」という方法は、非常時にも役立つのでおすすめです。ぜひレトルトカレーで実践してみてくださいね。