さっぱりと食べられ、食欲のないときにも重宝する「そば」。いつでも作れるようにおうちにストックしている人もいますよね。

しかし意外とどれくらい日持ちするかわからないという人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、そばの賞味期限の目安や長持ちさせる方法をご紹介します。

そばの賞味期限|どれくらい日持ちする?

そば 賞味期限 保存

そばには主に「生麺」「茹でそば」「乾麺」の3種類があります。それぞれ適した保存方法が違い、賞味期限も変わってきます。

生麵

生の麺に打ち粉をまぶした状態のそば。お土産や贈り物によく使われています。基本的には冷蔵室で保存し、賞味期限は未開封であれば2〜3週間、開封していれば2〜3日ほど日持ちしますよ。

茹でそば

すでに茹でられた状態で売られているそば。1食ずつ小分けしてラップで密閉してから冷蔵室に入れておけば、5日ほど日持ちします。

乾麺

乾燥したそばで、賞味期限が長いのが特徴。高温・多湿を避けた直射日光の当たらない場所で保存しておけば、だいたい1年日持ちしますよ。

そばの賞味期限|長持ちする保存方法は?

そば 賞味期限 保存

乾麺はそのままでも長持ちしますが、生麺や茹でそばの場合はあまり日持ちしませんよね。

長期保存したい場合は、冷凍保存することができますよ。

1食分ずつ小分けしたら、空気が入らないようにぴっちりラップで包み、冷凍用保存袋に入れて保存しましょう。

そばの賞味期限で注意することは?

注意 ポイント コツ

生麺や茹でそばは、開封すると傷みやすくなり風味も落ちてしまうので、基本的には袋を開けた当日中に食べ切ったほうがいいですよ。

また、冷凍したそばは一度解凍したら再冷凍は避けましょう。冷凍焼けを起こしたり風味が悪くなったりするので、食べる分だけ解凍してくださいね。

賞味期限が切れたそばは食べていい?

疑問?

そもそも「賞味期限」とは、品質が十分に保たれていておいしく食べられる期限のこと。多少過ぎてもすぐに傷むということはありませんが、腹痛などのトラブルを起こしかねないので、期限以内に食べきるのがおすすめです。

賞味期限と一緒によく聞かれる「消費期限」は、安全に食べられる期限のことを指すので、期限が過ぎたら食べないほうが安心ですね。

生麺やゆで麺はとくに注意!

劣化のスピードが遅い乾麺は、多少賞味期限が切れていても腐ることは少ないですが、生麺やゆで麺は注意が必要。

下記のようになっていたら場合は傷んでいる合図なので、食べるのは控えるようにしてくださいね。

・溶けたようにやわらかくなっている
・酸っぱいにおいや味がする
・カビが生えている
・油っぽいにおいがする
・茹でたときに赤っぽく変色する …など

そばの賞味期限を知って正しく保存しよう

そば

そばは正しく保存することで賞味期限を長くすることができます。豊かな風味もできるだけキープしながら、おいしく長持ちさせたいですよね。ぜひこの機会にそばの賞味期限と保存方法を覚えてみてください。