料理をよく作る方は、レシピ本などでみかけることのある「にんにくひとかけ」の表記。

一体、どれくらいの重さなのでしょうか?

今回はそんな疑問に答えるべく、にんにくひとかけを量ってみました。

にんにくひとかけの大きさは?

にんにく ひとかけ 
にんにくひとかけは、上記のにんにくから取り出せる1片のことを指します。

にんにく ひとかけ 
大きさにすると10円玉くらいです。

にんにくひとかけの重さは約10g

にんにく ひとかけ 
にんにくひとかけの重さは10gが基準です。ただし、ひとかけは個体差があるので重さにはばらつきがあります。

今回計測したひとかけは7gでした。

にんにくひとかけをみじん切りにすると大さじ1杯くらい

にんにく ひとかけ 
にんにく ひとかけ チューブ
にんにくひとかけをみじん切りにすると大さじ1杯分ほどの量になります。

にんにくひとかけはチューブでいうと10g、大さじ1杯の7割ほど

にんにく ひとかけ チューブ
にんにくひとかけをチューブで量る場合、基準は重さになります。

「S&Bエスビー株式会社」に問い合わせましたが、「にんにくひとかけ=チューブで10g」とのことでした。

にんにく ひとかけ チューブ
実際に10gを大さじではかると、大さじの約7〜8割ほどになりました。

にんにく1つからひとかけが6個取れる

にんにく ひとかけ 
にんにくは個体差があるので、ひとつからとれる量は違ってきます。今回使用したにんにくは、6個のかけらが取れました。

にんにくひとかけを1片で計算するときは個体差があることを忘れずに

にんにく ひとかけ 
今回購入したにんにくは1個が38gだったので、ひとかけ10gで計算すると約4つ分、ひとかけあたりの平均は6〜7gほど。

にんにくひとかけのサイズは個体差が大きいので、重さを正確に測りたいときはチューブがおすすめです。