押入れにカビができてしまって困っていませんか?どうにかしたくても、何で落とせばいいのかよくわかりませんよね。

そこで今回は、押入れに発生したカビを退治する方法と、再発防止の工夫をまとめてご紹介します。カビがつかない清潔な押入れを目指しましょう。

押入れにカビができてしまうのはなぜ?

? 疑問


押入れにカビが生えてしまうのは押入れがカビにとって快適な環境だから

カビは「温かくジメッとしていて、汚れの多い場所」を好みます。押入れは年中扉が締め切られて空気がこもっているうえ、ホコリなどもいっぱい。知らないうちにカビの温床になっているんですよ。

押入れにカビができてしまったら?完全に除去できる?

カビ


押入れのカビはできてすぐであれば取りやすいですが、シミがつくほどなら、そのシミ跡までキレイに取り除くのはむずかしいと考えましょう。

カビのシミは素材の奥まで根を張って繁殖した証拠。奥に入りこんだシミまで取り除くのは漂白効果のある強い洗剤を使う必要があります。押入れなどに使われている壁紙や木材はデリケートなものが多く、無理に漂白すると傷つけてしまう可能性があります。

ただし、シミは取れなくてもカビの除菌自体は簡単にできます。ここで紹介するやり方でキレイに落としていきましょう。

押入れのカビ取りに必要なものは?

アルコール消毒スプレー パストリーゼ


用意するもの
必須
『パストリーゼ』などのアルコール除菌スプレー
雑巾

必要なのはたったの2つ。カビは「アルコール消毒に弱い」という性質があるので、アルコールスプレーがあれば簡単に除菌ができますよ。あとは「清潔な雑巾」があればOKです。

押入れのカビを取る方法!

スプレーを吹きかけ掃除する


カビを退治するには、まず押入れの中のものを全部出すのが大切。どこまでカビが広がっているかわからないので、奥までしっかり確認しましょう。

収納物を取り出す

カビ移りがないか、カビのもととなるものがないかチェックしながら収納物を取り出す。

拭き掃除

アルコールを含ませた雑巾で、カビが目立つ部分を拭き取る。

よく乾かす

水分を残すとカビが再発しやすいので10分ほどおいて完全に乾かす。

元に戻す

収納していたものにカビがないか細かく確認し、もとに戻せば完了。

スプレーを直接吹き付けると胞子が舞い上がるので、雑巾に吹きつけてから拭き掃除するのがポイント。

布団などを収納している場合は、カビが繁殖しやすくなっているかもしれません。半日ほど干してから戻すとカビ対策になりますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

押入れのカビに漂白剤は使っちゃダメ?

キッチンハイター 塩素系漂白剤

カビを落とすのに真っ先に頭に浮かぶのが『カビキラー』などの漂白剤ではないでしょうか。

押入れの壁はベニヤ板や合板と呼ばれる木の板でできていて、強い洗剤を使った掃除は想定されていません。そのため、漂白剤を使うと変色したり腐ったり傷む可能性があります。

黒カビのシミなどをどうしても落としたい場合は、漂白剤を10倍ほどに薄めたもので拭き掃除する方法があります。ただし、水拭きと乾拭きでよく拭き取ってあげないと漂白剤が残るので注意。まずはめだたない隅のほうでテストしてみましょう。

押入れのカビは日々の予防が大切

換気


押入れのカビを退治したあとは、再発させない工夫が大切です。カビが住みにくい環境をつくれれば、また悩まされることはなくなりますよ。

扉をあけておく

一番手っ取り早くできるのが「扉を開け放って換気する」方法です。カビは空気がこもってジメッとした場所を好むので、扉を少し開けて自然と空気が循環するようにするだけで予防になります。

収納を考え直す

「風通し」の観点から押入れの収納を見直すのも1つです。ぎっしり収納されていると風の通り道がなくなって空気がこもるので、ゆとりをもった収納に変えましょう。布団など湿気をためやすいものは、すのこなどの上に乗せるとカビ予防になります。

定期的に掃除する

ホコリや汚れはカビのエサになるので定期的に取り除きましょう。こまめに掃除する必要はありませんが、衣替えの度に念入りに掃除するよう心がけるとキレイな状態を保てますよ。

押入れのカビは便利グッズを使って防止する

間取りの都合でこまめなケアがむずかしいときは、カビを防止してくれるアイテムを使うのがおすすめ。

『押入れのカビきれい』(コジット)

押入れの天井に貼り付けるタイプの防カビ剤です。化学的な成分を使っておらず、微生物の作用でカビを防ぐのが特長です。一度貼れば半年間も効果が続く便利グッズです。

『ぐんぐん吸いこむ大判シート』(エステー)

押入れの湿気を吸い込んでくれるシート状の除湿剤です。シート状なので布団の下に敷いたり、隙間に入れたりとさまざまな使い方ができるのが特長。天日干しして湿気を飛ばせば繰り返し何度も使えますよ。

『備長炭ドライペット』(エステー)

押入れなど湿気の多くなりがちな場所で活躍する置き型の除湿剤です。湿気と一緒にイヤな臭いも吸い取ってくれるので、いつも快適な押入れに保ってくれますよ。

押入れのカビを退治して、衣類や布団をキレイに保つ

布団


押入れにカビができるなんて思いもよらなかったママも多いかもしれません。経験のない汚れにどうやって対処したらいいのかわからず困ってしまうものです。

しかし、カビはアルコールですみずみまで拭き掃除すればきちんと退治ができます。そして掃除したあとはこまめに換気するようにし、カビが住みにくい環境を整えましょう。

押し入れのカビ対策をしっかりして、収納している衣類や布団をカビから守ってくださいね。