家事に育児に、つかれた体を受け止めてくれるソファ。でも、そこにダニがいるとしたら、ぜんぜんくつろげませんよね。

今回はソファに潜むダニを退治する方法と、発生するのを防ぐ対策についてまとめてご説明します。

ダニはソファにつきやすいの?

汗
ダニは気温「20〜30度」、湿度「60〜80%」の環境を好み、人間の汗や皮脂などをエサにしています。長時間、座ったり、寝転がったりするソファはダニにとって格好のすみか。

毎日長時間ソファに座っていたり、数年使っていたりすると、ダニが発生している可能性は高いと考えましょう。

ソファを気持ちよく使うためにも、きちんとダニ対策をしておきたいですね。

ソファのダニ対策!退治する方法は?

ソファのダニを退治する方法は、次のどちらかです。

● 高温にして熱と乾燥で退治する
● 専用の虫除け剤を使う

ダニは熱に弱く、50℃以上の高温の環境で死滅します。なので、布団乾燥機を使ってソファにかぶせ、しっかり乾燥させればダニ退治はバッチリ。座面のクッションを外して、クッションは洗濯をするとより効果的です。

布団乾燥機がなければ、次のような薬剤を活用してみてください。

『ダニがいなくなるスプレー』(キンチョー)

ダニを寄せつけない効果をもつスプレータイプの薬剤。1ヶ月に一回吹きつけておくと、ダニを寄せ付けなくなります。

注意!
どちらかの方法でダニを退治したあとは、ダニの死骸などが残ってしまうので、掃除機でしっかりと吸い取ることを忘れないでください。

ソファのダニ対策!日々の掃除でエサを断つ

カーペット・絨毯の掃除機がけ
用意するもの
必須
掃除機
『コロコロ』などのカーペットクリーナー

退治したあとは、ダニがすみにくい環境をつくることで、発生を防ぎます。エサが豊富で高温多湿の環境を好むので、その逆の状態を作りましょう

そのため、まずは次の手順でソファをこまめに掃除します。

座面のクッションを外し、天日干しする

座面のクッションやソファのカバーなど、取り外せるものは外して天日干し。洗える場合は洗濯を。

本体に掃除機をかける

ゴミや髪の毛など大きなゴミを掃除機で吸う。座面クッションがあった隅っこは念入りに。

コロコロをかける

掃除機で取り切れないゴミを『コロコロ』などのカーペットクリーナーで取り除く。

座面クッションにも掃除機をかける

天日干しした座面クッションを掃除機とカーペットクリーナーでキレイにする。

これでダニのエサになるものがなくなり、湿度も下がるので、ダニがすみにくくなります。

ソファのダニを防ぐには、部屋の掃除も大事

ホコリ取り
ソファだけキレイにしても、カーペットやフローリングに汚れがたまっていれば、そこでダニが増殖してソファにも移ってしまいます。

普段から以下を心がけて、ダニが発生しにくい環境をつくりましょう。

部屋の隅のホコリを取る

ホコリはダニがすみつきやすいので、部屋の隅っこにたまらないように掃除しましょう。

窓を開けて換気する

湿度が高いとダニは活発になるので、定期的に部屋の換気をして湿度を下げましょう。

エコなワザあり!

エコなわざあり

ソファのダニ対策には重曹&掃除機の組み合わせも効く!

重曹
ソファに湿気をためずに、キレイな状態を保つなら、掃除のときに「重曹」を使うことをおすすめします。

ソファに重曹をふりかけておくと、皮脂などの汚れを中和して消臭・静菌効果をもたらしてくれます

ソファ掃除をする前日の夜に、まんべんなく重曹をふりかけておき、翌朝掃除するときに重曹を掃除機で吸い取ってください。これだけで湿気も除去できて、汚れも落とせるので、ダニの発生を抑えられます。

ソファのダニ対策として「掃除しやすい環境づくり」を心がけよう

コロコロで掃除
ソファで過ごす時間が長いほど、汚れがたまりやすいものです。それを放置していると、ダニにとって格好のすみかになってしまうので、こまめに掃除をしておきたいもの。

おすすめは、ソファの近くにカーペットクリーナーを置いておいて、「ながら掃除」をすることです。まめにコロコロして、大きなゴミを取っておくだけでも十分なダニ対策になりますよ。

できるだけ手間をかけずに、キレイなソファでくつろげるようにしていきましょう。