毎日何気なく使っているソファには、皮脂や油汚れなど目に見えない汚れがたくさんついています。定期的に掃除しておかないと、それらをエサにダニが発生したり、カビが生えることも…。

今回はソファを掃除する具体的なやり方と、布と革など素材での手入れ方法の違いについてもご紹介します。

ソファって掃除したほうがいいの?

ソファの汚れ


ソファでくつろいでいる時間が長いとさまざまな汚れがつきます。

特にお菓子の食べこぼしや飲み物をこぼしたシミ、ホコリなど「目に見える汚れ」はこまめに取り除いていても、汗や手垢などの「目に見えにくい汚れ」まで掃除している人は少ないと思います。

汗や手垢をほうっておくとそれらをエサにダニやカビが繁殖する恐れも…。そうならないためにもできるだけ期間を決めて掃除しましょう。

ソファの掃除に必要な道具は?

掃除機を片付ける


用意するもの
布製ソファの場合
掃除機
マイクロファイバークロス(雑巾でも可)
『エマール』などの洗濯用中性洗剤
『コロコロ』などのカーペットクリーナー
革製ソファの場合
掃除機
マイクロファイバークロス(雑巾でも可)
『激落ちくん』などのメラミンスポンジ

ソファを掃除するときは、まず素材をチェックすることから。布製なのか革製なのかで汚れのつき方が違い、使う道具や掃除方法も違ってきます。

基本的な掃除道具は「掃除機」と「マイクロファイバークロス」の2つ。それ以外は素材に合わせて用意していきましょう。

ソファを掃除する方法は?

ソファを掃除する方法はそれほどむずかしくありません。慣れれば数分で終わらせられます。

ここでは布製(ファブリック)ソファの掃除方法から説明し、次に合成皮革製のソファの掃除方法をご紹介します。

布製ソファの掃除方法

リビング ソファ


座面のクッションを取り外す

ソファ掃除の準備として、座面のクッションなど取り外せるものは外す。

全体に掃除機をかける

掃除機をかけるときはゆっくり、すき間が出ないように。座面クッションがあったすみっこは念入りに吸う。

コロコロをかける

髪の毛やホコリなど掃除機で取り切れないものは、粘着させて取り除く。

シミはたたくように拭く

ぬるま湯に洗濯用中性洗剤を数滴垂らし、それで絞った雑巾でソファのシミ部分をたたくようにして汚れを落とす。

軽く水拭きをして完了

お湯で固く絞った雑巾を使って水拭きする。特にシミ部分の洗剤が残らないように拭き取り、自然乾燥させれば完了。

布製のソファには、カバーが取り外せない「張りぐるみタイプ」と、取り外せる「カバーリングタイプ」があります。

カバーリングタイプなら細かく掃除するよりも、外して丸洗いしたほうが汚れが落ちます。年に数回は天気のよい日に洗ってスッキリしてみてください。

合成皮革製ソファの掃除方法

ソファの掃除


合成皮革製のソファの手入れは、座面のクッションを取り外して全体に掃除機をかけるまでは一緒です。そのあとは以下の手順で進めてください。

水拭きする

掃除機をかけたあと、お湯で固く絞った雑巾を使って全体を拭く。

気になる汚れはメラミンスポンジでこする

水拭きだけでは落ちない汚れは、『激落ちくん』などのメラミンスポンジを軽く湿らせてこする。

乾拭きをして完了

水気が残らないように乾拭きをして、自然乾燥させれば完了。

本革製のソファは水に弱いため、基本的には掃除機がけだけします。どうしても汚れが気になるときは専用のクリーナーを使いましょう。

エコなワザあり!

エコなわざあり

ソファを掃除しても取りきれない臭いには「重曹」が効果的!

重曹

布製のソファは革製に比べて臭いがつきやすい特徴があります。一度臭いがついてしまうとなかなか取れません。

『ファブリーズ』などの消臭剤を吹き付ける方法もありますが、自然由来のお掃除アイテム「重曹」を使って掃除と消臭を一緒にしてしまう方法もあります。

やり方は夜寝る前にソファにまんべんなく重曹をふりかけて、次の日に掃除機をかけるだけ。一晩置いている間に重曹が臭いを分解してくれます。

重曹を残らず片付ければ、ゴミも一緒に吸い取って臭いと一緒にきれいにできるのでおすすめです。

ソファの掃除頻度ってどれくらい?

カレンダー 日付 頻度


ソファはパッと見て汚れが目立っていなくても、週に1回くらいはリビングの掃除機がけのついでにホコリを吸うことをおすすめします。ふだんの掃除のついでならムリがありませんよ。

そして、月に1回くらいのペースで先ほどの掃除法を実践するとキレイな状態をキープできます。

そのほか、ダニが気になる、カビが生えた…といった場合には都度掃除でソファをキレイにしてあげましょう。

ソファは「ながら掃除」でキレイを保つ

コロコロ


ソファをきれいに保ち、長く使い続けるにはこまめな掃除が欠かせません。

ただ、「毎日しっかり掃除する」のは大変なので、普段の生活の中でササッと掃除する「ながら掃除」の習慣を身につけましょう。

布製のソファなら、ハンディタイプの掃除機やコロコロなどを使って、テレビを見ながらササッと掃除するのもいいですね。革製のソファなら腰掛ける前に、ウェットティッシュなどでササッと汚れやすい場所だけを拭き取るのでも構いません。

気づいたときにすぐ掃除できるように、手の届く場所に掃除道具を置いておくといつでも汚れを落とせますよ。

ソファをこまめに掃除してリビング全体を気持ちのよい空間にしよう

リビングの棚


ソファは家族みんなが集う「憩いの場」です。ソファがキレイだと、心もリラックスできますよね。

家族みんなで「ながら掃除」の習慣を身につけると、いつでもキレイなソファを維持できますよ。

手間を掛けすぎず快適な空間をつくって、楽しい時間を過ごせるといいですね。