毎日の疲れた身体を受け止めてくれるベッドのマットレス。快適な眠りに欠かせないものですが、お手入れはどれくらいしていますか?

布団にダニがいるということはマットレスにもダニが潜んでいるのでは…?と気になっている人も多いと思います。

そこで今回は、ベッドのマットレスのダニ対策についてくわしくご紹介します。

ベッドのマットレスにもダニはいるの?

マットレス
布団よりはかなり少ないとはいえ、マットレスにももちろんダニは潜んでいます。ただ、マットレスの内側は空洞でバネが入っている構造なので通気性がよく、奥までダニが入り込んで大繁殖するということはありません

マットレスは気軽に洗えない上、洗ったとしても干すのも面倒そうなイメージがありますが、ダニがいるのは表面付近なので対策はそれほどむずかしくありませんよ。

どうケアするとマットレスのダニ対策ができるのか見ていきましょう。

マットレスのダニ対策は「乾燥」が鍵

マットレス
ダニは生命力が強くて駆除するのは大変ですが、「乾燥」と「熱」がとっても苦手

乾燥しただけで活動が鈍くなって繁殖を抑えられ、50℃以上の熱を20〜30分ほど加えれば死滅します

なので、ダニのムズムズ感を抑えるには、こまめに乾燥させればいいというわけです。

マットレスのダニ対策の仕方は?

窓 寝室 ベッド 
マットレスのダニ対策はとっても簡単。寝室から持ち出す必要もないのですぐにできますよ。

掛け布団を外して風に当てる

晴れた日なら、まず窓を開けて外の乾いた空気を取り込みましょう。掛け布団は外し、マットレスに風をよく当ててください。

汗をすいこんでジメッとしたマットレスも1時間ほどでサラッとしてきます。

マットレスを立てかけて干す

時間があるときはマットレスの底面にたまった湿気も飛ばすため、ベッドから外して壁に立てかけるのがおすすめです。

シーツの交換をするついでにマットレスを持ち上げて少しの時間乾かすなど、生活のなかにうまく取り入れられるとダニの繁殖を効果的に防げますよ。

マットレスのダニ対策は掃除機で仕上げ

カーペット絨毯の汚れを掃除機で吸い取る
乾燥させてダニの活動を鈍くしたら、最後は掃除機で吸い取れば完璧。ダニの排泄物や死骸を吸い込むとアレルギーの原因になるので、念入りに掃除機をかけましょう

コツは「できるだけゆっくりかける」こと。1列につき10秒くらいかけて吸うと奥に入り込んだフンや死骸も吸い出せます。

余裕があったら一方向だけでなく、縦・横・斜めと向きをかえて掃除機をかけましょう。ダニのエサとなるホコリや髪の毛も取れますよ。灰色の細かな粉がいっぱい取れていればバッチリです。

マットレスのダニを根こそぎ退治するには

寝室 布団乾燥機
基本はマットレスを乾燥させるだけで大丈夫ですが、ムズムズ感がどうしてもとれないときは徹底的に退治したほうがいいかもしれません。

ダニは熱をくわえると死滅するので、「布団乾燥機」を使えば生きたダニでも死滅させられます。布団乾燥機はドライヤーのように温風を布団に送り続けて乾燥させる家電で、天気が悪い日でも布団を乾燥させられます。

ほとんどのモデルがダニ退治モードを搭載しているので、ボタンひとつで簡単にできますよ。ダニ退治が終わったら、死骸を掃除機で吸い出せば完了です。

覚えておきたい

エコなわざあり

マットレスよりもかけ布団のダニ退治を!

布団 毛布
実は、マットレスに潜むダニはほとんどが布団から移り住んだものです。布団はマットレスよりも湿気がたまりやすい上、一晩中人肌に温められているので奥までダニが入り込んでいることも多いんです。

アレルギーのような症状が出ていたら、一度ベランダに出して干し、ホコリなどを掃除機で吸い取っておきましょう。

これだけでも十分ダニ対策には効果があります。カラッと乾いた布団なら眠るときも気持ちがいいですよ。

マットレスのダニ対策に便利なグッズは?

徹底的に布団まわりのダニ対策をしたいなら、専用のグッズを用意しておくといいですよ。参考までにいくつかご紹介するので、必要があれば購入してみてくださいね。

『ふとん乾燥機 AD-X80-T』(三菱電機)

布団のすみずみまで均一に熱を加えられる高性能布団乾燥機。約60℃ほどの熱をくわえるため、ダニの駆除率は100%近くにまでなります。

『ダニがいなくなるスプレー』(KINCHO)

月に1度、シュッシュッと吹きかけるだけでダニの駆除、予防ができるスプレー。効果は1ヶ月続き、そのあいだダニはほとんど寄ってきません。寝具やぬいぐるみにも使えて便利ですよ。

『ミクロガードスタンダードタイプ掛け布団カバー』(帝人フロンティア)

極細繊維を高密度に織り上げた布団カバーで、布団にダニが侵入すること自体を防ぐ便利グッズです。手入れは1週間に1回の洗濯だけ。これで快眠を得られますよ。

マットレスのダニ対策は週1回布団と一緒に

布団を干す
マットレスや布団にダニが潜んでいると考えると、せっかくの眠りの時間も気持ちが休まりませんね。

マットレスのケアは週に1回ほど、晴れた日に干してあげれば大丈夫です。一緒に布団も出しておけばまとめてダニ対策ができますよ。

おひさまのにおいの布団ならみんな気持ちよく眠れますね。

まとめ

  1. ダニはベッドのマットレス表面に潜んでいる。奥深くで繁殖することはないので、表面への対処が必要。
  2. 弱点は「乾燥」と「熱」。乾燥で動きが止まり、50℃以上の熱を20〜30分ほど加えれば死滅する。
  3. 死滅させたあとはしっかり掃除機をかけるのがポイント。死骸やダニの排泄物がアレルギーの原因になるので、ていねいに掃除機をかけること。