梅雨時期になるとジメジメと湿気が気になりますね。洗濯物も外に干せないので、室内はさらに湿っぽくなりがち。肌がベタッとして気持ち悪いし、お部屋にもカビが生えるなどのトラブルが起きそうで心配になりますよね。

気持ちよくすごすためにも、今回紹介する湿気対策を取り入れて、お部屋を快適な空間にしましょう。

湿気対策しないとおうちはどうなる?

カビ
室内の湿度が高い状態が続くと居心地が悪いばかりか、次のような思わぬトラブルの原因になることも。たかが湿気とあなどらず、きちんと対策しましょう。

カビが発生する

湿度が高く、温かい環境はカビにとって絶好の環境。気づかないうちに壁や天井、棚の裏などにカビが発生します。

部屋に胞子が飛び、あちこちに広がっているので、早め早めの対処が肝心です。

洗濯物から生乾き臭がする

湿気が充満すると、部屋干ししていた洗濯物が乾かずに生乾きに。雑菌が繁殖してイヤな臭いを出しはじめます。

その臭いは部屋に残って定着することもあります。毎日不快な思いをすることになるので、日頃の湿気対策は重要です。

お部屋でできる湿気対策は?

リビングなどのお部屋でできる湿気対策は、大きく3つ。大きな空間だと除湿するのがむずかしいですが、しっかりポイントをおさえれば湿っぽさが減って快適に過ごせますよ。

湿気の原因をなくす

換気扇
料理したときの蒸気や、お風呂の湿気、部屋干しの洗濯物など、おうちのなかには湿気の原因がいっぱいあります。そのため、部屋の湿度を下げたいときは、湿気の原因をそれぞれ取り除くことが大切です。

「料理中は換気扇をつける」「お風呂上がりは扉をしっかり閉じる」など、湿気をこもらせないようにすることは簡単にできるので生活のなかで意識してみましょう。

換気する

窓を開けて換気する
実は、外のほうが湿度が低いケースも少なくありません。

外が晴れていたら、換気して部屋の空気を入れ替えるだけでも効果がありますよ。空気に流れをつくって、ジメッとした空気を押し出しましょう。

家電の力を借りる

除湿機と部屋干し
一番手っ取り早くできる除湿方法が「家電の力を借りる」こと。除湿機やエアコンの除湿機能を利用するとお部屋の湿度が効率的に下げられます。

電気代はかかってしまいますが、効果は抜群です。除湿すれば洗濯物を部屋干ししても短時間でカラッと乾きます。

湿気対策は収納スペースでも!

除湿剤
お部屋に湿気が充満しているということは収納スペースも湿度が高い状態になっています。

久しぶりになかを見たらカビだらけ…なんてことがないように、部屋の湿気対策とあわせて下駄箱やクローゼットなどの収納場所も対策をしましょう。

扉をあけてなかまで風を通す

収納場所の扉を開けてしばらく風を通すだけでも簡単な湿気対策になります。

仕切られた空間なので気温差ができやすく、その分部屋より湿度が上がりやすいので、定期的に扉を開けて換気しましょう。

重曹を置く

重曹には吸湿効果があるので除湿剤として活用できます。消臭作用も持っているので、下駄箱やキッチンのシンク下、押入れなど臭いが気になる場所にぴったり。

ジャムの空き瓶などに重曹をいれ、布でフタをしてゴムで留めておくだけ。湿気を吸いきって固まったら交換しましょう。

除湿剤を置く

もっとも効果が高いやり方が、市販の除湿剤を設置する方法です。除湿剤は収納スペースなどの狭い空間の湿気を取るのにピッタリ。

梅雨など湿気の気になる時期だけでもいいので隅に設置しておくのがおすすめです。

湿気対策に使えるおすすめのアイテムは?

おうちの湿気対策を簡単にするために、市販の除湿アイテムを活用するのがおすすめ。設置するだけなので、手入れがぐっとラクになりますよ。

『水とりぞうさん』(オカモト)

クローゼットや下駄箱などの収納場所におすすめなのが、小分けになった除湿剤を使う方法。この『水とりぞうさん』は空気から550mlもの水を取り出せます。パワフルに湿気を吸い取ってくれますよ。

『除湿機』(Vacplus)

除湿機もお部屋の湿気対策におすすめです。部屋の空気から700mlの水を効率的に取り出すので、ジメジメとしたお部屋でもカラッと居心地よくなりますよ。

お部屋の湿気対策に除湿剤は使えない?

クエスチョン ? はてな
お部屋の湿気対策に除湿剤は使えないの?と疑問に思うかもしれませんね。

実は市販の除湿剤は収納スペースなどの狭い空間の湿気を取ることは想定してつくられているので、広い場所の除湿には向いていません

除湿剤をおくとすぐにパンパンに湿気を吸いとってしまいます。ある程度の効果はありますが、市販の除湿剤ではぜんぜん容量が足りず、すぐに吸湿できなくなります。

除湿剤はあくまで収納スペース用に使い、お部屋にはエアコンや除湿機を活用して湿気対策してくださいね。

覚えておきたい

エコなわざあり

湿気対策が追いつかずカビが生えたら…

アルコール消毒スプレー パストリーゼ
湿気対策が追いつかないと、お部屋のなかでも壁や天井にカビが発生することがあります。

カビは放っておくと壁の奥に入り込み、取れないシミになってしまいます。すぐに「アルコール除菌スプレー」を含ませた雑巾で消毒しましょう。カビはアルコール消毒に弱く、拭くだけで簡単に退治できます。

念のために他の場所にもできていないか確認しておきましょう。

湿気対策でおうちを快適に保つ!

扇風機 リビング
雨が続く時期はどうしてもお部屋に湿気がこもってしまいますね。

居心地が悪くなっていると気分も落ち込んでしまうので、思い切って家電の力に頼るのも大切です。湿気の多い時期だけでいいのでしっかり対策しましょう。

湿気によるトラブルが減って、毎日快適に過ごせますよ。