商品についた値札シールや子供のいたずらなどでシールをはがさないといけないときに、「ベタベタが残ってキレイにならない…」と困った経験はありませんか?

いざというときに不便な思いをしないため、ここでは簡単にできるシールのベタベタの取り方をご紹介します。

シールのベタベタが取れなくて大変…

シール

シールをはがしたときに残るベタベタ。ガムのようにねっとりと粘っこく、指で少しこすったり、ツメの先でカリカリしたりするくらいではびくともしませんね。

「放っておいたら粘着が弱まって取れるかな?」と一旦はあきらめても逆効果。空気中のホコリなどが絡みついて余計に汚れた印象になるだけです。

そんなシールのベタベタを簡単に取り除く方法があるんです。次からはおうちにあるものでベタベタを取る方法を2つご紹介します。

ベタベタするシール残りの取り方は?

ベタベタを取るのに洗剤などは使いません。身近な日用品で落とせるんですよ。何を使うか方法とあわせて見ていきましょう。

「消しゴム」でこすり取る

消しゴムでシールはがし

一番簡単なのが、消しゴムを使ってこすり取る方法。プラスチックや木材など、どの素材への負担も少ないので、まずはこの方法を試してみましょう。

あらかじめ爪やプラスチックカードなどで大まかな粘着分をこそげ取り、あとは消しゴムでこすっていくだけ。消しゴムの角を使うと、粘着分とからまって落としやすくなります。

念入りにゴシゴシとこすり、キレイに取り切れたら完了です。

「ガムテープ」でからめ取る

テープ

消しゴムで取るには少し範囲が広い、消しゴムが上滑りして取り除けないなどのときには、ガムテープの粘着力を活かしましょう。

消しゴムのときと同じように爪やカードを使って大まかに掃除しておいたあと、リング状にしたガムテープをペタペタと押し付けて粘着分を回収していきます。

徐々にシールの粘着力が落ちてくるので、根気強く続けるのがポイントです。最後に消しゴムでこするとキレイに仕上がりますよ。

シールのベタベタがうまく取れないときは?

広い範囲に渡ってシールのベタベタが残っているときや、頻繁に子供がいたずらする場合には専用の「シールはがし」があると便利です。

気軽に手に入るので、この機会に用意してみてはいかがでしょうか。

『強力シールはがし』(3M)

接着剤メーカーの3Mがつくったシールはがし。接着剤のことを知り尽くしているからこそ生まれた商品で、ベトベトのシール残りもスルッと落とせます。壁や窓などにも使えて、油性ペンの落書きも消せるので、困ったときに何かと重宝しますよ。

『オレンジX』(オレンジクオリティ)

天然のオレンジオイルを使った万能洗剤で、シールはがしのほかにガンコな油汚れや上履きの汚れ落とし、浴室・トイレの掃除など多用途に使えるすぐれもの。天然成分なので、拭き掃除やペット用品の掃除にも使えるんですよ。

『テープはがしカッター』(ニトムズ)

五角形に特殊加工された先端が特徴のヘラのように使えるアイテム。この特殊加工によって壁や床を傷めずにシールやノリ残りだけをキレイにはがせます。

覚えておきたい

エコなわざあり

シールのベタベタを残さずに取る工夫は?

ドライヤー

シールのベタベタがはがしにくいのは、粘着力が強くて素材となじんでいることが原因

シールをはがす前にひと工夫加えておくと、粘着力が弱まってベタベタが残らなくなります。

その工夫とは「ドライヤーで温める」こと。シールに使われているノリは温めると粘着が弱まり、はがれやすくなるんです。

シールに温風を30秒ほどあて、温かいうちに隅から慎重にはがしてみましょう。温めるだけで、キレイにはがせる確率がアップしますよ。

シールのベタベタを取る方法を覚えれば掃除がラクに!

棚の拭き掃除

シールのノリ残りは、目立つ上にホコリなどを集めてどんどんと汚れて見栄えが悪いですが、取り方され知っていれば対処は簡単です。

道具をうまく活用して、おうちのシールのベタベタをはがし取ってみましょう。